雪融けてもう少し秋お願い。忘れたくないピアノ・ソングス 音楽は Sarah McLachlan 他

Sarah McLachlan-「ANSWER」 只今真夜中に制作中、無駄口一切なしで進行しましょう(私はもう眠たい)。 1曲目は、サラ・マクラクランのお姉ー様。カナダ人で×1、二児の子持ちですが金はガッポリ持っています。今年で45才になるんだなぁ。ココでは彼女は異色です。メロディーと言うよりも情感で歌うタイプです。2004年のアルバム「アフターグロウ」に入っていた曲。ジョディ・フォスター主演の映画「ブレイブ・ワン」の主題歌にもなったんですね。 Stevie Wonder 「LATELY」 2曲目も渋いバラッド。スティービー・ワンダーの1980年頃の作品。ピアノとウッドベースの絡みが心地良いですね。(ベースはシンセのよるとの意見もありますね)これも大人の味が効いてGoodな忘れられない曲。 Charlene(シャーリーン) 「I‘ve never been to me」(愛はかげろうのように) 3曲目、このあたりからPOP系になります。オリジナル録音は1977年でアメリカでは結構ヒットしました。今回のヴァージョンは、82年にリニューアルしたものです。どこが違うかって、大人の女性の歌い方としか言いようがないです。結果的には一発屋でしたね。 Barry Manilow「Mandy」 4曲目、バリーマニロウは今年で70才になるベテラン・シンガ…

続きを読む

「サラ・マクラクラン」 The Laws Of Illusion でっす。

7年振りって、サラは昨年12月に公開したんですけど。あっそうそうNewアルバムの事でした。今年の7月に7年振りにアルバム出したのでした。私もそろそろと思っていた処、「一体いつになったら、私のアルバム紹介するんだね。チミ~。」 と、例の如くあの「太い二の腕」を振り上げながらサラが迫って来たのです。それも逞しい太ももの姿にもなって。 1曲目は、勿論「Loveing you is easy」、ファースト・シングル。オフィシャル・ビデオを用いました。今回は結果的に全て、ワイド画面になってしまいました。開くのが重たくなるのでは、少し気懸かりであります。 2曲目「Illusions of biss」、彼女がエレキギターを持つ姿が珍しく、載せてみました。音質は少し悪いです。   今回はまた、3曲がLive画像を用いました。彼女の情感が良く分かるのでは、と思います。うっとりしますね。 3曲目はセカンドシングル「Forgiveness」、彼女の曲はメロディと言うよりも、やはり情感の美しさに引き込まれます。 彼女は、今年42才になりましたけど、年を追うごとに奇麗になってきます。羨ましいダス。匹敵するのは、真矢みきさん位かなあ。 (当初の画像は残念ながら削除され、代替を入れました) さて最後になりました、今回はとても真面目に出来たもんだと感じています。よかよかではないでしょうか。「Heartbreak」 屋外L…

続きを読む

1週間ぶりのご無沙汰だわね!Sarah Mclachlan 「Angel」 「Vox」 他

タイトルからして剣幕立てているのが、サラお姉ー様。一週間前のブログでチョッと1曲しか出さなかったものだから、怒ってきたのです。あのたくましい二の腕を振り上げて。 と言う訳で、今回もサラ・マクラクラン。97年アルバム(サーフェシング)から、Adia(エディア)。99年のミラーボール・ツアーでのLiveです。 このアルバム全世界で1000万枚以上売り上げた、ダイアモンド・ディスク。良い曲いっぱいありますね。ちなみにこのAdia、失恋して別れた相手の男性の事だそうです。 説明し忘れていましたが、彼女カナダ出身のアーティストですね。そう言えば前回のシリーズでけっこう登場した、セリーヌ・ディオンと年代的にも合っていますね。 この曲は95年シングルCDで発表。上と同じツアーでのLiveからです。PVをと考えたのですが、あれスッピンの顔でして、私綺麗な方大好きな訳でして・・・・歌詞で「私あなたのこと覚えているわよ」なーんて、メロメロになっちゃう。 88年彼女のデビュー・シングル「Vox」。アルバム(タッチ)からですね。ポップな感じで彼女も若かったですね。でも彼女は年とともに綺麗になってくる。羨ましい。 このPV色々なバージョンがありまして、今回はUSバージョンです。この後彼女は次のような、見事なバラードを歌ってくれるまでになりました。「Angel」 97年作で映画「シティエンジェル」の挿入歌に入りま…

続きを読む

続アコースティック (シリーズ第三弾100曲公開記念) Paul Mccartney 他

9月23日より始まった「NE184シリーズ」も、前回で97曲公開して、予定では今回で100曲オーバーとなります。折り返し地点は既に過ぎていた訳ですね。さあ~まだまだです。 この曲は70年作で、Beatles解散後初めての作品。全ての楽器をポール1人でこなした曲でもありました。Liveは93年アメリカ・ノースカロライナ州シャーロットで行われたもの。ポールはとても陽気に見えますね。 オリジナルのシングル・レコードを聞いた時、メロディはとても綺麗なんですが、物寂しい感じがしたものです。これからポールは何をしようとするのか。気になったものでした。   (ミスター・ボージャングルズ)誰でも1度は聞いたことあるでしょう。アメリカを代表するカントリー・ロック70年発表。ニッティ・グリッティ・ダートバンド、彼らも息の長いバンドです。 本当に彼らは、陽気なカントリー・ロック・バンド。今でもどこかクラブ回っているんでしょう。 いきなり時間は34年飛んで、サラ・マクラクランの綺麗なお姉ー様、当ブログ遂に初登場です。選んだのは04年作でアルバム(アフターグロウ)、これより新作でていたっけ?からAnswer 何故今まで出なかったか?エートですね、あの二の腕のたくましさがウチの大奥とそっくりでネ、チョッと恐い所あるんですね。アセアセ。 すまなかったねジョージ。11月29日の命日をうっかり忘れてしまって、何らかのメッセージも出来…

続きを読む