残るは2回となりました Lynard Skynard,Saturday night Special 

本シリーズもルール上(184曲の公開)あと2回となります。シリーズ開始後4ヵ月以上経ちました。無意識の内でしょうかマンネリ化が考えられます。それは、この1ヵ月のアクセス状況が示していると思われます。

シリーズ第3弾も、この辺でお開きが妥当でしょう。この先は、最後の回で述べたいと思います。

さて、本題に入りましょう。今回は正統派ブルース・ロック、サザン・ロックの雄「レイナード・スキナード」です。昨年4月に1度1曲公開してます。下の関連テーマを参照して頂ければ幸いです。

今回のLiveは、いずれも屋外でのもので、1976年のあの絶頂期のLiveです。1曲目は、「Saturday night Special」。古い話ですが、バート・レイノルズ主演の映画「ロンゲスト・ヤード」の挿入歌に用いられました。





ボーカルは、ロバート・ヴァン・ザントと言う者ですが、決してウマいとは言えない。今回の画像では分からないのですが、彼らの特長はトリプル・ギター。それぞれがソロをこなします。





2曲目は「Gimme three steps」。どうしても、ロックン・ロールを好む私の悪い癖。でもゴキゲンな仕上がりのロックン・ロールですね。

3曲目は、73年デビュー・アルバムからの初のシングル・ヒット。10分超の大作です、飽きたならばその時点でストップした方がよろしいでしょう。

76年に彼らは、2枚組のLiveアルバム「One more from the road」を出しているのですが、この「Free Bird」では、3人が互いにギター・ソロをとっていました。然し動画を探した限りでは、そのシーンはありませんでした。







"残るは2回となりました Lynard Skynard,Saturday night Special " へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: