体調は復調。 秋なのに 感じがしない 九月末(遊びです) 音楽は The Cars 他 

前作のストーンズ公開から一週間、もう次に進んでも良いでしょう。私にとっては異常に早い更新でありますが。まるで昨日のダルビッシュのストレートみたい、時速158キロがズバッと決まって打者は空を切ってました。勿論例のえげつないスライダーもキレキレでした。 さて音楽ですが、秋らしさと言うかフワフワ感がありキレも備わっている。そんなの私には分からないですヨ。選択したのは、1曲目「The Cars」のDrive。ずっと以前に出したのですが、やはりどうも感触が良くなかった記憶があります。彼らはイイ曲あるんですけど日本では今イチでした。この曲はピーク時の84年のヒット曲でした。 次の2曲目、上の電子サウンドとはうって変わってアコースティック・サウンド。ロッド・ステュワートとロニー・ウッドのUnpluggedコンサート。髪がまだある93年のモノでした。私にとっての「ほんわかSONG」。マギー・メイ。 この二人は共通点があります。それは2011年にロッドは66才で8人目の子供を作りました。そして今年16年にロニーは68才で双子を作りました。彼らは「年をとっても子供作り隊」と言えましょう。最近ミック・ジャガーが72才で子供できましたが、アレは化け物でっす!。 最後の曲になりますが、盛大なショーになりました。2002年11月29日そうジョージ・ハリスンが亡くなって一周忌でして、「Consert For George」として何十人ものジ…

続きを読む

ポップなRodは Rod Stewart② Hot leggs、Da ya think、 他

(当初の動画は削除されました。代替のLiveを入れました) いきなりのRock‘n Roll。そう今回は70年代半ばからの彼の黄金期、ポップポップしていた頃を少しばかり。何せ怒涛の勢いで、最高にモテたのであります。羨ましかったのがホンネでした。 1曲目は、77年アルバム(Foot loose&Fancy free)から「Hot leggs」。んまぁ~確かに綺麗なおみ足だこと。軽快なロックン・ロールが心地よいです。 (この当初の動画も削除されました。代替のLiveを入れました) 2曲目こちらでは「I‘m sexy」の方がなじみ深いですね。ディスコブームに乗じた曲。評論家からは、かなり批判を受けましたっけ。軽薄な曲だって。然し私に言わせれば、あの頃は、軽薄なディスコの曲で皆、舞踏病のように踊っていたのです。この曲だって別に構わないと思いますが。 こちらは、78年アルバム(Blonds have more fun)邦題:スーパースターはブロンズがお好き。ってRodの事ザンしょ。 さて次は、邦題:今夜決めよう。って当時私も若かったから意味深に思っていましたね。「Tonight the night」 1度は言って見たかったセリフでした。その機会はなかったのでしたが・・・・。76年アルバム(A night on the  town)からの曲。 最後は、スロウ・エンディングと行きましょう。75年アルバム(Atl…

続きを読む

まだ見ぬ大物 Rod Stewart 「Maggie May」「Sailing」 他

Rod Stewartは、昨年3月に「Faces」で1度出たっきりです。今回はソロでの活動で、私なりの判断で、主にブルースとバラードを選曲してみました。彼の数ある曲を今回だけで紹介でききるとは思っていません。今回はほんの一握りに過ぎません。 (当初の画像は削除されました。代替のLiveを入れました) 何て暖かい雰囲気の会場でしょう。今回のLiveは全て、イギリスのロイヤル・アルバート・ホールからです。ロン・ウッドとは相変わらず仲良かったんですね。71年の作品。 こういう素朴でシンプルな曲、私大好きなんです。ハデハデなロックもありましたけどね。それとゴシップやパクリ、ブロンズ女性との浮世話。彼も色々ありました。だけどその派手さが彼なんですね。 邦題:さびしき丘、77年の作品。ホントにDeepなブルースですね。彼のひシャガレた声と狭い音域には、こういう曲が一番似合っていると思うのですが。如何でしょう。 (当初のPVは削除されました。Live画像を代わりに入れてみました。) ジェフ・ベックの85年アルバム「フラッシュ」にゲスト参加した作品。やはりこの作品には、ジェフ・ベックのギターは欠かせません。余りポップでないのでヒットはしませんでしたけど。 1曲目のビデオのラストだと思われます。分かり易いメロディで誰でも歌い易い曲「Sailing」。今回は派手さのあるRockは見送りました。ファンの方にはご不満もあるかと思…

続きを読む