She was dead!ディスコの女王と言えば Donna Summer 「Hot Stuff」他

ドナ・サマーが亡くなった。まだ63才だと言うのに、ガンだったそうです。ココでも初期に2回ほど取り上げて、かなりのアクセスを頂きました。私はあまりディスコにハマッた方ではないのですが、彼女とABBAは別格でした。 最近、若い方や中堅そしてドナみたいなベテランが、次々亡くなれて気が重くなります。このドナの命日に最低限ではありますが、私のブログを記録として残しておこうと思い立ちました。1978年からの彼女のヒット曲、今一度聴いてもらいたくて。 「Last Dance」 「Hot Stuff」 「On the radio」 「She works hard for the money」
posted by 恐妻家のミック&Keith at 17:10Comment(64)

ディスコの女王と言えば ドナ・サマー「Last dance」「On the radio」

さて、今回はドナ・サマー(Donna Summer)何だか最近、日替わりで年代もジャンルもあちこち飛び回っていて、精神分裂状態。その日の気分がころころ変わって行くのは、何故だろう? そんなの関係NE-と言う気分ですが。取り乱してすみません。さあ本題に。70年代半ばには、世はソウルからデ ィスコへ。公開するLast danceは78年、On the radioは79年発表の作品。まだ高度成長経済のさなかでした。 私みたいなロックン・ロール小僧にとって、ディスコとはある一種異様な空間に思えました。しかし、アバやドナ・サマー等確かに良い曲もあったのは事実。 今思えば、時代が混沌の真っ只中に入る入り口に踏み込んだ時期だったのか、とも思えたりするんです。
(当初の動画は削除されたので代替を入れてあります。) 1曲目は、78年のプロモ・ビデオ。2曲目は90年スペインでのLiveです。髪の毛は染めたものです。えっ?何故ホット・スタッフを入れなかったのかって。 う~ん、難しいですなー。大ヒット曲イコール私の推薦曲とは限らないんですなー。こうも言えます、大ヒット曲イコールこのブログに釣り合わないとも。チョッとくせのあるブログ、理由になってない。 ドナ・サマーは、昨年9年ぶりにアルバムを発表しました。もうと言うかまだと言うか、彼女60才超えました。後者の方ですよね。きっと。でも私まだ聴いてないんです、すみません。 この年になって、改めてディスコを聴いてみると、懐かしいですねあのドラムのリズム。あのリズムだけで聴いていた感じでした。私の場合では。
ホット・スタッフ~ドナ・サマー・グレイテスト・ヒッツ
ユニバーサル インターナショナル
ドナ・サマー

ユーザレビュー:
ホット・スタッフ?ド ...
“Queen of ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
ドナ・サマー/バッド・ガールズ+10〈デラックス・エディション〉
アサヒレコード
ジャンル:ソウルアーティストカナ:ドナ.サマ?アーティスト:ドナ・サマー商品名:バッド・ガールズ+1

楽天市場 by ウェブリブログ
posted by 恐妻家のミック&Keith at 07:54Comment(4)