突然ですが、乙女心とは何時の世でも計り知れないモノです。 E・クラプトン 他

ココには、少数派ながら乙女心の方々もご覧になっています(一見さんがかなりのようですけど)。そこで、1度乙女心の方々の為に、日々の家事やお仕事、そして育児でお疲れの体に、何かしらのお役目を果たしたい。そう思ったわけです。





1曲目はChicagoで「Hard to say I,m sorry」素直になれなくて。男なんて皆そんなアホなんです。曲は1982年ピーター・セテラとデヴィッド・フォスターの共作。シカゴの転換期の作品です。

ピーター・セテラも歌の中で、「I am sorry」と言っています。どうか、アホな男を許してやって下さい。男の80%はアホなんです。





2曲目、今回は真面目にスーツとネクタイ姿で決めてみました。Eric Clapton「Wonderful Tonight」

彼も女性問題でかなり苦労しました。愛した女性が友人ジョージ・ハリスンの妻パティだったりしました。他の人の妻や夫を好きになる、これってハマるとどーしようもないですね。私は経験ないですが。





さてかなり古い3曲目、1971年作品Michel Polnareffミッシェル・ポルナレフ「Tout Tout pour Ma Cherine」シェリーに口づけ 

当時、フレンチ・ポップスなる言葉が流行り、仏と日本で大流行しました。特に女性陣でとても受けたようでした。





最後は、Queen「Bohemian Rhapsody」ボヘミアン・ラプソディで1975年のビッグ・ヒット。

この豪華できらびやかなサウンドは、確かに今までにないオリジナルなもの。世の女性陣が皆引っ張られて行った気がしました。この後もヒット曲を連発。この後は、皆さんの方が知っているでしょう。あえて書きません。


どうでしょうか?乙女心の皆さん、1曲でも気に入ったのがあれば良しとして下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年10月20日 21:39
恐妻家のミックさん、選曲完璧ですたい♪

「素直になれなくて」は、カラオケで歌った事がありますが、かなりキーが高いです。
黒鉄ヒロシの歌う<レゲエ>風の「ワンダフル・トゥナイト」初めて聞きました。元歌は、異常にに鼻声ですもんね。
ミッシェル・ポルナレフは、私の中学時代のアイドル。「愛の休日」がメチャメチャ、ヒットしました。
「ボヘミアン・ラプソディ」は、「大阪ラプソディ」と並ぶ、名曲。

今回、乙女心を持つ私にも響きました。


ところで、阪神もホークスも負けたがじゃ!・・・やっぱり。
来年こそ、阪神VS日ハムにしましょうね。
2010年10月21日 00:00
今晩にゃんこ(^^♪   Toshinosukeはん

「素直になれなくて」は、キーの高さもさる事ながらパワーが入りますね。
エリックは、ネクタイ姿を始めて見たので、持ってきました。なかなかですね。
ミッシェルは、フランス語の響きが女性の感性にとても受けたと思います。
クィーンも、女性層に良く受け入れられたグループでした。当時付き合って
彼女がこればっかり聞いて、辟易とした思い出があります。

今回は、Toshinosukeさんの乙女心に響きましたか。
って、私と同じ中年親爺じゃねぇ~の(笑)

然し、阪神は疫病神ついてるのけっ!来年は日ハム対巨人だなぁ~。
リベンジだわさ!

PATTI
2011年09月04日 18:07
ウッホホーイ!

PATTI姫だぞ~
せっかく乙女心に訴えたのに、
乙女は誰も来なかったの?かわいそうだから未来からやって来たよ。
うん、いいヤン。響きましたとても。

2011年09月04日 19:05
Oh-ここまで飛んで来たとは!   PATTIお姫

正に神出鬼没ですな。発走は良かったのですが、実力が伴わなかったのでしょう。

又、ココでコメするとストーカー的に後をしつこく追われる等の強迫概念が
思われたのでは?

普段の言動が、やはり若い女性には無理だと思い知らされた1ページでした。
PATTI
2011年09月04日 20:18
いや、もう、Keithさん、omさんの選曲に興味津々で。歌手としましては、
とってもお勉強になります。
Keithさん、なぜにそんなにお詳しいのですか?
これからしばらくKeith School of Musicで おべんきょ、おべんきょ!
2011年09月05日 12:23
今日まあ涼しいぜ(=^・^=)にゃんこ   PATTIお姫

イヤぁ~、別に私学校開設なんかしてませんから、めっそうもない。
私は、夜な夜な巷に向かう、チョイ悪ののん兵衛でありんす。

60年代の曲は、後追いが多いのです。学校時代は優等生でしたから。
ってウソ。You-To-性が正直な所でしょう。

従って、青っちょろい学生ではありませんでした。ストーンズ命って位かな。
でも、時代的にディスコの渦に飲み込まれた青春でしたが、私の狙いは「女の子」
音楽は、あまり好きではなかったのでした。