Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS Letのつく曲 ビートルズ、ストーンズ、クラプトン

<<   作成日時 : 2009/08/22 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

ビートルズ=Let it be、ストーンズ=Let it loose、クラプトン=Let it rain。今回はこのライン・アップです。この三者が一同に顔を揃えるのは、これが最初で最期かも知れません。恐らく。

三者三様の個性とサウンド。私は皆好きですけどね。聴く側にとっては、どうでしょうか?賢明なる読者にお任せします。嫌なモノは嫌ですからね。

それでは、ビートルズ「Let it be」。解散前に出来た代表的名作。Yesterdayとともに後世に伝わっていく名曲でしょう。ただ、歌っているポールの顔に寂しげな憂いが感じられるのは、私だけでしょうか。





次に、ストーンズ「Let it loose」。これは72年アルバム「メインストリートのならず者」から。ストーンズ本来の持 つR&Bにゴスペル色を加えたもの。優れモノですな〜。

ミック・ジャガーのボーカルが、本当に円熟味、凄みを増し、聴く者にパワーを与えてくれます。逆にこのボーカルが、生理的嫌悪感を感じると言う人もいるのですね。しょうがないですね。





さて、最後はエリック・クラプトンで「Let it rain」。またゲリラ豪雨来たって、私のせいにしないで下さいよ。クラプトンのせいですよ。でも良い曲ですね、ブラッキーが吠える。

この曲は70年彼の初のソロ・アルバムからの1曲。70年と言えばあの不朽の名曲「レイラ」を出した時期でもあるんですね。この頃は様々な音楽を模索していたと言えますね。





この回で、「ラ」行を終わりにしたいと思います。次回より最終行「ワ」行になります。ワ行は、ワ、ヲ、ンですから、実質ワとオだけになります。余り長くならないですね。




レット・イット・ブリード
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:
好みの問題ではないで ...
文句なしの音色! 商 ...
文句なしのストーンズ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は♪

ポールが髭をはやしているのは、この頃だけではないでしょうか?髭面のポール、あまり見たことありません。当然、これは名曲です。
ストーンズは、「Let It Bleed」が来ると思いましたが、アフィリエイトの所で来てましたね。
クラプトンのこの曲、知りませんでしたが、若くてかっこいいですな!
「ワ」行は、何になるでしょう?
リリー・・・「私は、泣いています」?
Toshinosuke
2009/08/23 23:11
お早うさんです Toshinosukeさん
ポールの髭面ですか。記憶では68〜71年頃までですね。
Let It Bleedは軽いキャッチーな曲。
今回の曲は、繊細かつダイナミックな曲で、ストーンズ
でしかできないサウンド。
クラプトンの曲は、レイラに隠れてしまって、一般の人
は知らないかもね。
りりーは泣いている。私だって当家の大奥にいつも泣かされてるんですから。ビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!
恐妻家のミック
2009/08/24 06:53
いいえ、あなただけじゃないよ〜。昨日俺も『レット・イト・ビー』記事で取り上げててよく似た記事書いてた。ココ覗いてみて似た音楽の趣味の人いたんでうれしくなったよ。うちにも是非来てみて。
ロック仙人TF
2010/09/02 20:57
お早うございます  初めまして  ロック仙人TEさん

返答コメ遅れてすみませんでした。さて、私はStones>Beatles派なもんで
100%Beatlesと言うタイプではないのです。

その点、ロック仙人TEさんは、Beatles派タイプのような気がしました。
解散間近のポールの気持ち、本当の気持ちはポールしか分からないのでは、と後
に思うようになりました。
恐妻家のミック&Keith
2010/09/08 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
Letのつく曲 ビートルズ、ストーンズ、クラプトン Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる