チチチ・レレレ・ビヴァ チレ! 地球の裏側は熱いぜ 音楽はSHAKIRA

タイトルを英語表記にすると、Chi Chi Chi Le Le Le Viva Chile!。そう日本の地球の裏側、あのチリでの救出作業において、地上に上がって来た人への歓喜の発声でした。意味合いとしては、ニッポン・チャチャチャと同じ様な事だそうです。 何故今回、この話題を取り上げたかと言うと、あの33人の中に私が居たとしたら、自分は発狂して死んでいたと思うのです。私は閉所恐怖症のキミがありまして、あのシェルターで70日もいるなんてとても考えられない事です。 ですから、あの33人の方々全員に、心から賛辞を送りたい一心で今これを造っている訳なのです。最悪の環境下で、それも食料が僅かで、やはりリーダーたる人がその責務を見事にこなした結果でしょう。私なら2~3日しか持たなかったと思います。 メディアは「奇跡の救出劇」と言う。私はその言葉を適当とは思わない。周到な計画、しかるべき準備のなせる事だと考えています。そして何にも増して、彼ら33人の気力、体力、忍耐力かつ運も。最大限のアッパレを送りましょう。 そもそも、あの鉱山は「銅」の鉱山であり、いわば日本との関係もあると言えるのです。日本の「銅」の輸入の1/3がチリからの物なのです。一番身近なのはやはり「硬貨」でしょう。10円硬貨等殆どの硬貨です。 このマリオさんのパワフルさ、恐れ入りました ----------------------------------------------------------…

続きを読む

そろそろ新譜が聴きたくなってきました Vanessa Carlton(ヴァネッサ・カールトン)

冒頭からお詫びを一言述べなければなりません。ここのブログの特長であったワイド画面による音楽再生が難しくなって来たのです。「ようつべ」による圧力の為です。従来の方法が不可となってきました。 さて、ヴァネッサですが、2002年22才の若さで「A thousand miles」のヒット曲を出しました。この曲の良さもさることながら、PVの斬新さ面白さに思わず目が入ってしまいました。 オフィシャルPVは残念ながら、「ようつべ」のページが介入しています。ついでにLiveも加えて2曲にして見ました。 どういう分けか、公開後「ようつべ」の干渉を受けていませんでした。また不思議な事です。 彼女の出世作「A thousand miles」 2007年のシングルで、面白いことには全曲のPVの続編みたいな形「Nalita Fairytale」 また2002年の曲に戻って「Ordinary day」。彼女は、デビューしてから8年で4枚のアルバムしか出していません。ブランクが長い方ですね。今年で3年のブランクになります。そろそろ新作が出るのではと、思うのですが。

続きを読む