ブログ更新スピードアップ 人工的なサウンドも有りだと思います。 音楽は 10CC 他

ブログの更新が早くなっています。何故か?、限りある命にとても急いているのです。「急いては事を仕損じる」と言う言葉は、私には当てはまらない。私には、病院の突拍子もない指示に従うしかないのだから。今週中には結論が出るでしょう。 さて、詰まらない話はさて置いて、70年代はギターの時代でした。80年代はシンセの時代と言えるかも知れない。キーボードの中では、私はフェンダー・ローズが一番好きでした。そんな訳で1曲目は10CCの有名な曲です。聴いてみて下さい。 10CC-I‘m not in love 1975年発表の大ヒット作。説明は皆さん方ご存知でしょう。まぁ多重録音の極め付きと言えましょうネ。この曲について1つだけ言えることは、カバー曲がやたらと多いことでしょうか。 ENYA-Caribbean Blue この曲が入ったアルバム「シェパード・ムーン」は91年に発表されたものなんですネ。30年近く前だったとは改めて確認しました。随分と古いんですね。彼女の時代になると「デジタル・マルチック・レコーダー」なるより進化した多重録音をしています。 ここら辺で横道にそれます、統一性がないんだなぁ。 この曲は85年発表でダリル・ホールのカバー曲でした。甘いルックスでしたネ。何と私よりも1個年上だったんだ!。知らなかったあ~。 今の面影は・・・・私の方が勝っている。 Finzy K…

続きを読む