お疲れ様、稀勢の里。第二の人生はまだまだ長いぞ!早く結婚せい。 音楽は Jimmy Cliff 他

JIMMY CLIFF-I Can See Clearly Now 今回は私を散々泣かしてくれた稀勢の里の引退に対して、それと明日からセンター試験に受験する人達のためのブログ(一応そう思っている)。理屈なんか何もない。とにかく明るいリズムの音楽、クラシック・レゲエでした。 1曲目は93年のヒット曲、ジミー・クリフが映画「クール・ランニング」の主題歌として歌ったモノ。ジョニー・ナッシュのカバー曲でした。クリアーで嫌みのない曲。↓のボブ・マーリーと同年代のミュージシャン。
Bob Marley-Is This Love やはりボブ・マーリーは外すことが出来ない。レゲエを70年代始め世界に知らしめたのが彼でしたから。音楽だけでなく、社会的・政治的な活動も有名でしたなぁ。然し、81年36才の若さで逝きました、腫瘍のせいでした。死後国葬されました。 曲は誰でも知っている、Is This Love。これが愛・これも愛・それも愛・・・・・・・・。1978年リリースの曲
BIG MOUNTAIN-Baby I Love Your Way こちらも93年のヒット曲で、彼らはレゲエ・バンドですが、この曲はピーター・フランプトン74年ヒット曲のカバー。 元の曲がシッカリしているので、レゲエにしても違和感がないですネ。 当地札幌は明日雪だそうです。本州から北大目指してくる受験生の皆さん方、レゲエの様な肩の抜いた音楽を聴いて、そのまんまの気持ちで望んでもらいたいです。それでは皆さんGOOD LUCK!!.
posted by 恐妻家のミック&Keith at 21:35Comment(6)

正月明けですけど、経済も外交もグダグダ。今年1年本当に大丈夫か? 音楽は MADONNA 他

MADONNA-Holiday タイトルどおり明るくノー天気な曲。だけど大好きです。83年の彼女のデビューアルバムからでした。世は高度成長期の真っ只中、ウケたなぁ~この曲、ダンスも今見てもカッコいい。
WINGS-Listen to what the man said 2曲目は例によってポールの75年作品の曲。軽快なリズムとポール特有の嫌みのないメロディー。当然ヒットしましたね。今日曜の朝明け方なんですが、ピッタシですなぁ~。
BONEY M-Rivers of Babylon
それではガラッと雰囲気を変えて、ドイツのディスコ・バンドでボニーMの78年の曲。この曲や他の曲もそうでしたが、彼らは地元ドイツやヨーロッパでヒットしました。もっと有名なのは「サニー」だったですね。
FLEETWOOD MAC-Go Your own way