かなり渋いですが、まぁたまには良いかなと。。 音楽は David Sanborn 他

[追記]
7月2日のウェブリブログのメンテナンスにより、従前のブログ・スタイルが滅茶苦茶になりました。今のところ修復は不可能な状態であります。申し訳ございません。
又、私事ではありますが、今日7月10日より実質的に「抗がん治療」が始まります。自分の身体がこの先どうなるのか?抗がん剤の副作用とはいかなるものか?、不安を拭えません。今後については、どうか事情斟酌の程よろしくお願いいたします。




作っているのは珍しく日中なんですが、どうも夜向けの雰囲気でショー。まぁスルーされる方はそのままスルーー・・・・。

長いことブログやっていますが、デヴィッド・サンボーンは初登場ですネ。彼は80年代が一番脂の乗っていた時期だと思われますが、今回取り上げるのは78年アルバム「Heart To Heart」。泣きのアルトサックスが冴えていたフュージョンの時代だったのです。
(#私の場合、フュージョンは偏食だったので、スティーブ・ガッドdr、リチャード・ティーkeyは鉄板でありんす。)






David Sanborn-SOLO

冒頭残念ながら、アルトサックスの音量が小さいっ!。バックのセッション・ミュージシャンの方が目立っている。
40年前のオリジナル買ったけど、こんな風だったっけ?。







Anywhere I Wandar
同じアルバムからの1曲、この頃はブルース系の曲も良くやっていました。
彼が、スムースジャズに移って行くにつれて、私は引いて行った。残念ですが。








John Tropea-You‘re My Every Need
↑でセンスの良いギターフレーズを聞いたので、予定変更して華麗なギタープレイを1曲。8年前に1度公開したのですが、ココでの数少ないフュージョン・ブログのNo1の記録を持つ。昔はジョン・トロペイと言ってましたが、途中トロペアの名になり、今はどちらでも良いみたい。