アルファベットYは遂に・・・ Pink Floyd - Time

今回はアルファベットのY、最後から二番目。イエスとヤードバーズが対象ですけど、どちらも良い画像及び音質が見当たらない。オ~っとピンク・フロイド親分がイエスに対し何か剣幕立てています。

自分たちでさえ登場してないのに、何でオマエらが?と言う内容だそうです。

これは仲裁に入らないと。ちょっと待った。「Time」





下手な芝居ですみませんでした。こうでもしないと、全世界で4000万枚をセールスしたあの「狂気」の出番がないもんですから。やはり、プロ・グレ界の親分にでてもらわないと。

このシリーズにプロ・グレがでていなく、最後になってこれはマズイと思い登場することになりました。このサウンドで73年作です。Liveの年数は不明。

個人的には、ロジャー・ウォーターズの才能を一番評価してるのですが、当然ながら画像には映っていません。私みたいなロックンローラーでも、この「狂気」と言うアルバム買ってしまいました。

" アルファベットYは遂に・・・ Pink Floyd - Time"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: