シリーズ最終回「ワ」行、カーペンターズ、ワム、アバ、ストーンズ、ビートルズ、

<シリーズ最終回にあたって> 今回のシリーズでは、今まで139曲の動画を公開しています。前回では36曲、併せて175曲この半年間で公開した事になります。この中での問題は、動画の無効または削除です。 私は、ブログ作成よりも、過去記事を1度全て見直し、修復すべきものは速やかに処置するものと考えています。それが、本シリーズを早く最終回につながった訳であります。今後の事は後記に示します。それでは、いつもの通り音楽に進みましょう。
Beatles:邦題「愛こそは全て」。金こそは全てと言う方、その気持ち分からなくもない。いやいや違う。一体どっちなんだ?両方とも大切、としか言い様がない。 この曲子供の頃、衛星中継テレビとかでおぼろげに見た事あるような。然し当時は白黒だった。何でカラーなの? って調べたらコンピューター処理によるカラー化だそうでした。 67年に発表されたこの曲、すぐさま英米1位に。分からないのは、イントロでなんでフランス国家なのか。詳しく調べてません。それとギターの下手な事、もう少しマシにね~。
Carpenters:邦題ふたりの誓い。録音は70年ですけど、71年のヒットで、ゴールド・シングル。私この曲よく聴くんですけど、余りよく知らないのです。 カーペンターズの曲って、奇麗なメロディとカレンの歌声で満足しきっちゃうんですね。余り深く考えないのです。気持ちよけりゃそれで良いじゃないか、と感じます。
アバの実質上、最後のビッグ・ヒット80年「Winner takes it all」。アルバム「Super Trouper」より。またまたアバなんですが、良いものは良いのです。 80年と言へば、グループ内もギクシャクし始めてきた頃。76年の「ダンシング・クイーン」がやはり絶頂期だったのでしょうか。二組の夫婦も結局分かれることに。 83年実質上ABBAは解散しましたが、外部では色々な動きがありました。一番近いのが、ミュージカル「マンマ・ミア」でした。映画化されてきたのは今年でしたね。 アバの曲、メロディーもカーペンターズ同様、これから先もいつまでも引き継がれて行くものでしょう。
ワ行でWAMが出ないとは、理不尽な話。でも、短期間の存在だったから知らない人もいるかも。確かに81年学生バンドから始まって86年に解散は短い。 アルバムもベストを含めて5枚しかない。然し良い曲あります。84年発表「ケアレス・ウィスパー」。これは、ジョージ・マイケルのソロ名義になっています。
最後はガラっと変わって、ストーンズ快心のロックン・ロール。72年「オール・ダウン・ザ・ライン」締めはやはりストーンズでした。 嫌いな方はスルーしてどうぞ。私には天国のロックン・ロール。ミック・テイラーのギターは、今回で2度目。サキソホーンの切れも最高です。 =============================================== 後記 この後、すぐに過去記事の修復作業に入りますが、それから先はまだ白紙の状態です。可能性としての案は、ありますが、現実性はどうでしょう。 読者の方々には、よりよいブログをと年頭に考えつつ、本「ルート66」シリーズの幕を降ろさして頂きたいと思います。 皆様方には、くれぐれもお体大切にして頂き。このブログ再開までチト時間をいただきたいと存じ上げます。ご愛顧の程誠に有難うございました。  
posted by 恐妻家のミック&Keith at 16:31Comment(6)

Allのつく曲 Genesis「That,s all」」 Heart, Celine Dion 

Genesis83年のヒット曲でした。場所はイギリス・ロンドンのウェムブリー・スタジアム。追記:当初の画像は削除されました。1カ月もたたないのに。就いては動画2回入れ替えました。(30/09) フィル・コリンズのファンって、今だに「ジェネシス」時代の方が良いと思っている人いるんですね~。確かに在籍は、70~96年と長いですけど、80年以降はソロの仕事が際立っていますね。 ソロでの彼の活躍ぶりは、80年代をリードしたと言っても過言ではないでしょう。数々のヒット曲連発しましたもの。 処で、個人的な話なんですが、かれの作曲能力、ボーカルは大好きです。然しはっきり言って、あのドタン・バタンのドラムは、私の嗜好に合わないのですなぁ。いやはや。 07年休止していた「ジェネシス」は、再結成をし、コンサート活動を始めます。さすがにフィル・コリンズもキーを低くして歌っていますね。
90年アルバム「Brigade」からのヒット曲。この85~90年頃が、このグループの黄金期とでも言えるでしょう。実 質ウィルソン姉妹を中心としたグループ。 他のメンバーは、案の定出入りが激しかったですね。でも活動期間は、76年~現在までと長いですねー。この頃 のサウンド一番好きですね。 ポップでキャッチーな曲。そしてゴージャスな雰囲気。言う事ないです。やはり女性は華がないとね。
最後は、セリーヌ・ディオン。このシリーズ3回目の登場ですかな?このようなシットリ系はだめですかな?私オジさんは大好き。 この曲は、97年のヒット曲。従って彼女29才の時のビデオ。美しい~。そうか~私と一回りも離れてないんだぁ。 何アホな事書いてるのでしょう。失礼致しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 後記 突然ですが、次回をもって本「ルート66シリーズ」終了にしたいと考えています。短い間でしたが、ご愛顧有難うございました。 ネタ切れだとかヤル気がなくなった、と言う事ではありません。既にもう百数十曲を超えた動画に、無効ないし取り消しがかなり存在する事が分かってきました。 私としては、この修復作業に早く取り掛かりたい所存であります。この修復の後、また次のシリーズないし新しいブログ作成を考えたい、この様に今思っています。 事情ご斟酌の程、ご理解頂きたいと存じ上げます。 2009年9月1日 恐妻家のミック
posted by 恐妻家のミック&Keith at 07:44Comment(4)

Worldのつく曲 M・ジャクソン、バッキー・コビントン、スリー・ドッグ・ナイト

私と同年代である彼の急死は、自分自身にも相当応えたのは事実。他のブロガーが、こぞって記事にしているの を見て、私にはその気になれませんでした。 そもそも、マイケル単独での公開は、このブログでは始めて。それも1曲だけ。元来構想はあったのですが、止めました。特集としてチャンとした記事を作らねば。 画像は、93年アメリカのスーパーボウル(アメフトの決勝戦)でのハーフタイム・ショー。曲は「ヒール・ザ・ワールド」 92年の大ヒット曲でした。子供達沢山引き連れて。感動しますね。 彼は世間から、とやかく言われましたが、気のやさしい人だったんですよ。そう信じて止まないのです。
さて2曲目、イケ面の新人です。嫌味のない爽やかなカントリー・ロック「ア・ディファレント・ワールド」07年のヒッ  ト曲。彼に関しては、新人なものですから情報が少ないです。 彼の出世は「アメリカンアイドル」国内で昔あったスター誕生みたいなものでしょうか、ここでファイナリストとなり、レコード会社と契約、発売となったのです、Bucky Covington。 ルックスGoodですね。昔の私みたいです。え?ウソこけ?相すみませんでした。
それでは36年BACKして、Three Dog Night「Joy to the world」邦題:喜びの世界。イントロのエレクトリック・ピアノがガツーンと来て、5回持たずにKO負け。 ギターがメインでない曲で、ここまでパワーがあるのは珍しいですね。全米6週1位にもなりました。この曲大好きなんですけど恨みもあります。 ストーンズの「ブラウン・シュガー」を全米2週1位で蹴落とした憎い曲なんです。彼らの説明入ります?それでは、チョっとだけ。68年~76年までが第一期。 1度解散して81年に復活、現在に至る。7人編成でボーカル3人というのが特長ですね。まだ全米回っています。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 08:16Comment(4)

Wildでない曲 エンヤ「Wild Child」 ストーンズ「Wild Horses」

Wildと付いてWildでない曲。前回とは真逆な曲。私の思いつくものとは、こんなものでした。又変な組み合わせと言うかアンタッチャブルな世界。 先に進みましょう。Enya=エンヤとは、国内ではヒーリング・ミュージックいわゆる癒し系音楽とジャンル別されている様ですが、マニアック的に彼女のサウンドを捉えるならば、非常に面白いです。 彼女の外観、容姿だけを見れば、ピュアーな音を求めるピアノ弾き&シンガーという感じですけれども、実際はその真逆みたいです。 彼女はアイルランド人でケルト音楽を基礎にしてるのは、あまりに有名です。Wikipediaを調べて興味深く感じたのは、彼女の「サウンド」に対する完璧主義。 2台の144チャンネルデジタルマルチトラッカーを駆使した多重録音、彼女のサウンドの秘密はここにあるようです。 あまりマニアック過ぎましたね。 2000年、全世界で1000万枚のセールスをしたアルバム(ア・デイ・ウィズアウト・レイン)より「Wild Child」をどうぞ。
後記:エンヤとストーンズの組み合わせ、どう見たって変ですね。当時頭狂っていたのでしょう。71年のアルバム、スティッキー・フィンガーズより「Wild Horses」。音源は定かでないんですが、90年代後半でしょうか。 この曲と、同じアルバムのトップに入っている「Brown Sugar」。これは実質69年に出来上がっていたと思われますね。映画ギミー・シェルターに挿入されてます。 終盤になって、ストーンズ出すぎですかね?あと少しとなると、どうしても出たがるんですね。まだ出るんでは? (当初の画像は削除されました。代わりに75年?のLiveツアーを用いました。)
posted by 恐妻家のミック&Keith at 18:01Comment(2)

Wildな曲ステッペン・ウルフ「Born to be wild」ボン・ジョビ,スージーQ,

今年の夏はやっぱり変だ。一時期体調不良になり、良くなったと思ったら又ぶり返し。とは言っても、誰も心配なんかしてくれないだろうなあ。体調管理は自己責任。そりゃそーですけど。 力振り絞って、ワイルドに行こう。1曲目:映画Easy Rider=イージー・ライダー69年作の挿入歌、邦題「ワイルドで行こう」。この曲聴くと必ずイージー・ライダーの映画思い出します。私だけではないでしょう。 このブログは、映画のブログではないので、触れませんが衝撃的な映画でした。それとこの曲のマッチング、見事でした。ステッペン・ウルフはこの1曲で金字塔を打ち立てたものです。
2曲目は、スージー・クアトロの「Wild One」74年作。この曲は、若い方々でも知っている方多いと思う。日本のバラエティ番組に使われていましたから。 スージーは、元々アメリカ人。だけどイギリスからデビューすることになる。73年頃から後半まで、多くのヒット曲を出しました。然し、イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアそして日本でのヒットでした。 アメリカでは遂に認知されなかったのでした。でも彼女まだ現役で頑張っています。06年にはアルバムも出していますね。
この調子だと、又懐メロになりかねないので、一気に飛んでBon Jovi01年の曲「One Wild Night」。Liveの詳細は不明です。 まるで、若い頃のミック・ジャガーや私みたい?腰クネクネでとてもセクシー。そしてワイルド。ジョンは格好いいのー。羨ましいですわ、ホンマ。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 20:13Comment(6)