Letのつく曲 ビートルズ、ストーンズ、クラプトン

ビートルズ=Let it be、ストーンズ=Let it loose、クラプトン=Let it rain。今回はこのライン・アップです。この三者が一同に顔を揃えるのは、これが最初で最期かも知れません。恐らく。

三者三様の個性とサウンド。私は皆好きですけどね。聴く側にとっては、どうでしょうか?賢明なる読者にお任せします。嫌なモノは嫌ですからね。

それでは、ビートルズ「Let it be」。解散前に出来た代表的名作。Yesterdayとともに後世に伝わっていく名曲でしょう。ただ、歌っているポールの顔に寂しげな憂いが感じられるのは、私だけでしょうか。





次に、ストーンズ「Let it loose」。これは72年アルバム「メインストリートのならず者」から。ストーンズ本来の持 つR&Bにゴスペル色を加えたもの。優れモノですな~。

ミック・ジャガーのボーカルが、本当に円熟味、凄みを増し、聴く者にパワーを与えてくれます。逆にこのボーカルが、生理的嫌悪感を感じると言う人もいるのですね。しょうがないですね。





さて、最後はエリック・クラプトンで「Let it rain」。またゲリラ豪雨来たって、私のせいにしないで下さいよ。クラプトンのせいですよ。でも良い曲ですね、ブラッキーが吠える。

この曲は70年彼の初のソロ・アルバムからの1曲。70年と言えばあの不朽の名曲「レイラ」を出した時期でもあるんですね。この頃は様々な音楽を模索していたと言えますね。





この回で、「ラ」行を終わりにしたいと思います。次回より最終行「ワ」行になります。ワ行は、ワ、ヲ、ンですから、実質ワとオだけになります。余り長くならないですね。




レット・イット・ブリード
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:
好みの問題ではないで ...
文句なしの音色! 商 ...
文句なしのストーンズ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"Letのつく曲 ビートルズ、ストーンズ、クラプトン" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: