アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「90年代」のブログ記事

みんなの「90年代」ブログ


GWを終えて、心と体はまだグダグダでありんす。 音楽は The Korgis 他

2017/05/10 20:39
シャキーーーーーーーーーーーーーンと何とかならないものか。この身体はっ!。世間様は通常運行を開始していると言うのに。

まぁ、皆様方にとってはどうでもいい事なので、ムチ打って先に進みましょう。然し、ムチ打っても先に進まない馬もいる。中にはムチ打っているフリをするだけの騎手もいる。どうもおかしなレースだなあ、と思わされる事がたまにあるもんです。

あ、話がとんでもない方向に行っちった。それでは正方向です、今回は比較的近年のも考えました。それでは1曲目。

これは古いです。1980年の作品で英国のポップバンド”Wikiではコルギスやコーギス”と呼んでいます。私にも分からないです。2ndアルバムからのヒット曲。一発屋だったのでしょうかねぇ?。邦題は「永遠の思い出」、直訳すると「いつでも学ぶことができる」。






The Korgis−「Everybody‘s get to learn sometime」







2曲目は1986年のオーストラリアのバンド、クラウデッド・ハウス。何で選曲したか、タイトルがズバリですなぁ。
ドント・ドリーム・イッツ・オーバー(夢を見るな、もう過ぎたんだ)、イヤぁ〜ホント、そうなんですヨ。現実に戻らねば。カンレキも過ぎた事だしなあ〜〜。

Crowded House−Don‘t dream it‘s over






突然ですがアデル。「25」は今までココで取り上げてこなかったのです。一発目の「ハロー」からして琴線に触れることがなかったのです、正直言って。だけど、最初にして最後になるかも知れない「25」からの1曲。

ADELE−When we were young







アデルとは雰囲気がまた違った女性のシンガーソングライター、カナダ出身で90年代からコンスタントにアルバムを出してセールしてる人。個人的には彼女のバック・バンドのサウンドが素晴らしく思えます。特にベースとドラムのタイトなところが。 アラニス・モリセットの98年リリースの曲。

Alanis Morissette−Thank You





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


あまりの天晴れな取り口、稀勢の里のBALLAD。 音楽は Whigfield 他

2017/03/31 01:33
ココは洋楽ブログですが、今回はそんな事言ってられない。稀勢の里だよチミ〜。
毎晩決定戦のリプレイを見ていますが、稀勢の里の右腕小手投げの後、土俵下に痛めた左肩から落ちてゆく姿には息を飲む!。

大丈夫かなぁ、治療1カ月とは話なんだけど。筋肉の損傷は治癒するのに時間かかりますからぁ。
そもそもですが、日馬富士の戦いをリプレイして見て、何故故左肩の下を痛めたのか分からんのです。

こうなれば、五月場所の桟敷席砂かぶりの席を何とかGETしたいっ!!。大奥も後ろで責めているのでありんす。奴は、座布団飛ばしを一度はやってみたいとの事。私も同じくだぁ。

と言う訳で、大相撲は年6場所あるので、今年はあと4回この調子があるでしょう。何か?
それではやっと、稀勢の里のBALLADをお送りしましょう。ヤツは演歌の口だと思いますが、そんな事知らないもん。






Whigfield−Close to you
ウイグフィールドで確か95年の作品。ユーロビート全盛の頃こんな曲も作ってたんですね。やたら音が途切れるんですがゴメリンコ。









Atlantic Star−Always
アトランティック・スター87年の曲でした。彼らはR&Bが基本だけあって上手いですね。










Guys Next Door−I‘ve been waiting for you
Guys Next Doorは90〜91年、アメリカのドラマに出演し制作された中の1曲です。このグループによる歌は、後のBacksreet Boysへとつながっていくのでしたネ。



記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6


変わった人、普通の人、危ないヤツ、人は夫々色々。  音楽は THE BUGGLES 他 

2017/01/08 00:02
年末年始は特段面白い事がありませんでした。と、言う訳で、今日日曜日から1泊2日の小旅行に行って参ります。函館方面に一家4人全員揃って。ニャンズ達も勿論でありんす。ではでは・・・・。

じゃなくて本題の方に進みましょう。イントロで「ムカッ」ときた方もいるでしょう。SORRY・SORRY。だって大奥が勝手に日取り・行き先・宿を決めたのです。私の意見は何も採用されていないんですっ!。私の立場、察して頂けたと思います。(泣)

おっと、音楽の方に行かねば。1曲目は「バグルス」という英国のバンドで、バックコーラスが特に変わった曲。79年の発表した曲で、ライブは2004年のモノ。このバンドは一発屋でした。結果的には。ヴォーカルとベースのトレヴァー・ホーンの1人バンドの感じもします。アルバム2枚残して休止。トレヴァーはプロデューサーの仕事で活躍しているとのこと。





THE BUGGLES−Video killed the radio star






2曲目、バンド名は直訳すると「4人の非金髪組」とでもなるのでしょうか。タイトルのWhat‘s Upと言う言葉は出てきません。歌っているのは、What‘s going on(よお、何してんの)、これはマービン・ゲイの名曲を思い出しますネ。このバンドも一発屋でしたネ、93年の発表曲。格好がチト汚いせいも。それと短命でもありました。女性のリード・ヴォーカル、リンダ・ペリーはプロデューサーとして、ピンクやクリスティーナ・アギレラの仕事をしています。








4 NON BLONDES−What‘s Up






何で古い曲に戻るんだ、と言われそう。(昔の呼び方)ティーレックス71年のヒット曲。これですね、久し振りっ子で聴いたんですが、音質がイイんですヨ。この曲のメインである左右2台のリズム・ギターがクッキリとしていてグッジョブではないでしょうか?このバンドはマーク・ボランのワンマン・バンドでした。当時「グラムロック」なる言葉が流行りました。私にとっても青春の1ページでありました。








T REX−Get it on






最後の曲になりましたが、「危ないヤツ」と言えばストーンズでしょう?コソッと最後に持って来ました。今はもう良いおじいちゃんですが、若い時はもうハラハラ・ドキドキでした。あ、皆もう帰って行ったような気が・・・・?。
71年のアルバム「スティッキー・フィンガーズ」からカントリー調の軽快な曲って、ふんっ!いいんだ、誰も聴いてくれなくっても。ミック・テイラーの惚れ惚れするギター!私はちゃんと理解してるんですっ!。






ROLLING STONES−Dead Flowers

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 9


慌ただしい師走も早中旬に、元気出していこー! 音楽は Celine Dion 他

2016/12/12 18:58
さぁーて今日も日経平均は好調、チト例年になく雪が多いのは腹が立つ。新千歳空港のロビーで夜を明かした方々が1,000〜1,500人もいたそうで、誠に遺憾でありんす。これが北海道なのです!。雪は恐ろしい物だと実感されたでしょう。私たちは毎日雪と闘っているのですから。

おっと、早く本題に行かねば。私5時から飲んでいるので、気分はhigh。元気いいのを持って来ましょう。
前回、若い女の子は不発のようでした。ならば熟女では?。そうでした、ココで早い時期にお世話になったセリーヌ・ディオンを再び。カナダ人でシングル&アルバム総売上が2億枚以上と、相当のつわもの。最近の様子はっきりとしませんが。選んだのは99年の曲で、この当時31才でした。後は言いません。





Celine Dion−「That‘s the way it is」





次は、現在31才ですがPVの頃はまだ26才。んっ若い!すんばらしい。曲はラテン・ポップ調でこれまたGOODでありんす。2011年の発表でした。う〜む、チト腹が減ってきた、速攻で行こう。彼女はカリフォルニア育ちのアメリカ人で、お父さんが音楽プロデューサーをしています。当然彼女のアルバムもプロデュースしてます。(コルビー・キャレイ)






Colbie Caillat−「Brighter than the sun」






次もカナダ人、ライブは03年シカゴで、シャナイア・トウェイン。う〜んこの当時で38才(勘弁して下さいヨ)。
彼女のカントリー・ロックは迫力のあるものです。活動は92年からですから、もう女将さんの感じ。又ライブの女王とも言われています。今は、ラスベガスのショーをやっているとか。







Shania Twain−「UP」



記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6


秋深まりし。 若い子に 気を奪われて また惨敗(字余り) 音楽はDaniel Powter 他

2016/10/15 21:17
タイトルと本編である音楽は全く関係のないものです。賢明な読者の皆様方にはご承知の事と存じますが。
今回は、暫く出ていなかった90年代を主に、2000年代と80年代を絡ませてみました。(結果的にそうなっただけですが)。

これには訳がありまして、90年代に青春を送った方々すなわち今30代〜40代の読者が余りいない、という傾向が見られる感じがデーター的に思われます。
尚今回は、No Guitarの曲構成を考えたのですが、1曲だけ無理でした(無念)。

それと、最近分かってきたのですが、ココのブログは何せ古いのでIEで作成して来ました。クロームでは生じないトラブルが今なお発生しています。

大変申し訳ないのですが、文字入力のトラブルを避けるため、本当に簡略化した曲説明だけで勘弁して頂きたいと思います。
1曲目:ダニエル・パウター(Daniel Powter)Bad Day.2005年のヒット曲。カナダ人で現在45才。親日家だのこと。
2曲目:Vitamin C、1999年のヒット曲。Graduationは卒業式の意。若いってホント羨ましいわぁ〜。
3曲目:ソフィーBホーキンス1992年のヒット曲。Damn i wish i was your lover。彼女は今51才。私チョッと引いてしまいそう。 
4曲目:ヒューマン・リーグで1981年の曲(唯一80年代の曲)。英国のバンドでテクノ・ポップのハシリでした。Don‘t you want me。これから打ち込みが流行りました。





































記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


真夏のとある不快指数が高い土曜日。にゃんこは駆ける。 音楽は David Foster

2015/07/25 16:31
にゃんこが煩いのでブログを制作しています。洋楽を聴いていると、殆どの方がDavid Foster(デヴィッド・フォスター)に突き当たると思います。シカゴの「Hard to say i‘m sorry」(素直になれなくて)等は鉄板ですね。
この曲何て、今でも結婚式の披露宴でBGMに使われます。30年以上も前なのに。(コレって札幌だけ?)

ご存知の通り、彼はカナダ人で作詞・作曲家、プロデューサーやアレンジャーもこなす才人。各々15個のグラミー賞を取った優秀な人。何と言ってもサウンドが洒落ていて嫌みが無いのが特徴的でしょうか。
それでは曲の方に、今は土曜の昼下がりで湿度70%。てな分けでシャレた軽いタッチがイイなぁ。今回の指向では「鉄板」を余り出さないつもり。悪しからず。   

1曲目は「Winter Dream」、1988年のカナダ・カルガリー五輪の公式ソングとなりました。動画は1994年武道館で日フィルをバックにしたライブ。



David Foster「Winter Dream」







2曲目、デヴィッド&フレンド・コンサートから。彼は本当に顔が広い、そして多くのアーティストに曲を提供しています。取り敢えずボズ・スキャッグスで「JOJO」。1980年発表。(時間の都合もあるのです)。そう言えばボズ先月に札幌来て行ったの、知らなかったです。まぁどうせライブには行きませんから。




BOZ SCAGGS「JOJO」







3曲目、アル・ジャロウは初登場でしたね。曲は1983年のノリの良いAORでした。今では殆ど聴く人いないかも。4曲目も続いて、何回か前に出たAIR SUPPLY(エアー・サプライ)の1983年の曲「Good bye」で締め。
あ〜水風呂に入ろうっと!。






AL JARREAU「MORNIN」








AIR SUPPLY「GOOD BYE」


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


ソメイヨシノ何て遥かに遠い北国、最高気温4℃から。 音楽はNeil Young

2015/03/25 18:11
どうもこの寒さは、今日がピークだそうで、明日から2桁の気温上昇だそうでよかよかなこってす。処で私事ですが、前回のブログ更新(3月17日の記事)で満6周年もオーバー。今年はマジメに更新できそうです。

(ダルビッシュが肘の手術で、今季は登板不可能となった為でありんす。MLB何て面白くないのです。)

さて、桜咲く爽やかな時期に、何で今回むさ苦しいオヤジいやさジジイのニール・ヤングなのか?巷の流れとはどうも逆に行く傾向があるようで、結果痛い目にあうことも多々あります。グダグダ言わんと興味のある方は聴いて見てくんなまし。

ニール・ヤングもで69才でして、11月には70才!。昨年にはアルバムも発表していますし、「カナダ」から何か勲章もらっても良いと思うのですが。1年の内殆どアメリカに居るからダメでしょうか?
今回の曲は、比較的後半のモノからで、1曲目は何とも染みる「ハーベスト・ムーン」1992年の作品。やはり年季が入らないと、この様な曲はできないでしょう。

2曲目は、一転してロックン・ロールですが、大人しめ。1990年の曲で、若い頃からのとはかなり控えめ。PVに出てくる若い男女どうにかならんものか!途中イライラして来ます。





HARVEST MOON







OVER AND OVER
>






次の3曲目、今思い出したのですが以前、ニコレット・ラーソンがこの歌をカバーし、ココのブログにも取り上げました。カバー曲も多いですね。1978年の作品で、邦題「溢れる愛」。4曲目は、「安心理論」によりスローなバラッドでフェイド・アウト。74年のアルバム「渚にて」からです。





LOTTA LOVE






See the sky about to rain



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8


再びですが、夜なかなか寝付けない私とあなたに。 音楽は SIMPLE PLAN

2014/10/16 00:25
別に不眠症ではないのですが、たまに目が冴えて眠れない時もあるもんです。
そんな時ジタバタしても、しょうがありません。それでは例によって、前回同様に、真夜中でハジけちゃいましょう!。(イヤぁ〜まだ私も若いなぁ)

選んだアーティストは、シンプル・プラン。皆様も良くご存知のグループですね。ノリノリの曲で夜中にハジけるって不眠なんか吹き飛ばしましょう!。彼らは、カナダケベック州モントリオール出身の5人組のグループで皆フランス系カナダ人。

ケベック州と言えば、先日のイギリスから独立しようとしたスコットランドを思い出します。ケベック州はフランス語圏で以前から、カナダからの独立の話があります。まぁ政治の話はどいといて。

曲4曲は皆有名な曲です。2曲目だけ2008年のライブで、残り3曲は2012年オーストラリアでのライブです。
2002年のデビュー以来、着実にかつしっかりと伸びている彼ら。今後も期待して見て行けますネ。





SUMMER PARADISE








PERFECT







JET LAG









WELCOME TO MY LIFE







記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


中秋の名月ですが、今夜はもう寝ます。明日の朝は全米オープン決勝!音楽はTom Grant 他

2014/09/08 20:06
今夜9月8日は中秋の名月でありんす。コチラはあいにく曇ってお月様が見えません。我が家は昨日まん丸のお月様を見て手を合わせました。お供え物もバッチシであります。然し、秋といっても私の格好は、タンクトップに短パン姿。日中も相変わらず半袖シャツ。やはり地球温暖化のせいでしょう。

まぁ与太話はこのへんで、大事なのは明日朝6時からの「テニス全米オープン決勝」ナナナント錦っ織君が決勝進出へと。空前の快挙とはこの事でしょう。それがこの期に及んでNHKが放送しないだと!。貴様らはどアホか?放映権はワウワウだけだとな?仕方なく契約してやった次第でありんす。

この国のメディアは全くぶっタルんでいる。先日の朝日新聞といいNHKといい。NHKは何で誰も見ない韓流ドラマを流し続けているのか?

おっと今夜は早く寝なければ、それでは本題の音楽に。前回は少しハシャギ過ぎた感もありました。今回は久方振りにフュージョンを。今はスムース・ジャズとも言われていますが、私らの世代はやはりフュージョンと呼ぶのが相応で、新旧織り交ぜて選曲してみました

1曲目は、トム・グラント。もう68才になるベテラン・キーボード・プレーヤー。94年の作品で、チト頭を冷やすためにレゲエ風のユル〜いリズムの曲。




Tom Grant「Happy Feet」




2曲目はクリスCamozzi、何故か苗字が訳していない人。97年の曲で、彼はセッション・ギタリストやプロデューサーで忙しい人ですね。


Chris Camozzi「My Dancing Heart」







3曲目はデイブ・グルーシンで、この有名な曲は数年前1度取り上げています。前回は確かスタジオ・ライブだったと思います。今回は純粋なオリジナル・ヴァージョン。彼は今年80才になるお爺ちゃんで、この曲は80年の作品ですから、46才の時に作った曲。





Dave Grusin「Mountain Dance」
>





最後の曲はまいどスタッフの曲。スタジオミュージシャンの寄せ集めといったバンド。この曲は77年の曲で、このバンドのせいで私はフュージョンにハマったようなものでした。ちなみに上と下の曲のドラムはスティーブ・ガッドで同じです。
バンドは短命でした。また93年にリチャード・ティー(キーボード)が亡くなり、翌年94年にエリック・ゲイル(ギター)が、そして2011年にはコーネル・デュプリー(ギター)も亡くなっています。




Stuff「This one‘s for you」


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


気ままなミー派親父のオムニバス   音楽は Simply Red, Maroon5, 他 

2013/06/21 18:58
勝手気ままな私のことですから、不定期更新を言うには及ばず内容も内容。今回はオムニバスで曲には何ら関係のない物です。3者3様と言うべきでしょう。

ライン・アップを先に申し上げますと、シンプリー・レッドにマルーン5そしてライロ・カイリーって3者バラバラの指向でありんす。ただの思い付きがこうなったので悪しからず。

早速ですが曲の方に、1曲目シンプリー・レッド。1985〜2010まで活動していたバンドですが実質的にはミック・ハックネル(vo)のソロ・プロジェクトと言えるでしょう。何せメンバーの出入りが激しくって。
曲は91年のヒット曲で、これだけで私がミー派だとバレます。動画は2009年の解散ツアーでギターに鈴木賢司が何故か参加してます。





Simply Red「STARS」







次はマルーン5の昨年発売のアルバム「Overexposed」からのサード・シングル。知ってる方はもう飽きたでしょうかね?。彼らは5人編制となって2001年からの活動になります。4枚のアルバムからコンスタントにヒット曲を出しています。腕にタトゥーをあちこち彫るのは、若者たちのファッションとなっているので何も言えませんね。






Maroon5「DAYLIGHT」
<//object>






さて次は2曲続けて、ライロ・カイリーという4人組のインディーズバンド。1998年からの活動で2011年に解散しました。ここでは何と言っても紅一点のジェニー・ルイス(vo,gu,key)がイチ押し。彼女のあんよ長くて美脚でありんす。探したんですけど良いビデオが無くて残念でした。





Rilo Kiley「BREAKIN UP」







Rilo Kiley「SILVER LINIING」





記事へ驚いた ブログ気持玉 146 / トラックバック 0 / コメント 39


タイトル 日 時
日差しも長くなってよかよかです。 音楽はDon Henley & Glenn Frey
世間は今日から大型連休だと言う。その様な方々は幸せだ。一体労働者の何%が該当するのだろう?。私には関係ない話でありんす。この円安ドル高でも海外旅行者は相変わらず多いです。何だか最近、誰かさんみたいにグチっぽくて済みません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/27 15:39
さすれば軟弱ならんと欲す! 音楽は Rolling Stones 「Memory Motel」 他
今回はストーンズの公開です。予め申して置きますが、お気に入りでない方はスルーが宜しいかと思います。 ココも4年目に入った分けですが、どうもピリッとしません。「継続は力なり」とは有名な言葉です。然しココの場合その言葉は合致しないでしょう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 86 / トラックバック 0 / コメント 61

2013/03/29 18:36
週末を穏やかに過ごしたい  音楽はSADE(シャーデー) Smooth Operater 他
シャーデーはイギリスのバンド名です。女性VOがシャーデー・アデュという名から付けたものと推測されます。彼らの1stアルバムは1984年でした。もう30年近い経歴があるにも関わらず、アルバムはベストを除いて6枚しかない事も不思議な話。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/02/08 16:32
さて、このブログスタイルは受け入れてもらえるだろうか? 音楽はSTING
前回から新しいブログスタイルとなりましたが、如何ほどの効果ありきや。反応なきは、このまま続けるだけ。(結構手間かかっているんです)。まぁそうは言っても記事の内容が大事なのでしょうけど。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 28

2013/01/28 17:45
正月明けで胃もたれの私達のために。 音楽はSam Cooke, Procol Harum 他
やはり寄る年波には勝てないものでしょうか?。正月の暴飲暴食は堪えるものがありました。何せ横になって飲み食いするだけでしたから。猫のミックまでまん丸太ったものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 17

2013/01/06 07:10
セレブとは大体がわがままなようで。 Jennifer Lopez 「PAPI」 他
先日、ノーベル賞の受賞が決まった京大山中教授、なな何と私より若い。でもその歩みは順風とは言えなかったそうでした。ふ〜む、そうだ我が家の洗濯機も音がうるさくなったようだ、これを早く済まして修理してみようか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 44

2012/10/11 18:06
何故か今・・・(続)Heart。バブル崩壊 「All i wanna do is make 〜」 他
Heartは以前2年程前に公開して、2度目になります。アン・ウィルソン(vo)とナンシー・ウィルソン(g,vo)のゴージャス姉妹を前面に出したグループで、今も活動しています。ちなみに姉のアンは61才です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 71 / トラックバック 0 / コメント 52

2012/06/18 17:18
(続)ホーンを吹けよ! Candy Dulfer(キャンディ・ダルファー)Sax A Go Go 他
「Pick up the pieces」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/16 16:48
旅立ち Noel Gallagher(ノエル・ギャラガー) If i had a gun 他
弥生3月は、多くの若者にとって進学を想像するでしょう。然しその数だけ自動的に卒業させられる訳でもあります。札幌に単身赴任で来てた所謂「サッチョン族」も大半は、2期4年の任務を終え帰って行く。ツケを残したまま帰って行くとんでもない輩もいるが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/03/13 17:28
珍しくLove Storyでも。 音楽は Lady Antebellum(レディ・アンテベラム)で
今回は正統派スタイルで、1日の余暇のほんのひと時を過ごされては如何でしょう。Lady Anteberallumと言う3人組のグループですね。美嬌のヒラリー・スコット(vo)、イケメンのチャールズ・ケリー(vo)、デイヴ・ヘイウッド(cho、gui)です。カントリーそしてポップの分野で実力派です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 18

2012/02/05 10:16
暇なお方の為の3分間を含む: 音楽は90年代で Britney Spears「Sometimes」他
冒頭のタイトルご希望の方は、2番目のPVをご覧下さい。 音楽は前回に続き90年代です。1曲目は93年の大ヒット曲で、Collective Soul「Shine」。トリプルギターによる5人組のグループ、90年代には珍しいシンプルでストレートなRockですね。ギターのフレーズはツェッペリンに似てもいますが。メロディアスな処は70年代Rockに相通ずるでしょうか。画質が良かったのでMAX画面を採用しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 27

2012/01/13 17:52
久し振りな90年代、 音楽はWilson Phillips 「Hold on」 他
年明けが過ぎ、寒の入りであります。今日は新春第一週で「花金」、誰もが新年会で浮かれているはずなのに、私は一人ブログ作り。これには当然訳がありんす。訳については、後に説明しましょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 27

2012/01/06 21:26
暗いって人は言いますけれど・・、Lene Marlin(レネ・マーリン)「Here we are」他
さっそく現れたのは、レネ・マーリンの2009年発表の新作「Here we are」。彼女ももう10年以上のキャリアを持つ事になり、今年で31才になります。哀愁を帯びたメロディーは相変わらずですね。日本では、若い女性層に人気があるようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/08/25 18:11
まだ歌姫が、Christina Aguilera 「Not myself tonight」 他
クリスティーナ・アギレラはブリトニーと同じ29才。歌手としてのデビューもほぼ同じ頃、ブリちゃん程でないにせよ今までの4枚のアルバムの中には、良い曲があります。今回は、今までと違って過去の曲から遡ってみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/04 06:30
「シリーズ第6弾」公開でっす。 忘れたくない90年代の曲 AEROSMITH 他 
東アジア黄海は正に「海の火薬庫」みたいなもの。然しこの国の街中では、クリマス・ツリーが華やかに色ずく、平和な国(良い意味でも悪い意味でも)。その最中、シリーズ第6弾を公開しましょう。ただ、多少の問題を抱えながらの見切り発車ではあります。その辺は後半に述べたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/11/25 18:15
(予告編)近日「シリーズ6弾」UP! Shania Twain(シャナイア・トウェイン) UP 他
現在修復作業は終盤です。と、そこで新作の強迫概念が頭を横切った!と言う訳で予告編です。シャナイア・トウェインはカナダ出身のちゅーねん女性。(ふんっ、若い姉ーちゃんばかりじゃぁないんだからねっ、浦太さん!) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/20 17:03
秋だってRockだ! Allman Brothers Band,John Lennon,U2,他
さて秋だ、紅葉だ、Rockだ。全然脈略がないけどRockなのです。私にとっては1年中Rockみたいなもの。年中ビールを飲んで、テレビでは真矢みきさんのお顔を見て、それが全てと言ってもいいでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/06 07:14
歌う予定が吹っ飛んじまった! 音楽はBackstreet Boys@(90年代後半からです)
実は、この前の日曜日(17日)甥子の結婚式があって、その披露宴でたっての願いで、私が1曲歌う予定でありました。当日私の順番を聞くと、最後から3番目。げっ最悪じゃん。宴も後半になって係りの者が、「すいません。時間が押し迫って、歌は省略させてもらいます!。」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/23 05:28
重大なる決意「禁煙」! 音楽は再びですがRoxette(ロクセット) The Look 他
タバコは、昨日を以って止めました。30数年間愛煙してきたのですから、苦渋の決断でした。それでなくとも、近年愛煙家は片身の狭い思いをしてきたのです。もう沢山だ。タバコの殆どは税金なのに、又値上げするとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/10/01 06:38
ブログ開始1周年@ 今回はSarah Brightman(サラ・ブライトマン)Aだよ! 
ふと気付くと、早1年になるのでした。何気なく始めたこのブログ、今後の考えには、後期に示そうと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/03/13 21:17
(Unplugged)Eric Clapton 「Tears in Heaven」 他
3大ロック・ギタリストの1人、と言われた彼も90年代以降、素晴らしいアコースティック・ギターのプレイを聴かせてくれています。今回はその辺を少しばかり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/07 19:16
もう1人のサラは Sarah Brightman 「ジュピター=Running」 他
もう1人のサラは Sarah Brightman 「ジュピター=Running」 他 (当初のオフィシャルPVは削除されました。代わりに別ヴァージョンを用いました。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/22 06:39
Youのつく曲A Michael Jackson 「You are not alone」 他
亡きマイケル・ジャクソン99年のKorea Liveから、「You are not alone」でした。曲は95年アルバム(ヒストリー)からの2ndシングル。「君だけではないよ」と言う訳が、やはり適当でしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/12 19:17
1週間ぶりのご無沙汰だわね!Sarah Mclachlan 「Angel」 「Vox」 他
1週間ぶりのご無沙汰だわね!Sarah Mclachlan 「Angel」 「Vox」 他 タイトルからして剣幕立てているのが、サラお姉ー様。一週間前のブログでチョッと1曲しか出さなかったものだから、怒ってきたのです。あのたくましい二の腕を振り上げて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/12/10 07:25
特集The Corrs Runaway, Angel, Love to love to you 他 
最近70年代ばかりで困ったものです。てな訳で若い衆、CORRSなんですが三回目の登場で、特集を組んでみました。95年〜04年の間をピックアップ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/23 17:22
秋口に入ると聴きたくなる Enya 「Only Time」 「Amarantine」 他:追記あり
秋口に入るとテンションが急に下がるんですね。毎年の事なんですけど。アー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/09 19:20
200曲公開記念 [Special] 私なりに印象深いアーティスト シルビー・バルタン 他
前回の更新により、ふと数えて見ると202曲今まで公開した事になりました。この半年間ちょっとの期間での出来事です。当初は100曲が目標でしたから、倍の数を超えた訳ですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/07 06:57
2016はリオに決定、音楽はShakira「Whenever Wherever」他
2016はリオに決定、音楽はShakira「Whenever Wherever」他 南米大陸初のオリンピック開催、ブラジルよお目出とう。!急遽今回は南米のアーティストから。コロンビア出身のアーティストShakiraです。第1回のアルファベット・シリーズにも出ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/10/03 07:48
Allのつく曲 Genesis「That,s all」」 Heart, Celine Dion 
Genesis83年のヒット曲でした。場所はイギリス・ロンドンのウェムブリー・スタジアム。追記:当初の画像は削除されました。1カ月もたたないのに。就いては動画2回入れ替えました。(30/09) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/01 07:44
ラテン系の美女たち SPARX 「ラ・バンバ」「El de los ojos negros」
ラテン系の美女たち SPARX 「ラ・バンバ」「El de los ojos negros」 今回の主題曲は、ラ・バンバ(La Bamba)。従ってラテン・ミュージックの苦手な方は、スルーしてどうぞ。曲の説明は後にして、どうしてこのSPARXとやらなのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/05 12:17
Mariah Carey「Without You」「We belong together」「恋人・・
Mariah Carey「Without You」「We belong together」「恋人・・  今回2回目の登場となるマライア・キャリー。私は眠たい、朝まで飲んで殆ど寝てない。石川 遼君はどうなったのだろう?今何時? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/18 11:22
Whitney Houston 「I will always love you」他2曲では?
やはり再登場となったホイットニー・ヒューストン。前回「カ」行では、グレーテストラブ・オブ・オール1曲だけでしたが、今回は3曲の公開。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/02 14:20
お願い セリーヌ・ディオン 「To love you more」&ボーナス・トラック
お願い セリーヌ・ディオン 「To love you more」&ボーナス・トラック 今日は朝から生憎の雨、それに気温も低い、困った。それにこのブログについても困った。セリーヌそしてマライヤと来て「タ」行の締めはどうしよう。う〜ん。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/14 09:52
マライヤがついに 「Touch My Body」「Dreamlover」
先週セリーヌ・ディオンを公開してから、マライヤ・キャリーのことが日増しに頭に伸し掛かってきたました。二人は9 0年代から今まで好対照のビッグ・アーティスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/08 18:35
エイプリルフール「番外編」
今日は、4月1日新年度の始まりを迎えた人も多かったと思うのですが、 エイプリルフールの日でもありました。でー今日は趣向を変えても良い かな?。と言うのは、今までのやり方だと欧米バッカシなんですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 19:23

トップへ | みんなの「90年代」ブログ

Stones Tight 時代のながれ 90年代のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる