Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春のそよ風にのって Olivia Newton John 「Physical」 「Xanadu」他 

<<   作成日時 : 2010/04/21 07:35   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

オリビアの登場は、ちょうど一年前に私の耳元で、天使のささやきがあった頃でした。今まで単発でしか公開してません。今回はたっぷりと堪能して見たいと思います。

彼女は、イギリス生まれでオーストラリア育ち。アメリカに進出した70年代初めは、カントリー系、その後ポップス、ディスコそして映画でも活躍しました。ピークは、80年代前半でしたね。結婚してしばらく音楽関係から遠のいて、再び活躍しています。

(注)ここで突然ですが、お断り申し上げなければならない事態が、発生しました。今回用意した動画は5曲。貼り付けを終えた後、再生できない事が公開直前に気づきました。かってなかった事です。

その後、20回近くに及ぶ動画の入れ替え、曲の差し替えで何分にも朝の作業の為、私も時間がなくなってまいりました。甚だ不完全ですが、記事を省略させて、このまま公開させて頂きたいと思います。誠に申し訳ございません。

「Let me be there」




「Have you never been mellow」:邦題そよ風の誘惑





「Pysical」フィジカル






「Xanadu」ザナドウ





「A little more love」邦題:愛は魔術師





(注)そよ風の誘惑は、以前公開と同じヴァージョン、ザナドウは違うヴァージョンとなってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
レコーディングでのギターがスティーブ・ルカサーであった事もあり、個人的にはフィジカルが一番印象に残っています。
私の中では前期を代表するのが別記事にも有った「ジョリーン」、後期が「フィジカル」って感じでしょうか。
ま、しかし、キレイですわな・・・やっぱり・・・

ところで、プリウスと気温の事について記事を書いてみましたので、よろしかったら覗きに来てください。
浦太
2010/04/21 10:20
今日Wa   浦太さん
早速のコメント有難うございます。
いや〜今回ほど手間のかかった公開は初めてでした。「ようつべ」のガード
非常に厳しくなりました。

音楽の方ですね。流石スティーブ・ルカサーの事良くご存知ですね。
「ジョリーン」は、日本だけのシングル発売でしたっけ。それと「ザナドウ」
「そよ風の誘惑」これでもう決まりっという感じがします。

彼女はもう61才、この事は右から左にスルーして、画像見る限り
ホンマ綺麗ですわ〜。ミニスカート姿初めて見られて嬉しいです。(笑)

この後、プリウス・リポート伺いに行きます。
恐妻家のミック&Keith
2010/04/21 12:26
こんにちは♪

・・・あれっ?布施夫人ってこんな顔だったけ?と思ったら・・・おほほ、ありゃ「ハッセー」だったわね!(失礼!

オリビア・ニュートンジョンって持ってないものだから知らないかなぁ〜?と思っても、知ってるものなのよね〜、コレが!
わたくしは、カントリー調の1曲目が一番いいかな?と思うんだけど。

っていうか、この頃すでに「Tバック」が存在していたのね!(笑)
とも
2010/04/21 16:47
こんにてぃっわ    ともちゃん
あれま、今日は早いお越しですこと。浦太さんが来てたからかなぁ〜?

ふんっ、本当はオリビアの美貌に嫉妬抱いているんでねぇ〜の〜?
でもね、確かに彼女がデビューの頃のカントリー。素朴で私も好きなんですね。

っていうか、Tバックいち早く取り入れたの、ともちゃんでねぇーの。
中学生からはいていたんでないの?まあ〜オマセな子。
恐妻家のミック&Keith
2010/04/21 17:24
毎度です。
オリビアは大好きなシンガーです。
私も、思い入れたっぷりな記痔を?ん・・・記事を、以前アップしましたね。
ところで、オリビアは、イギリス人ですぞ、幼い頃に、オーストラリアに家族で移住したんですがな。
個人的には、初期の作品、70年代のオリビアが好きですね。
特に「たそがれの恋 Don't Stop Believin'」がたまらんぞ。
mick
2010/04/23 12:39
ようこそお越し安    mickはん
そうでしたっけ!イギリス生まれのオーストラリア育ちで、てっきり・・・・

アカンですなぁ〜。国籍詐称は。
私も70年代半ば位までが、一番好きですね。
この後、段々ケバくなっていきますね。
最後で偶然にも、ミニスカート姿のオリビア発見しました。
もう言う事なしです。ハイ!
恐妻家のミック
2010/04/23 13:11
こんばんは

懐かしいです!そよ風の誘惑を聴いて洋楽にハマっていったんですよ。
ザナドウではジェフ・リンが作るメロディとオリビアの可憐さが相まって好きだったんですよね!

それがフィジカルでの変わりようにショックを受けてました。
桃太郎
2010/04/23 19:50
お早うさまです    桃太郎さん

そよ風の誘惑って、私もハマりましたなぁ〜。あの時の美貌、頭クラっと来ました。
確か高校生の時でしたね。
あの時のべっぴんさんNo1は、私にとって彼女でした。

ELOと組んだザナドウが、私にとってもピークでした。
フィジカルは、ビジュアル的にはレオタード姿も悪くなかったのですが、
何故か確かに終焉を迎えるような、そんな感じがしたのを覚えています。
そして、その通りとなったのですが・・・・・
恐妻家のミック&Keith
2010/04/24 06:45
今晩は♪

「LET ME BE THERE」は、ヘアー・スタイルが事業仕分けの蓮舫風、「そよ風の誘惑」は、私が学生時代付き合っていた聖子ちゃん風、「フィジカル」は、昔懐かしのホット・パンツ。

「ザナドゥ」は、ザ・ジャガーズの「キサナドゥーの伝説」?

訳のわからないコメントでスイマセン! 
Toshinosuke
2010/04/24 22:47
お早うさんです    Toshinosukeはん

「蓮ホウ風の髪型」ときましたか、キツイでんなぁ〜。80年代半ばに流行った
スタイルだったと思います。襟足を長くしてね。

「聖子ちゃんカット」は、もっと前髪垂らしていたと思うけど・・・・
って、そんなに可愛い子と付き合っていたの?あらまっ!隅に置けないわねー。
この〜この〜。

プッ!ジャガーズだなんて。私は北海道のミック・ジャガーですからね!
処で、親類のおばあチャンが亡くなり、昨日葬儀を終えました。1週間位
は喪中に入らねばと思い、更新は見合わせます。

そのぶん、あちこちコメントしまくりますので。ではでは。
恐妻家のミック
2010/04/25 06:57
恐妻家のミック しゃん 毎度
きょうは、大阪はええ天気でしたよ。
喪中ですか?
あし@は、2つのサイトから同時にログインできないようですね、多分。
mick
2010/04/25 18:44
今晩Wa−  mickはん

こちらは相変わらず低温続きです。こんな寒い4月は珍しいですね。
私の姉の夫の母が亡くなりました。87才でしたから大往生と言っていいと思います。
私の家とはあまりお付き合いが、なかったのですけど。
お通夜、告別式、焼骨と全部立会いました。正直疲れました。

処でURLを2つあれば、2つのサイトに足跡をつける事ができるもの
だと思っていました。複数のブログ持っている人って結構いますものね。
恐妻家のミック
2010/04/25 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
春のそよ風にのって Olivia Newton John 「Physical」 「Xanadu」他  Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる