春は曙だけじゃない  けだしSKY BLUE  音楽は STEELY DAN

ドッコイまだ生きている。持病による体調が芳しくなかった、と対外的には言っているのであります。
更新が途絶えた最大の要因は、「MLB」(野球のこってす)即ちダルビッシュ、岩っ隈、そして黒ー田ぁーの日本人選手の活躍にテレビに釘付けの状態なのでありんす。この三人すこぶる快調なので、応援しがいがあると言うもの。

まぁ、上の事は皆さんに何ら関係ない事なので、本題に。今回も渋いところで「スティーリー・ダン」です。私は後追いで知ったのですが、72年のデビューから、途中80年から休止がありましたが、現在も活動しています。
ご承知の事とは思いますが、「スティーリー・ダン」とは、Donald Fagen(ドナルド・フェイゲン・vo,key)とWalter Becker(ウォルター・ベッカー・bas)の二人組と考えられます。当初はバンド形式でしたが、外部ミュージシャンの起用により、外される事になって行きました。

今回の選曲は、例によって独断専行により初期のサウンドから3曲、そして傑作と言われた名盤AJAからのタイトル曲としました。初期の曲は典型的アメリカン・ポップ・ロック、それから彼ら2人はサウンドにこだわってどんどん変化して行きました。

それでは曲の方に、初期のバンドとしては、彼ら2人の他に(gui)ジェフ・バクスターとデニー・ダイアス、(dr)ジム・ホッダー、(vo)ディヴィッド・パーマー等でした。ジェフ・バクスターは74年に辞めてドゥービー・ブラザースに行ってます。彼ら72年のファースト・アルバムからのヒット曲2曲をどうぞ。




DO IT AGAIN(73)






REELIN‘ IN THE YEARS(73)
>




3曲目は、彼ら74年の3枚目アルバム「Pretzel Logic」からで、邦題「リキの電話番号」。この頃バンドは崩壊寸前の状態だったとの事。



RIKKI DON‘ T LOSE THAT NUMBER(74)





さて最後の曲、この曲はどう見ても外せないでしょう。このアルバムには著名なミュージシャンを惜しげもなく起用してますから。列記するスペースがありません。この曲の目玉はウェイン・ショーター(sax)、それとスティーブ・ガッド(dr)。チョット長いですので、時間にゆとりある時に。



AJA彩(エイジャ)(77)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス