私は生憎ながら生きているのだヨ。「テーマ洋楽300回」 Bob Dylan,ABBA 他

どうも夏休みがチ~ト長すぎたようで、巷では「死亡説」が氾濫してる有様であります。私は元気に生きてます(猛暑のせいで元気とは言い難いですが)。ったくこの長~い暑さは一体どうしたことか?この北国でまだ真夏日が続いているではないか!

という訳でブログ作りも、てんでヤル気がなかった次第であります。然しながら勝手に「死亡説」を言われちゃあたまったもんじゃない。それに「テーマ洋楽300回」をわざと残して置いてあったのです。

今回は暑さにダレて、ノスタルジックな曲を聞きたくなりました。それでは早速1曲目で、久々にボブ・ディランの曲。1966年の作品でココではお馴染みの71年、バングラデシ・コンサートから。ボブが中央で左側のギターがジョージ・ハリスン。右側のベースはレオン・ラッセル。



Bob Dylan「Just Like A Woman」





このクソ暑さにむさ苦しいのが続くのはごめん。2曲目は77年のヒット曲、「りんろんちゃん」Linda Ronstadtの若き可愛い頃。結構浮世話も多かった子でしたっけ。この曲はシングル・マザーの事を歌ったそうです。時は経て彼女も66才、今はジャズ・シンガーをやっているそうです。



Linda Ronstadt「Blue Bayou」





3曲目、色々考えたのですがABBAに決定。この理由は、「テーマ洋楽1」がABBAだった訳です。ホント何気なくブログを始めて、最初アルファベット・シリーズというものを始めたのです。そのAがABBAだったのです。その後シリーズ化して現在に至っているのです。

始まりは、2009年3月。1曲目がこの曲でありました。あれ以来聞いてませんでした。タイトルが300回目の締めに相応しいのでは、と一人私だけ感慨深げに思っているのでありんす。




ABBA「Thank You For The Music」


"私は生憎ながら生きているのだヨ。「テーマ洋楽300回」 Bob Dylan,ABBA 他" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: