やっぱり気になるCMの曲 Stylistics「Can‘t give you anything」他

そう、あのキムタクのCMの曲なんですね。古き良き70年代がやっぱり思い出させるのです。

ファルセット(裏声に似たもの)を十二分に発揮した、ラッセル・トンプキンスJrのリード・ボーカル。プロデュースはあの「ハッスル」のヴァン・マッコイ。役者は十分ですね。

残念ながら、Liveの画像が余り良いモノがなく、静止画でオリジナル音源です。75年作。





73年作:邦題「誓い」。甘いですね~。彼らの最大のヒット曲となったのですね。もっと良いLive画像あったのですが、画像が途中で止まってしまうので止しました。





72年作、この曲はカバーしたダイアナ・ロスとマービン・ゲイの方が大ヒットしました。ラッセルの「ファルセット」がとても向いてるんですが。

彼らは、メンバー・チェンジを繰り返しながら、現在でも活動続けています。それと言うのもソウルよりもポップの感覚がより強く感じられるからでは。



"やっぱり気になるCMの曲 Stylistics「Can‘t give you anything」他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: