テーマ:75年~79年

かなり渋いですが、まぁたまには良いかなと。。 音楽は David Sanborn 他

[追記] 7月2日のウェブリブログのメンテナンスにより、従前のブログ・スタイルが滅茶苦茶になりました。今のところ修復は不可能な状態であります。申し訳ございません。 又、私事ではありますが、今日7月10日より実質的に「抗がん治療」が始まります。自分の身体がこの先どうなるのか?抗がん剤の副作用とはいかなるものか?、不安を拭えません。今後…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

お疲れ様、稀勢の里。第二の人生はまだまだ長いぞ!早く結婚せい。 音楽は Jimmy Cliff 他

JIMMY CLIFF-I Can See Clearly Now 今回は私を散々泣かしてくれた稀勢の里の引退に対して、それと明日からセンター試験に受験する人達のためのブログ(一応そう思っている)。理屈なんか何もない。とにかく明るいリズムの音楽、クラシック・レゲエでした。 1曲目は93年のヒット曲、ジミー・クリフが映画「…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

正月明けですけど、経済も外交もグダグダ。今年1年本当に大丈夫か? 音楽は MADONNA 他

MADONNA-Holiday タイトルどおり明るくノー天気な曲。だけど大好きです。83年の彼女のデビューアルバムからでした。世は高度成長期の真っ只中、ウケたなぁ~この曲、ダンスも今見てもカッコいい。 WINGS-Listen to what the man said 2曲目は例によってポールの75年作…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

またも夜、眠れない一夜。今宵の気分は何故かビリー・ジョエル 音楽は Billy Joel

最近懐古趣味が続いてますが、更にもう一丁古いものを。(不眠が続くと思考力がなくなって、ただ気分だけでやっているもんです)。 理屈は何もない。ホント気分だけ。ビリー・ジョエルについては、ブログ仲間でカラオケの相当手強いヤツがいたのを思い出したのです。いつかカラオケ18番勝負をせねばと思いつつ、早や10年が立ってしまった。 ビリーの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

どうしても眠れないんですPartⅡ。気温4℃の寒さの中、頑張ろう!! 音楽は ELO

前回からたった1週間での更新、要するに眠れないからでありんす。思いついたのがELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)。4年程前に1度特集を組んだ覚えがありますが、その後皆無でした。きっかけはMobで面白いのを見つけたからなんです。どうせ今夜はもう眠れないから。かような次第でありんす。 開始早々くだける話ですが、YouTube…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋長く寒し、久し振りで渋い大人のAORは如何? 音楽は Chris Rea(クリス・レア)

コチラ北国は、例年になく寒いです。ハロウィン何て寒くてやってられんかった。という訳でエスプレッソ・コーヒーの様な感じのする、暖かみとコクのあるサウンドを持って来ました。まぁそのつもりなんですが。 昨日の夜なんですが、クリス・レアは既に公開済みだと思っていたのですが、今日調べてみると未だ未公開に気付きました。8年近く長い間やっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝起きたら女子Wカップはドイツ対フランスだった。アホな土曜の朝。音楽はFleetwood mac

間違えていた。日本女子のサッカーは日曜の朝だった。せっかく昨夜9時に寝て早く起きたのに、私がアホなだけでした。オホン、気を取り直して本題に、今回はフリートウッド・マック。なんとも懐かしい響きでありんす。 然し、今やドイツはEUのリーダーシップ、フランスは金魚の糞みたいなもの。私的にはフランスに頑張ってもらいたい。あのゲルマン民族っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWが終わりました、元気出してROCKしましょう。 音楽は Cheap Trick 他

今回は80年代後半の曲を主に、ココでは今まで登場していなかったBANDばかり。まぁ私の路線・函館本線とは言えないかも。載せて見るとキャラが濃い連中ばかりですなぁ。 今年の札幌の桜開花は4月22日で、例年より11日も早かったのです。私の近くの公園では、今正に満開の桜があります。日当たりが悪い所の木だったんですね、今年はずい分と長く桜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

未だ極寒の中で。ド忘れしてたアーティスト  Boz Scaggs 「Silk Dgrees」

今年の冬は寒い。本当に寒いのでありんす。まぁ、先月の12月から予想してはいましたが。チビしぃ~~。 日曜日に実家へ行った時、押入れで見つけたのがボズのアルバム「シルク・ディグリーズ」。何とも懐かしい名作アルバムです。ココではボズは、「We are all alone」1曲だけしか出ていなかった。76年の傑作アルバムと言えましょう。…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

不機嫌を通り越して。 音楽はRolling Stones 「Lies」 「Luxury」 他 

[副題]佳作は佳作なりに良いものと思われます。 「LIES」 今回はStonesの佳作を少しばかり。決して見劣りしないサウンドばかりだと思います。1曲目は78年の作品で、ストーンズ本来の持っているパワーにスピード感、ドライブ感を加えた優れモノ。 「LUXURY」 2曲目は74年の作品、…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

私は生憎ながら生きているのだヨ。「テーマ洋楽300回」 Bob Dylan,ABBA 他

どうも夏休みがチ~ト長すぎたようで、巷では「死亡説」が氾濫してる有様であります。私は元気に生きてます(猛暑のせいで元気とは言い難いですが)。ったくこの長~い暑さは一体どうしたことか?この北国でまだ真夏日が続いているではないか! という訳でブログ作りも、てんでヤル気がなかった次第であります。然しながら勝手に「死亡説」を言われちゃあた…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

たまにはフュージョンなども如何。 Crystal Green(Michael Brecker 他)

Stuffをご存知の方なら、このタイトルも知っているでしょう。日本人スタッフによる76年NY録音でした。そしてこの1作っきりでした。残念ながら「ようつべ」では、アルバム全6曲中2曲しかありませんでした。 メンバーは、マイケル・ブレッカー(sax)、エリック・ゲイルとコーネル・デュプリーが(gu)、スティーブ・ガッド(dr)、ラルフ…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

忘れたくない人達(フュージョン編) John Tropea(ジョン・トロペア)、ナベサダ

ジョン・トロペア彼は、70年代華やかし頃、ジョン・トロペイと呼んでいました。私の能書きより、先に聴いてみて下さい。素晴らしいギター・タッチが分かるはずです。1979年初のソロアルバムより、「You‘re my every need」 このソロアルバムの邦題は有名「再びあなたに触れることを」 彼は70年代~80年代にNY…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

師走の慌ただしい末に Janis Ian(ジャニス・イアン) Will You Dance 他

皆さん、お忙しい最中だろうと思います。チョットだけ手を休め、耳を数分だけでも傾けて頂けてくれれば、そう思います。又、パーツの足跡が絶不調のため、仲間の皆さんに訪問する事ができません。お詫び申し上げます。 今回は渋いとこで、ジャニス・イアンを取り上げてみました。1970年代半ばに洋楽を聴いていた方ならば、必ずや耳にしたことがあります…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

突然ですが、乙女心とは何時の世でも計り知れないモノです。 E・クラプトン 他

ココには、少数派ながら乙女心の方々もご覧になっています(一見さんがかなりのようですけど)。そこで、1度乙女心の方々の為に、日々の家事やお仕事、そして育児でお疲れの体に、何かしらのお役目を果たしたい。そう思ったわけです。 1曲目はChicagoで「Hard to say I,m sorry」素直になれなくて。男なんて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋の夜長は、まれにフュージョンなど如何 Stuff,Bob James,NABESADA 他

今回は、70年代後半のフュージョンを紹介しようと思います。メロディックで比較的分かり易い曲を選んだつもりです。初めて聞く方でも十分堪能できるのでは、そう願っているのであります。 70年代フュージョン界で、外すことはできないグループStuffで「Sun Song」。ご存知NYのスタジオ・ミュージシャンが集まった集団で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

今の旬はやっと生サンマ、音楽はまたもですがABBA 「Mamma Mia」 他

私はサンマが大好物。それも30センチ級の大型のモノ。こう書くだけで西日本の方々は退いてしまうでしょうね。大体サンマとABBAがどう関係があるのか?直接は関係ないですね。ただ間接的なだけです。 ABBAのメンバーはご存知スウェーデン人。彼らやノルウェー等の北欧の人々は良く魚を食べますね。鮭、ニシン、タラ等、私たち日本人と同じ魚を食べ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

正統派Rockです Free & Bad Company 「All right now」 他

暑さと寒さが交互に繰り返す、今日この頃ですが、皆さん方は体調大丈夫でしょうか?私はアホやから風邪など引きません。ここ10年間引いたことがないのです。異状体質になったのか? さて今回は、タイトルから察するように、あの渋いヴォーカリストPaul Rodgers(ポール・ロジャース)がメインとなります。若い方々にとっては、知らない人もか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more