7Fの病室からEVで1Fの手術室に移動する時、本当に緊張しました。(回顧録) 音楽は ELTON JOHN…

1年前の今日、5/28は大腸ガンの手術日でした。腹の中にメスを入れる事は人生で初めてのことだったのです。国民の2人に1人はガンになると、健常者は軽口を言う。然しガンの手術をした者は思っている、もう2度とすべきではないと。だから再発・転移を恐れているのです。 いくら気丈に振る舞っても、それは単に対外的なもの。1人になれば内心はビクビクしてるんです。5年生存率と言われて、私の場合あと4年。何とか逃げ切りたいと思っています。 それでは、音楽の方へ。統一性・整合性が全くない出来栄え。珍しくメジャーな曲ばかりになってしまった。ですから説明は書きません。皆さん方も良く知っている曲ばかりだから。ただ年代だけは入れて置きます。あの入院期間や手術後の記憶が走馬灯のように駆け巡ります、私はもう疲れました、寝ることにします ELTON JOHN----DANIEL (73) CHAKA KHAN-----THROUGH THE FIRE (84) GENESISU THAT`S ALL (84) 最後は毛色の変わった曲。ナベサダお爺ちゃんが79年(当時46才)に発表したアルバム「モーニングアイランド」からの殊勲な1曲。これだけフュージョンです。何故か切れの良いSAXとスティーヴ・ガッドのドラムを聞きたかったのです。悪しからず。 …

続きを読む