Allのつく曲 Genesis「That,s all」」 Heart, Celine Dion 



Genesis83年のヒット曲でした。場所はイギリス・ロンドンのウェムブリー・スタジアム。追記:当初の画像は削除されました。1カ月もたたないのに。就いては動画2回入れ替えました。(30/09)

フィル・コリンズのファンって、今だに「ジェネシス」時代の方が良いと思っている人いるんですね~。確かに在籍は、70~96年と長いですけど、80年以降はソロの仕事が際立っていますね。

ソロでの彼の活躍ぶりは、80年代をリードしたと言っても過言ではないでしょう。数々のヒット曲連発しましたもの。

処で、個人的な話なんですが、かれの作曲能力、ボーカルは大好きです。然しはっきり言って、あのドタン・バタンのドラムは、私の嗜好に合わないのですなぁ。いやはや。

07年休止していた「ジェネシス」は、再結成をし、コンサート活動を始めます。さすがにフィル・コリンズもキーを低くして歌っていますね。





90年アルバム「Brigade」からのヒット曲。この85~90年頃が、このグループの黄金期とでも言えるでしょう。実 質ウィルソン姉妹を中心としたグループ。

他のメンバーは、案の定出入りが激しかったですね。でも活動期間は、76年~現在までと長いですねー。この頃 のサウンド一番好きですね。

ポップでキャッチーな曲。そしてゴージャスな雰囲気。言う事ないです。やはり女性は華がないとね。





最後は、セリーヌ・ディオン。このシリーズ3回目の登場ですかな?このようなシットリ系はだめですかな?私オジさんは大好き。

この曲は、97年のヒット曲。従って彼女29才の時のビデオ。美しい~。そうか~私と一回りも離れてないんだぁ。
何アホな事書いてるのでしょう。失礼致しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後記
突然ですが、次回をもって本「ルート66シリーズ」終了にしたいと考えています。短い間でしたが、ご愛顧有難うございました。

ネタ切れだとかヤル気がなくなった、と言う事ではありません。既にもう百数十曲を超えた動画に、無効ないし取り消しがかなり存在する事が分かってきました。

私としては、この修復作業に早く取り掛かりたい所存であります。この修復の後、また次のシリーズないし新しいブログ作成を考えたい、この様に今思っています。

事情ご斟酌の程、ご理解頂きたいと存じ上げます。 2009年9月1日 恐妻家のミック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年09月02日 00:25
今晩は~♪
フィル・コリンズと言えば、「インヴィジブル・タッチ」でしょうかね。
もちろん、ドラム・テクニックで、スティーヴ・ガッドと比べたらいけません。

そして、ハートは私も好きで、静かな「ジーズ・ドリームス」とか、ヘビーなヒットした、何とかという曲とか(忘れました)。

そして、「オール・バイ・マイ・セルフ」・・・私も、以前エリック・カルメンの記事を書いて誰も見ないだろうと思ったら、予想外に見てくれていた様です。

ところで、一時休止ですか?
私のブログも、動画を入れるテクニックがついてから間がありませんが、「これはいいぞ!」と思う動画を入れていたのに、削除されているのがあまりに多くてショックです。

私も一時、首のヘルニアで田舎に帰り、3か月ブログを休止して、今さらにパワー・アップして復活しています???

早い、復活、お待ちしとります!
2009年09月02日 07:16
お早うさんですToshinosukeさん
3曲とも知っていたんですね。Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!
やはり、私よりも若いですね~。私は思い出すのに時間かかって。年ですわー。
一時休止と言っても、休みではなく、ブログの修復作業を早急にしなければなりません。
そして、次の構想ですが、チョっと知恵貸していただけません?お願いしますよ。
2009年09月02日 21:27
修復作業ですか、良かった、良かった!

何、私が知恵を貸す?・・・私でよければ、何でも言って下さい。
ただし、全然役に立ちませんよ。
2009年09月03日 08:35
オハヨウさまですTOshinosukeさん
Toshinosukeさんちのブログ「音楽とお笑いの融合」と言う芸風、これを何とか私のブログにも用いたいと、思っているんです。
これにお知恵をお借りしたいというのが、趣旨なのです。宜しく。