アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Stones Tight 時代のながれ
ブログ紹介
このブログは自分の好きなRolling Stonesもしかり、幅広い年代での洋楽全般、そして時事関係や雑記を織り込んだものです
ココでの特徴としては、「ようつべ」のワイド画面による動画を視聴することができます。
zoom RSS

脈略のない今朝起きた時の気分の曲  音楽はBeatles他

2016/08/04 16:40
今朝5時に目が覚めて、コップにいっぱいの水を飲んでギターのイントロ、そしてスティーブ・ガッドの軽やかなドラムが耳元で聞こえて、一日が始まったのでした。何分にも前回と前々回のような失敗がない様に。私は今祈っています。(新手を使います)

朝のいっぱいの水、それはナベサダの「モーニングアイランド」を呼び起こしたのでした。1979年のヒット曲でNY録音でプロデューサーはデイブ・グルーシン。バックはNYの気鋭ミュージシャンばかり。ナベサダは当時流行りのフユージョンにハマっていました。爽やかな曲。








2曲目はいきなりBeatles。68年のホワイト・アルバムに入っていました。何分にも60年代の曲、上の様なサウンドとは違います。このアルバムの中での殊勲な曲だと、私は思っています。








3曲目、ニール・ヤングの「Tell Me Why」。何ら朝らしく無いではないか?ご指摘は最もでありましょう。
ぶっちゃけた話、私が社会人1年生の時、この私を振った女性がいたのですが、理由も言わなく地元へ帰って行ったのですなぁ。Tell Me Why!と、ふと今でも思う事があるのでありんす。でもそんなに暗くない曲ですヨ。








最後の曲はキャロル・キング、久し振りだなあ。私の場合メジャーなのより、1ランク下の曲が好きです。
1971年アルバム「ミュージック」より、スウィートシーズン。花も緑も綺麗ですねぇ〜。






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16


続きを見る

トップへ

月別リンク

Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる