Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一時の安堵に「和み」の曲を Luis Armstrong, George Harrison,他

<<   作成日時 : 2010/09/27 06:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9




誰もが1度は聞いたことがあるメロディ。そう、サッチモこと「Luis Armstrong」ルイ・アームストロング。1967年、イギリスのあの2つのグループが、世界を席巻するかの如く活躍していた時期の、彼のメガヒットでありました。

「What a wonderful world」この素晴らしき世界。彼はジャズトランペット、歌手、映画出演と幅広い活動をしました。ジャズ会では稀な存在でした。この曲の暖かみ、私は死ぬまで忘れないと思います。

ちょうど私が、ストーンズを夢中になって聞いていた頃、1971年彼は69才で亡くなりました。真に巨星落つ、そんな感じを受けました。





私が、このグループを知ったのは、子供の頃テレビでモンキーズ・ショウを見た時からでした。陽気な4人のアメリカの若者たち。そんな感じでした。ただ音楽付きっていう面が新鮮な感じをうけました。

そもそも、彼らはオーディションで選ばれ、テレビ番組とレコーディングを同時進行させる、という事は当時斬新だった訳です。かなりのヒット曲があったかの様に思えます。然し日本ではやはりコレでしょう。1967年作

「The Monkees」でDaydream Believer。彼らの場合、とても商業主義的に造られたグループであった、という面で何か物足りなさを感じたのですが、この曲は優れていると思います。特にサビの部分がですね。





さて、今まで何回も登場してきたGeorge Harrison。この曲はボブ・ディランの70年作曲です。え〜とですね、ディランの記事の中で、1回オリビア・ニュートンジョンのカバーで出しました。

ジョージは、はっきり言って天才ではないと思います。ポールやジョンに誘発されてコツコツ作り出した、そのような作品が多かった様に思えます。この曲も派手さを抑えて、いかにもジョージらしいサウンドに仕上がっています。

私はピアノの朴訥な音色が、好きでなりません。あ〜あジョージ行くの早過ぎだよ。








このジョージの代表曲とも言える曲。今まで公開しないで、ずぅーっと囲っていました。今回「和み」のRockとして公開することにしました。例によって71年バングラデシ・コンサートのビデオから。

このミディアム・スローのリズムそしてクラプトンの若き日のギター、ジョージの白いスーツ姿、全ての要素が揃っているライブ。あの白いアルバムとは別物のようなサウンド。それ故「和み」のRockと称したのです。

こんなRock、ジョージしかできないと思うんですねぇ〜「While my guitar gently weeps」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪

サッチモは、人気者になった後でも「ステージを一歩下りれば、泊る部屋すらない」という人種差別を植え続けてたんですよね。
そういう状況下にあろうと、常に笑顔で歌うサッチモであっただけに、余計にこの曲が温かく心に響いて来るのかもしれません。
モンキーズは・・・そうだなぁ〜。この曲に関しては、忌野清志郎が付けた訳詞(笑)の方が、遥かにセンスがよかったなぁ〜・・・^^

わたくし、ビートルズの中では、ジョージが一番好きなのですよ。
もちろん、上の曲も好きなんだけど、「My Sweet Lord」や「Love Comes To Everyone」とかも好きだなぁ〜・・・^^
とも
2010/09/28 01:06
ごめ〜ん・・・上のコメントで誤字発見!
「人種差別を受け続けて・・・」だった!(泣
とも
2010/09/28 01:08
今日は(^^♪    ともちゃん

そうですね、彼の時代はまだ、人種差別が強く残っていました。
そのような中でも、こういう曲が作れるなんて、度量が違います。
ですから、私なんか見に染みるんだと思います。
清志朗さんの詩って、まともに聞いたことないので、分からないんですよ。

ジョージが好き?えっ、ともちゃんはジョン派ではなかったのですか?
どうも、私の周りではジョージ派が多いようです。ミック派もキース派も
いないって、ココは名前倒れのブログだと思います。
恐妻家のミック&Keith
2010/09/28 12:44
⊃`ノ八"`ノ八_〆('-'* )

モンキーズ懐かしいですね。
テレビドラマ観てました。

デイヴィーが好きでした、背は低いけど・・
なぜかトム・クルーズを観ると思いだすんですよ(笑)
kasaburanka
2010/09/28 23:44
お早うザマす(^^♪    Kasaburankaさん

ぶふふっ、やはりモンキーズ世代でしたか。(^^)
あの頃は、アメリカのテレビ・ドラマって羨望の的でした。
デッカイ冷蔵庫があったりして。羨ましかったダス。

デイビイーもトム・クルーズも背は低いですね。
トムは確か170センチしかないですもんね。私とそう変わりません。
だけど奴はモテる。理不尽な感じを覚えます。
恐妻家のミック&Keith
2010/09/29 05:36
こんばんは。
おかげさまで体調も良くなりました。
私の場合睡眠が一番のようです、普段寝てないからww
jintan
2010/09/29 21:19
コンチワ(^^♪   jintanさん

早く治って良かったですね。jintanさんはまだ若いからね。(爆

睡眠不足は、でも気を付けて下さい。体の免疫等いろんな作用に影響します。

でも、諸般の事情も分かります。寝ないで仕事してるんですね。

でも、クイズ締め切りの後に来てもだ〜めよ。(≧ω≦ゞ)ギャハ
恐妻家のミック&Keith
2010/09/30 12:53
こんにちわ^^
クラプトン&ジョージ♪いいですね〜。
しかしクラプトンはだいぶこの時と顔が変わりましたね。
いわれなきゃクラプトンだと気づかなかったと思います。
青い海
2010/09/30 14:35
こんにちわ(^^♪  青い海さん

初めは、私もアレーって思いました。クリーム時代の顔しか知らなかった
ものですから、あまりの変わり様に違和感を覚えましたね。

ギターもストラトキャスターでないですしね。でも演奏はやっぱ、クラプトン
ですね。当時26才の姿です。
恐妻家のミック&Keith
2010/09/30 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
一時の安堵に「和み」の曲を Luis Armstrong, George Harrison,他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる