抜け落ちていたBAND(80年) Blondie(ブロンディ) 「Heart of glass」 他

とうの昔に公開してたと思っていたが、抜け落ちていたBANDがこのブロンディ。前回のプリテンダーズの公開で判りました。70年代半ばから活躍し82年に解散したものの、98年に再結成して現在に至っています。

今回は勿論、79年80年の黄金期の曲を。このBANDは女性ヴォーカルのデボラ・ハリーの影響が強く、当時セックス・シンボルにもされました。当初パンク・ロックだったそうですが、ニュー・ウェイブとしても捉えられています。

このバンド、イギリスに思われがちですが、アメリカのバンド。デボラ・ハリーは今年66才にもなる。見たいとは思わないですね。あっ失礼。然しまだ現役だもんなぁ。凄いですねぇ~。

始めから言ってしまうと、今回は3曲で全て全米・全英No1を獲得した曲で有名な曲。よくワイド画面があったもんだと感心してしまいます。このバンドは、突如現れて3曲ヒットを飛ばし、すぐ去って行った。それが1980年の出来事だったように思えます。




「Heart of glass」






上の曲は、ドラムのビートから分かるように、ディスコであります。これは練り直しの曲で、当時のディスコ・ブームに乗じたのですね。それとデボラ・ハリーの何とも言えないけだるさ。不思議な曲に仕上がっています。

それに反して、下の曲はポップ・ロック調。メリハリの効いたサウンドに、ハリーもキリッと歌っています。映画「アメリカン・ジゴロ」にも提供される事になりました。この曲の時点がピークだったのかなぁ。





「Call Me」







3曲目は、邦題「夢みるNo1」。今度はレゲエのサウンドになっています。たった1人のステージは、よく分かりません。解散後だったのかも。まあどうせ口パクですけど。82年の解散は、対立によるものではありません。バンド・メンバーのクリス・シュタインが白血病にかかり、ハリーは看病する決意をしたためだったとの事。




「The tide is high」


"抜け落ちていたBAND(80年) Blondie(ブロンディ) 「Heart of glass」 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: