残るは2回となりました Lynard Skynard,Saturday night Special 

本シリーズもルール上(184曲の公開)あと2回となります。シリーズ開始後4ヵ月以上経ちました。無意識の内でしょうかマンネリ化が考えられます。それは、この1ヵ月のアクセス状況が示していると思われます。 シリーズ第3弾も、この辺でお開きが妥当でしょう。この先は、最後の回で述べたいと思います。 さて、本題に入りましょう。今回は正統派ブルース・ロック、サザン・ロックの雄「レイナード・スキナード」です。昨年4月に1度1曲公開してます。下の関連テーマを参照して頂ければ幸いです。 今回のLiveは、いずれも屋外でのもので、1976年のあの絶頂期のLiveです。1曲目は、「Saturday night Special」。古い話ですが、バート・レイノルズ主演の映画「ロンゲスト・ヤード」の挿入歌に用いられました。 ボーカルは、ロバート・ヴァン・ザントと言う者ですが、決してウマいとは言えない。今回の画像では分からないのですが、彼らの特長はトリプル・ギター。それぞれがソロをこなします。 2曲目は「Gimme three steps」。どうしても、ロックン・ロールを好む私の悪い癖。でもゴキゲンな仕上がりのロックン・ロールですね。 3曲目は、73年デビュー・アルバムからの初のシングル・ヒット。10分超の大作です、飽きたならばその時点でストップした方がよろしいでしょう。 76年に彼らは、2枚組のLiveアルバム「One more from the roa…

続きを読む

今後もご愛顧を 「 Lynyrd Skynyrd-Sweet Home Alabama-1976」

よろしくお願い申し上げます。 さて、一段落した所で、今回のお題アルファベットのLです。真っ先に浮かぶのは、Led Zeppelin ロック界の巨星とまで言えるかも。 これを避けて通るのは勇気がいるなあ。う~ん、でもヤッパ違うのにしよう。(ツェッペリンのファン敵にまわすなあ) Leon Russellなんかシブイし、Linda Ronstadtは昔可愛かったですネ。 で、選んだのは、マイナーなグループ。Lynyrd Skynyd 注目すべきはトリプルギター。アメリカ南部のサザン・ロックと言われ、表面的な活動期間は73~76年、と言うのも76年10月に飛行機の墜落事故でボーカル他主力メンバーが亡くなってしまったのです。その後ボーカルの弟がバンドを結成しています。 74年のヒット作 「Sweet Home Alabama」 76年のLiveですが詳細は分かりません。 ひとり言です。先日レポートを見てやっと見方が分かりました。このページに訪れる方々は殆どRSSリーダーを使用 されてるんですネ。確かに便利ですから。 う~ん、そうですかー。 あ、それとリクエストのある方、コメントでもメールでも受け付けています。但し動画とマッチするかがですが。 人の意見に弱いんですよねー私って。

続きを読む