テーマ:80年~84年

未だ極寒の中で。ド忘れしてたアーティスト  Boz Scaggs 「Silk Dgrees」

今年の冬は寒い。本当に寒いのでありんす。まぁ、先月の12月から予想してはいましたが。チビしぃ~~。 日曜日に実家へ行った時、押入れで見つけたのがボズのアルバム「シルク・ディグリーズ」。何とも懐かしい名作アルバムです。ココではボズは、「We are all alone」1曲だけしか出ていなかった。76年の傑作アルバムと言えましょう。…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

WildにRock on! 音楽は:Kim Wilde, Joan Jett, AC/DC, 他

今日の昼に、財布を落としていたのに気付いた(大した金は入ってない)。午前中はろくすっぽ仕事にならなかったし、慌てて帰宅。外は大雪で気象庁に又も腹が立つ。今回のブログこりゃあー荒れるぞぉ~。 まあ然し、読者にとっては何の関係もない事。私1人荒れているだけ。そうWildに迫ってみようか。皆さんRock onされるよ。(戦闘機等でミサイ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

抜け落ちていたBAND(80年) Blondie(ブロンディ) 「Heart of glass」 他

とうの昔に公開してたと思っていたが、抜け落ちていたBANDがこのブロンディ。前回のプリテンダーズの公開で判りました。70年代半ばから活躍し82年に解散したものの、98年に再結成して現在に至っています。 今回は勿論、79年80年の黄金期の曲を。このBANDは女性ヴォーカルのデボラ・ハリーの影響が強く、当時セックス・シンボルにもされま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋の夜長に、洒落たフュージョンはどうでしょう Neil Larsen(ニール・ラーセン)

Neil Larsenが一番活躍したのは、78年と79年に出したアルバム。キーボード奏者で、ギターのバジー・フェイトンと一緒に作ったサウンドはとても輝かしい一時期でした。彼は現在でも活躍してる息の長いアーティスト。 78年の作品「Sudden Samba」 上と下の曲は、同じアルバムからですが、ドラムがアンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカルやら映画やら Donna Summer 「アルゼンチンよ泣かないで」 他

別段、ミュージカル・ツーでも映画ツーでもない私なので、ファンの方には失礼に当たるかも知れません。その辺を承知した上で、先に進んで頂ければ幸いです。 実は、又というか例によってというか、朝帰りによってゆえにまだ酔っチいます。多多ご無礼ありきはお許しください。 さて、1曲目はミュージカルEvitaの中のヒット曲で、原題「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more