さて、このブログスタイルは受け入れてもらえるだろうか? 音楽はSTING

前回から新しいブログスタイルとなりましたが、如何ほどの効果ありきや。反応なきは、このまま続けるだけ。(結構手間かかっているんです)。まぁそうは言っても記事の内容が大事なのでしょうけど。

さて今回はスティング、大物であります。70年代後半のバンド「ポリス」の時は余り興味なかった、これが正直な感想ですが、彼のソロ活動には一目を置かざるを得ません。また人権問題と環境問題の活動家でも有名ですね。かなりの論争家と見受けられます。

然し、ココは洋楽ブログ、彼とディベートする気は毛頭ありません。彼の渋格好イイ曲を公開するだけです。

彼ももう61才になったとは知りませんでした。今回は80~90年代の曲、彼が30、40代の一番脂の乗っていた時期です。それでは一曲目、87年のヒット曲。前年病気がちだった母を亡くしても、吹っ切った作品。




Englishman In New Yourk




これも有名な曲、93年のアメリカ映画「スリー・オブ・ハーツ」翌年の仏・米合作映画「レオン」に採用されました。
(私はどちらも見てませんが)。このビデオは七か月前の投稿で、再生回数まだ500回ちょっとです。同じビデオが2年前に投稿しているのがあります。然し画面が黒縁かかっていて、気色悪いです。




Shape Of My Heart





次はこれも93年の曲。ライブが続きましたので、PVでの1曲もどうでしょう。流石にセンス良いと思います。




Fields Of Gold





さて最後となれば、これしかないでしょう。ポリス解散の前年83年の名曲ですね。邦題が「見つめていたい」ってなかなかのもんだと、当時思いました。
コンサートは、2010年ベルリンでロイヤルフィルハーモニック・オーケストラとの演奏会であります。




Every Breath You Take



"さて、このブログスタイルは受け入れてもらえるだろうか? 音楽はSTING" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: