それが友達ってもの 「That‘s What Friends Are For」ディオンヌと友達たち

今回はディオンヌ・ワーウィックと友達たち。すなわち、スティービー・ワンダー、エルトン・ジョンそしてグラディス・ナイトとのユニット。85年録音だけど、これカバー曲。82年の映画に使われたのが最初。

ディオンヌ・ワーウィックって、どうも日本では余り人気がない。60年代より今までずうーっと活動してきて、何と今 年で69才になる。やはりルックスのせいでしょうかねー?。

この曲、知る人ぞ知る、バート・バカラック作曲キャロル・ベイヤー・セイガー作詞のゴールデン・コンビによるものです。相変わらず美しいメロディーですね。ホント

尚、このシングルは、エイズ基金に収益金を全て寄付するという目的で、そういう意味で集まったユニットなのです。
スタジオ風景は、和やかで伸び伸びして見えますね。





他の画像では、従姉妹として知られるホイットニー・ヒューストンとの共演してる場面もありましたが、止めて置きました。近年のものらしく、ディオンヌの声が、か弱く聞こえるもんで。

この曲は、80年代の名曲の1つとしてカウントされてもおかしくないでしょう。私なんか60年代のディオンヌ・バカラックのコンビによる数々のヒット曲知っています。

この年齢になっても、口ずさむことができる曲あります。「サンホセへの道」なんかも。それが85年になって、また蘇るとは。バカラックは当時57才、それでもこんな美しいメロディ作れるとは、スゴイ人だと思います。


"それが友達ってもの 「That‘s What Friends Are For」ディオンヌと友達たち" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: