テーマ:ポール・マッカートニー

正月明けですけど、経済も外交もグダグダ。今年1年本当に大丈夫か? 音楽は MADONNA 他

MADONNA-Holiday タイトルどおり明るくノー天気な曲。だけど大好きです。83年の彼女のデビューアルバムからでした。世は高度成長期の真っ只中、ウケたなぁ~この曲、ダンスも今見てもカッコいい。 WINGS-Listen to what the man said 2曲目は例によってポールの75年作…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

もう世間様には秋の風。ブログラムも今月末で終了かぁ。 音楽は Paul MacCartney 他

Paul McCartney-Hope Of Deliverance 軽快なリズムと例によって、ポールの素敵なメロディー。イイんですこれで。何せコチラ今朝の最低気温が9℃。寒っ!。まぁいつもの事ですけど、この時期は。チト待った、ニャンズ達にエサと水を与えるもんで。(*^-^*) この曲は93年の発売で、英米ではシングルヒットしな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プロトタイプ2018 春は遠いなぁ今日の気温5℃だもん。音楽は Paul McCartney 他

今回のプロトタイプは軽微の変更にしてみました。画面サイズを110%にしただけの事です。1に右目の病気・手術でも良く見えないこと。2に黙っていたのですが、3月でブログ10年目に突入したこと。そんな訳で久し振りにイジったものです。 この程度のイジリでは、違和感はないのではないか?。前の方が良いと言う意見が大勢ならば戻したいと思います。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

High!High!High! [お知らせ] Paul McCartney, Jigsaw, 他

LONDONオリンピックまであと8日となりました。様々な競技でも、より高くもっと高くが求められるものがあります。男子バレーボール何てオリンピックの出場すら逃がしました。あの日本が!。日本人並びに東洋人は元来背が低い。 最近の若い人は、背が高い。それでも欧米人よりまだ低い。私の孫の代に頑張ってもらわないと。 それでは曲おっと、…
トラックバック:0
コメント:70

続きを読むread more

「シリーズ第6弾」公開でっす。 忘れたくない90年代の曲 AEROSMITH 他 

東アジア黄海は正に「海の火薬庫」みたいなもの。然しこの国の街中では、クリマス・ツリーが華やかに色ずく、平和な国(良い意味でも悪い意味でも)。その最中、シリーズ第6弾を公開しましょう。ただ、多少の問題を抱えながらの見切り発車ではあります。その辺は後半に述べたいと思います。 90年代の曲とは言っても、10年以上前さらに20年近く前の曲…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

私の好きな Paul McCartney②は、今回は70年代で「Silly love songs」他

前回のポールは、80年代を主にしたものでした。数多くある、彼の曲で今回は70年代を少しばかり。とは言っても、私なりの選曲ですもんで、それなりではあります。 71年彼のセカンド・アルバム(RAM)。前作同様、殆ど多くの楽器をポール1人でこなしたアルバム。もう40年近く前になるんですね。 このアルバムから、日本でシングル・カット…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私の好きな Paul McCartney①は色々ありますが、今回は・・・・

ポール・マッカートニーは、このブログではBeatles時代も含めて結構出ています。但し単発でした。今回特集を組もうと思い立ちました。何せ膨大な曲数を抱えていますので。それで今回は第1集です。 しかし、頭痛くなりますね。曲の多さに。年代順に追っかけるのが一番簡単でしょうけど、そうは行かないのがこのブログの特長。ただ感性の趣くままが、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

何故か「マ」行でビートル3人が一緒に集まってしまった。「My Sweet Lord」他

Geoge Harrison「My Sweet Lord」、John Lennon「Mind Games」、Paule Mccartney「My Love」と旨い具合に、マ行で3人が揃い踏みとなってしまいました。 誰が大関で、誰が横綱なんて野暮な話はナシですね。皆同じビートルですもの。敢て「元」とは付けません。みんなの心の中にまだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポールを抜かすわけには・・・ Paul McCartney

さて、今回はアルファベットW。ジョージ、ジョンときてポールを抜かすわけいきませんよね。袋叩きにされちゃいます。そうですWingsの登場です。ポールファンの皆様お待ちどう様でした。 私にとって、ポールはメロディメーカーの天才かつ一人で楽器を何でもこなす天才というイメージがあります。Beatles 時代「ジョンとヨーコのバラード」の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more