えっ!キース・リチャーズがアルコールを辞めたって? 音楽は Rolling Stones

Winter Openingは「Winter」、ズバリその物で面白みがないでしょうか?。処でストーンズのギタリスト、キースはこの1年間アルコールを本当に辞めたそうです。聞くところによると、「もう十分飲んだから、辞めることにした」。そうです。74才にして酒を断った分けですネ。う~ん私はどうなるのだろう?。血液検査では肝臓の数値がいつも悪いからなぁ。他に楽しみと言えばニャンズ達…

続きを読む

これが本線! 軟弱ならんと欲す!。 音楽は CCR、Rolling Stones

今回は二部構成で、今日はOLD ROCK。次回は・・・・次回は・・・・・まだ決まってません!。然し、1週間以内に発表しましょう。お約束致しましょう。オホン。 今日はストーンズが入っていますが、これだけで「直帰」する方・・・・結構だと思います。又RSSリーダーを見て無視する方も結構でしょう。 さてこれ以降付き合って下さる方は、大変貴重な方々でありんす。皆々様方にこれからでもお歳暮をお送りし…

続きを読む

体調絶不調につきパワーを注入したいと思います。 音楽は ROLLING STONES

また1カ月も空けてしまいました。大体が、期待とか願望は得てして裏切られる物でありんす。 直近では、今行われている秋場所の”稀勢の里”!。ったく初日から2連敗して、このオタンコナス!!。 そして今朝では、ダルビッシュが7失点2HRの有り様。体が良くならない分けだぁ。 さて今回は久し振りでストーンズ。ココのページ開いてタイトル見て直帰する方々の多さが想像できます。致し方ないのですネ。今…

続きを読む

久し振りっ子で本線に戻らせてもらいます。音楽は70過ぎのジジイでRolling Stonesだわす。

久し振りで今晩わんこ。ウェブリ・ブログももう私を見捨てたのか、記事類が正確に反映されていない。まぁストーンズの記事だから、世間様の風も冷たいのでしょう。然しPCの調子も変だ。最後まで行けるのか一抹の不安がありんす。 今回思い立った理由は、キースが久し振りにソロアルバムを発表したためです(一番最後の曲)。その前に昔のミックがソロで出した曲も少々。そう言えばストーンズの初来日より2年前、ミック…

続きを読む

6月はある意味コチラでは最も華やかでありんす。 音楽はMandisa「Overcomer」

6月の10日からコチラ札幌では、よさこいソーラン祭りが始まり14日までです。そして14日からは北海道神宮祭(札幌まつりとも言います)が16日まで続きます。めったに梅雨がないので、この時期ビールがメチャ旨いのでありんす。 But私にはよくない話が、大学時代の友人が「癌」で入院したとの事。身長が180㎝以上あって、ガタイもがっしりしてた奴だったのですが・・・・。然しアイツなら大丈夫だっ!余命半…

続きを読む

3カ月のブランクで大変恐縮です。が、又もやRolling Stonesでありんす。

今回はストーンズの中でもマイナーネタです。例によって興味のない方はスルーした方が宜しいかと思います。 ミック・ジャガーは70才を過ぎても、あんなにもシェイプアップした体型。私のこの小腹はどうしたら良いのか? てな事は、あまり気にしないで進めましょう。(内臓脂肪は中々取れないものです)。 1曲目は今さらの感じもしないですが、大事なのはテイラー・スウィフトとストーンズが共演した事実をココの…

続きを読む

Paul MacCartneyにEric ClaptonそしてRolling Stonesだってさ!

不意に突然のブログ更新。まぁ気にせんといて下さい。誰にでも諸般の事情と言うものがあるもんです。(ただサボッていただけですけどネ)。 さて昨年11月に久し振りにポール・マッカートニーが来日公演をしてくれて、ビートルズファンは大喜びだったそうで。私の友人で静岡にいる奴までもが東京ドームに行ったとの事で、奴はS&Gの大ファンだったくせに。 そして現在は、エリック・クラプトンが来日公演の真っ…

続きを読む

THE ROLLING STONES 2013  feat MICK TAYLOR

お久し振りで今晩わんこのストーンズの公開であります。スルーされる方は今の内にされて下されにゃんこ。 ご承知の方も多いでしょうが、ストーンズは7月13日で英国・北米ツアーを終了させました。5月末から始まって少々こじんまりで、公演回数も10数公演でした。(ミック・ジャガーももう70才ですからね)ツアー・タイトルは「50&Counting tour」。 書くべき事はいっぱいあるのですが、私…

続きを読む

さすれば軟弱ならんと欲す! 音楽は Rolling Stones 「Memory Motel」 他

今回はストーンズの公開です。予め申して置きますが、お気に入りでない方はスルーが宜しいかと思います。 ココも4年目に入った分けですが、どうもピリッとしません。「継続は力なり」とは有名な言葉です。然しココの場合その言葉は合致しないでしょう。 今までの経験上、4年目半ばで多くのブロガーが中止ないし辞めた方々がいるのを知っています。やはり1つの山場なのでしょう。然し、不規則であっても私はまだ辞め…

続きを読む

あけおめ、謹賀新年。新春1発目は言うまでもなくRolling Stonesでっす!。

元旦午前0時発信とは難しいものです。昨年も見事に失敗しました。アクセスが集中してパソが固まりました。 今回はフライングでやろうかと思います。(公開時間については、余りツッコマないで下さい)。 さて、今年はヘビ年。長い物に縁があると言います。またincomeにも大きな期待ができるそう。 今回は久し振りに、MAX画面を持って来ました。これには立ち上がりが重いと言う言葉もあります。今…

続きを読む

不機嫌を通り越して。 音楽はRolling Stones 「Lies」 「Luxury」 他 

[副題]佳作は佳作なりに良いものと思われます。 「LIES」 今回はStonesの佳作を少しばかり。決して見劣りしないサウンドばかりだと思います。1曲目は78年の作品で、ストーンズ本来の持っているパワーにスピード感、ドライブ感を加えた優れモノ。 「LUXURY」 2曲目は74年の作品、ミック・テイラー在籍の最後のアルバムから。レコードに針を落と…

続きを読む

Rolling Stonesにバッキンガム宮殿は似合わない?(当たり前でショッ!)

一応今回のネタに係ること(エリザベス女王即位60年)で、テンプレートを「花火」にして見ましたけど。(単一記事のみの場合) 言わんとするのは、バッキンガム宮殿前で行ったコンサートについて、大物ミュージシャンはポール・マッカートニー、エルトン・ジョンそしてスティーヴィー・ワンダーしか居なかった事。(オカマでも良いんですね、この場合) ストーンズは、勿論お呼ばれされなかった。(チョッと期待もあった…

続きを読む

引き続きで恐縮ではありますが 「Satisfaction」「Time is on my side」 

予め申し上げて置きますが、今回の更新は私の意志によるものではありません。ブロガー友の諸星輝々さんこと、ももPAPAさんの再三に渡るリクエストによるものです。私は「Satisfaction」をこんな形で出すとは思わなかった。初めての公開なのに。 「Time is on my side」は一度公開済みであります。又出て来るとは思わなかった。でも、ももPAPAさんの気持ちも分かるんです。大の愛犬…

続きを読む

Rolling Stones with Mick Taylor 「Shine a light」 他

公私に渡る諸般の事情により、2週間もブランクを空けてしまいました。すみませんでした。(4年もやっていると、チョクチョクあります。)で、今回は原点のストーンズです。その中でもマイナーでマニアックなテーマです。ストーンズを望まない方は、スルーした方が宜しいかと。 ミック・テイラーは、ちょうどリアルタイムで聞いていた年代です。中学~高校にかけて、年代的には1969年~74年まで。ストーンズの真の…

続きを読む

真夜中の徘徊者と悪魔を憐れむ歌  Rolling Stones

毎度ストーンズですが、今回の2曲はこの機会を逃すと、もう当分の間出せない懸念があったのです。そう2月中に出したかった。あの3・11よりかなり前に出したかった。ストーンズ嫌いの方はこのままスルーして下さい。 (注)1曲目は12分、2曲目は8分ととても長い演奏です。どうぞゆとりのある時間に視聴して下さい。 Midnight Rambler(真夜中の徘徊者)2006年さいたまスーパーア…

続きを読む

久し振りな90年代、 音楽はWilson Phillips 「Hold on」 他

年明けが過ぎ、寒の入りであります。今日は新春第一週で「花金」、誰もが新年会で浮かれているはずなのに、私は一人ブログ作り。これには当然訳がありんす。訳については、後に説明しましょう。 90年代ホントに久し振り、昨年は2000年代が多かったですね。然し1990年と言っても20年以上前の事、古いことに感じられます。1曲目に持ってきたのが1990年Wilson Phillips「Hold on」。…

続きを読む

新春1発目は妥当な所で、やっぱStonesでしょっ!。「Wild Horses」 他

A HAPPY NEW YEAR!! 今年は辰年ですよ、登り竜になりましょう。 さて今回の画面、遂にやったかと言う感じ。んっ?禁じ手か。又は納豆に砂糖を入れる?(これは東京、神奈川ではあらぬ事だそう)。私のノートPCは、15.6インチであります。これより小さな画面では、画像が全部映り切らない。では20インチの方はどうだろう。チト怖い。 「Wild Horses」 …

続きを読む

今日はStonesのブルースな気分「Love in vain」「Ventilator blues」他

当地では、日中の最高気温が15度Cにも満たなくなって来ました。こんな時Stonesのどっぷりした黒っぽいブルースに浸みるのも良いのでは、と感じられるのでした。パワーを得る人。又は嫌悪感を抱く人、それはそれで結構毛だらけ猫灰だらけ。 ミック・ジャガーのヴォーカルは、年々凄みを増していった。そんな時期の曲を持ってきました。第二次新生ストーンズの頃ですね。ブライアン・ジョーンズ亡き後、ミック・テ…

続きを読む

久々に格好イイかもなサウンド Diesel 「Sausolito summernight」 他

Dieselは、はっきり言ってインディーズ・バンドと言えます。78年にオランダで結成され、そこそこ当たったのがタイトル曲「Sausolito summernight」で全米TOP40の25位まであがりました。80年のヒット曲ですね。 その後、解散や再結成を繰り返しましたが、2007年以降の活動は見当りません。と言うのも死んでる人が多いのですね。この曲のインスピレートは、ブロガー仲間のペリち…

続きを読む

台風12号よ早く消え去れっ!と云う訳で Rolling Stones 「Jumping・・・・」 他

本来ならば、今日ココでストーンズが登場する出番ではなかった。ここ3日間ずぅーっと雨・風にさらされ、私はうっとぉーしい気分。やはりストーンズで台風払いを頼むしかなかったのです。 話は全然変わりますが、ダブの固形石鹸は常用してる方は別として、よそで使って家に帰ると、問題になった覚えないでしょうか?あの石鹸の香りってかなりの時間引っ張りますね。私はあらぬ嫌疑をかけられました。確かに自分でも臭うの…

続きを読む

早く雪を解かしてくれっ、Stonesよ! 「Tumbring Dice」 他でっす。

ここ数日3月だというのに、全く寒い日々です。今日も真冬日(最高気温が0度に満たない)と言うこの寒さ。ココは1つStonesの熱気溢れるパワーで一気に、雪を解かしてもらいたいものです。私は肩がいたい。まあこれは50肩ですが。 それでは、早速音楽に。72年のヒット曲でキースのギターがRollする「Tumbring Dice」。雪ころがしはもうイヤですねぇ~。これは2003年のライブです。 …

続きを読む

今年最後の締めは、やっぱRolling Stonesで 「Time is on my side」他 

昨年のラストはBeatlesでした。従って今年がストーンズなのは、ブログタイトルを背負っている以上、無理でもない話。但しロックン・ロール以外の曲を選んで見ました。彼らももう70才近い年、こんなに長い間現役でいれるなんて、誰が想像できたことでしょう。 早速曲に、1曲目は昨年ブログ開始の時、1度公開しました。その目的は「アンチ・ストーンズ派」の方々に是非聴いてもらいたかったから。その思いを1年…

続きを読む

ミック&Keithは少々お疲れ気味 「Throw away」「You got the silver」

日曜の昼下がり、やっとベッドから這いずって今PCの前に向かっています。では始めるとしましょう。別にミック・ジャガーとキース・リチャーズが疲れている訳ではない分けで、この私が疲れているのです。不節そうな日々のせいで。 せっかくミックとキースの名前が出た訳で、彼らのソロでの活動を紹介してみましょう。然しながら、80年代半ばミックがソロアルバムを出したお陰で、キースは激怒しストーンズの存在も危う…

続きを読む

気が付いたらオーバー200でした。やっぱストーンズで「Under my thumb」 他

このブログの左項目に目を向けると、「ブログテーマ洋楽」が既に200を超えてるのが分かりました。ただ淡々と更新し続けた結果なのですが、やはり一応区切りをつける形で、今回はストーンズにしました。 今回はストーンズの原点である渋い60年代を、取り上げて見ました。奇麗所なら真矢みきさんに行くでしょう。え~これは私観であり、大奥がなのでほっといて下さい。画像について…

続きを読む

もう夏休みは終わりだ!ドッコいRock‘n Rollは生きている Rolling Stones

当地の小学生は、夏休みも終わり2学期が始まっている。(北国の夏休みは短いのです)。 「ちょっとアンタ、いつまで怠けているの。喝入れてやるわっ!」ワォーン!尻に蹴り入れられた!イテェーーー!。 と言うのは先ほどの出来事。ったく体育会系人種かつ肉食系女子って残酷極まりない者である。 と言う訳で、久しく休眠から目が覚めて、何の脈略もなくRock‘n Rollで2学期を開始するのです。この猛暑…

続きを読む

梅雨明けの猛暑には4強Rockで Beatles,Rolling Stones 他

極めて不定期なブログ・アップとなってしまいました。それと言うのも長年の持病の悪化によるものなんです。広義の意義による自律神経失調症。だけどRockを聴くのは止められません。 今回は暑気払いに選んだ曲。1曲目はおなじみBeatlesで、楽器ではなくポールのヴォーカルが絶品の曲。ラストアルバムのアビーロードからの1曲。聴くにつけ彼は、やはり天才の部類だと思いますね。 Be…

続きを読む

喪中明けです!ってやっぱりストーンズで、「Jumpin Jack Flash」 他

実際、長く暗い1週間でありました。身内で葬儀があったのです。が然し、そうこう言ってもいられない。298円の弁当でも食べながら、新たなスタートは、やっぱりストーンズしかないのです。私の場合は。 一体今まで何回聴いて来たことでしょう。「Jumpin Jack Flash」数ある動画から選んだのは、69年USツアーを撮った映画「ギミー・シェルター」からの1曲。Mick26才、新人のミック・テイラ…

続きを読む

ブログ1周年② やっぱりストーンズで 「Heart of stone」 他

とにかく、1年が経過した。ホワイトデーも役目を終えた。前回の続き②です、何を書きたいのか?と言うと、結論からすれば、「行ける所まで行ってみよう」。それしか表現できないのです。 遠い先なんて、考えられません。取り敢えずの音楽ネタはまだ残っている。従って、このまま淡々と進める事にしましょう。このような区切りは、やっぱりストーンズなのです。ブログタイトルを背負っている限り。 今回は、ストー…

続きを読む

シリーズ3弾の最終回は、やっぱりストーンズで「Honky Tonk Woman」 他

最終回に当ってのご報告は、後記に示すこととします。 2002年のコンビレーション・アルバムに入れられた曲。ミックのソロアルバムに入れても不思議でない曲ですね。 ミックとキース、チャーリーの3人が、私の所に詰め寄ってきて言うには、Don‘t Stop 止めるな! 私は止めない!ただシリーズ終了の区切りを付けるのです。 ニッキー・ホプキンスの華麗なピアノから…

続きを読む

やっとストーンズが③ 正月だもの名曲やっちゃえ!「Start me up」他です!

エンジン点火!! 正月三が日にして、ストーンズがやって参りました。ブログタイトルからしてまあ当たり前の事なんですが。 (注:当初の動画は、途中で画像及び音声が途切れるため変更しました。Live in アルゼンチン 1995です。) この曲が始まると、皆一せいに喚声が大きくなる名曲。キースなんて無茶苦茶ギター弾いている。「Start Me Up」 この曲当初はレゲエ風だ…

続きを読む