高校野球とVan Mccoy?「The Hustle」「African Symphony」

Van Mccoyと言えば、もちろん「ザ・ハッスル」が余りにも有名ですね。で、「アフリカン・シンフォニー」となるとさていかが?ブラス・バンドをしていた人ならご存知でしょう。

この曲と高校野球と言うのは、ブラス・バンドによる応援歌になっていたのですね。Wikipediaによりますと、最初に使用したのは、87年あの強豪、智弁和歌山高校が選手権に初出場した時に使われた。と言う事だそうです。

当時の顧問の先生、お見事!「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」で編曲され、楽譜やCDが手に入っていたはずですが、採用した事についてはアッパレ。

今日は日曜日、おしゃべりより曲を、1曲目はやっぱり「ザ・ハッスル」75年作





2曲目「アフリカン・シンフォニー」何やらエンニオ・モリコーネの西部劇を思わせる曲調ですが、確かに異色作です。
この曲が、日本の高校球児のためのブラスバンドに使われるとは、マッコイさんも墓場の影で喜んでいるでしょう。





この曲を作った後、ヴァン・マッコイ氏は1979年他界されました。39才の若さでした。「ザ・ハッスル」は1000万枚以上のセールスを記録したものです。

最後に一言だけ、「ザ・ハッスル」でドラム叩いている奴。確たる証拠は全くないけど、あのドラミングは奴だ。素晴らしいドラム・ワーク、重厚かつアクセントの効いたリズム。あれは奴だ。この書き方が良くなかったのかな?奴と言う
のは、この当時スタジオ・ミュージシャンとして下積みしてた、スティーブ・ガッド。そう思えるのだが。


追記:コメントでのkanchangさんの指摘及び自分自身の再調査でも、「ザ・ハッスル」のドラムはやはり、スティーブ・ガッドだと分かりました。中途半端な書き方をしてすみませんでした。お詫び申し上げます。

" 高校野球とVan Mccoy?「The Hustle」「African Symphony」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: