アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Stones Tight 時代のながれ
ブログ紹介
このブログは自分の好きなRolling Stonesもしかり、幅広い年代での洋楽全般、そして時事関係や雑記を織り込んだものです
ココでの特徴としては、「ようつべ」のワイド画面による動画を視聴することができます。
zoom RSS

変わった人、普通の人、危ないヤツ、人は夫々色々。  音楽は THE BUGGLES 他 

2017/01/08 00:02
年末年始は特段面白い事がありませんでした。と、言う訳で、今日日曜日から1泊2日の小旅行に行って参ります。函館方面に一家4人全員揃って。ニャンズ達も勿論でありんす。ではでは・・・・。

じゃなくて本題の方に進みましょう。イントロで「ムカッ」ときた方もいるでしょう。SORRY・SORRY。だって大奥が勝手に日取り・行き先・宿を決めたのです。私の意見は何も採用されていないんですっ!。私の立場、察して頂けたと思います。(泣)

おっと、音楽の方に行かねば。1曲目は「バグルス」という英国のバンドで、バックコーラスが特に変わった曲。79年の発表した曲で、ライブは2004年のモノ。このバンドは一発屋でした。結果的には。ヴォーカルとベースのトレヴァー・ホーンの1人バンドの感じもします。アルバム2枚残して休止。トレヴァーはプロデューサーの仕事で活躍しているとのこと。





THE BUGGLES−Video killed the radio star






2曲目、バンド名は直訳すると「4人の非金髪組」とでもなるのでしょうか。タイトルのWhat‘s Upと言う言葉は出てきません。歌っているのは、What‘s going on(よお、何してんの)、これはマービン・ゲイの名曲を思い出しますネ。このバンドも一発屋でしたネ、93年の発表曲。格好がチト汚いせいも。それと短命でもありました。女性のリード・ヴォーカル、リンダ・ペリーはプロデューサーとして、ピンクやクリスティーナ・アギレラの仕事をしています。








4 NON BLONDES−What‘s Up






何で古い曲に戻るんだ、と言われそう。(昔の呼び方)ティーレックス71年のヒット曲。これですね、久し振りっ子で聴いたんですが、音質がイイんですヨ。この曲のメインである左右2台のリズム・ギターがクッキリとしていてグッジョブではないでしょうか?このバンドはマーク・ボランのワンマン・バンドでした。当時「グラムロック」なる言葉が流行りました。私にとっても青春の1ページでありました。








T REX−Get it on






最後の曲になりましたが、「危ないヤツ」と言えばストーンズでしょう?コソッと最後に持って来ました。今はもう良いおじいちゃんですが、若い時はもうハラハラ・ドキドキでした。あ、皆もう帰って行ったような気が・・・・?。
71年のアルバム「スティッキー・フィンガーズ」からカントリー調の軽快な曲って、ふんっ!いいんだ、誰も聴いてくれなくっても。ミック・テイラーの惚れ惚れするギター!私はちゃんと理解してるんですっ!。






ROLLING STONES−Dead Flowers

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9


続きを見る

トップへ

月別リンク

Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる