テーマ:90年代

「シリーズ第6弾」公開でっす。 忘れたくない90年代の曲 AEROSMITH 他 

東アジア黄海は正に「海の火薬庫」みたいなもの。然しこの国の街中では、クリマス・ツリーが華やかに色ずく、平和な国(良い意味でも悪い意味でも)。その最中、シリーズ第6弾を公開しましょう。ただ、多少の問題を抱えながらの見切り発車ではあります。その辺は後半に述べたいと思います。 90年代の曲とは言っても、10年以上前さらに20年近く前の曲…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

(予告編)近日「シリーズ6弾」UP! Shania Twain(シャナイア・トウェイン) UP 他

現在修復作業は終盤です。と、そこで新作の強迫概念が頭を横切った!と言う訳で予告編です。シャナイア・トウェインはカナダ出身のちゅーねん女性。(ふんっ、若い姉ーちゃんばかりじゃぁないんだからねっ、浦太さん!) 彼女はカントリー、ポップ・ロックの分類ですが、初期はカントリー色が強かったです。デビューは93年で28才と遅かったのです。苦労…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋だってRockだ! Allman Brothers Band,John Lennon,U2,他

さて秋だ、紅葉だ、Rockだ。全然脈略がないけどRockなのです。私にとっては1年中Rockみたいなもの。年中ビールを飲んで、テレビでは真矢みきさんのお顔を見て、それが全てと言ってもいいでしょう。 で、本題ですが、1曲目はAllman Brothers。彼らをサザン・ロックと捉えている人が多いでしょう。然しあれは当時の商業的意図に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歌う予定が吹っ飛んじまった! 音楽はBackstreet Boys①(90年代後半からです)

実は、この前の日曜日(17日)甥子の結婚式があって、その披露宴でたっての願いで、私が1曲歌う予定でありました。当日私の順番を聞くと、最後から3番目。げっ最悪じゃん。宴も後半になって係りの者が、「すいません。時間が押し迫って、歌は省略させてもらいます!。」 ----。省略だとぉ~? 然し甥子の手前、私は怒りを静…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

重大なる決意「禁煙」! 音楽は再びですがRoxette(ロクセット) The Look 他

タバコは、昨日を以って止めました。30数年間愛煙してきたのですから、苦渋の決断でした。それでなくとも、近年愛煙家は片身の狭い思いをしてきたのです。もう沢山だ。タバコの殆どは税金なのに、又値上げするとは。 まあぐちってもしょうがない。Roxetteに入りましょう。彼らは9月に1度登場しています(ネタがなくなったわけではない)。とある…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ブログ開始1周年① 今回はSarah Brightman(サラ・ブライトマン)②だよ! 

ふと気付くと、早1年になるのでした。何気なく始めたこのブログ、今後の考えには、後期に示そうと思います。 さて、取り上げたのは、サラ・ブライトマン。ブログタイトルはどうしたんだ?と言う声が聞こえます。まあ待って下さい。ちゃんと考えていますので。しばしサラの世界にどうぞ。 サラの04年、(Herem)ワールド・ツ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

(Unplugged)Eric Clapton 「Tears in Heaven」 他

3大ロック・ギタリストの1人、と言われた彼も90年代以降、素晴らしいアコースティック・ギターのプレイを聴かせてくれています。今回はその辺を少しばかり。 この1~2曲目は、99年NYマジソン・スクェアー・ガーデンでのLive。今回はシットリ系でセマリます。「Tears in Heaven」92年発表。皆さんも良くご存…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

もう1人のサラは Sarah Brightman 「ジュピター=Running」 他

7~8年振りに編集作業をして見ました、酷いの何のって。やはり過去記事もおろそかには出来ないと痛感しました。尚、文章はそのままにして置きました。 (当初のオフィシャルPVは削除されました。代わりに別ヴァージョンを用いました。) 前回はStonesのキース、今回はサラ・ブライトマンときたもんだ。いやはやこのブログ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Youのつく曲② Michael Jackson 「You are not alone」 他

亡きマイケル・ジャクソン99年のKorea Liveから、「You are not alone」でした。曲は95年アルバム(ヒストリー)からの2ndシングル。「君だけではないよ」と言う訳が、やはり適当でしょう。 今から10年前のコンサート。彼のライブ・パフォーマンスはやはり凄い。ステージで1人でもその存在感は他を圧しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1週間ぶりのご無沙汰だわね!Sarah Mclachlan 「Angel」 「Vox」 他

タイトルからして剣幕立てているのが、サラお姉ー様。一週間前のブログでチョッと1曲しか出さなかったものだから、怒ってきたのです。あのたくましい二の腕を振り上げて。 と言う訳で、今回もサラ・マクラクラン。97年アルバム(サーフェシング)から、Adia(エディア)。99年のミラーボール・ツアーでのLiveです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特集The Corrs Runaway, Angel, Love to love to you 他 

最近70年代ばかりで困ったものです。てな訳で若い衆、CORRSなんですが三回目の登場で、特集を組んでみました。95年~04年の間をピックアップ。 CORRSは、単発で5月に「Breathless」、8月に「Would you be happier」を公開してます。アイルランドのケルト音楽を基礎に、ポップですがすがし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋口に入ると聴きたくなる Enya 「Only Time」 「Amarantine」 他:追記あり

秋口に入るとテンションが急に下がるんですね。毎年の事なんですけど。アー。 さて、前々回はShakira(前回はSpecialで対象外)なので、しりとり方式ならば「A」ないし「ア行」ですね。今回はそこで「ア行」のEnyaです。 でも、既に前回のシリーズで2曲、ワ行で「Wild Child」ヤ行で「Orinoco Flow」を公…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

200曲公開記念 [Special] 私なりに印象深いアーティスト シルビー・バルタン 他

前回の更新により、ふと数えて見ると202曲今まで公開した事になりました。この半年間ちょっとの期間での出来事です。当初は100曲が目標でしたから、倍の数を超えた訳ですね。 どの曲、どのアーティストにも思い出深いものがあります。その中で、読者のアクセスも考えながら、特に印象深いアーティストを今回Specialで公開しようと思います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2016はリオに決定、音楽はShakira「Whenever Wherever」他

南米大陸初のオリンピック開催、ブラジルよお目出とう。!急遽今回は南米のアーティストから。コロンビア出身のアーティストShakiraです。第1回のアルファベット・シリーズにも出ました。 結果は芳しくなかったです。ラテン・ポップなのですが、興味ない方はスルーしてどうぞ。彼女を知ったのは、10数年前ですが、今や世界的ビッグスターになりま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Allのつく曲 Genesis「That,s all」」 Heart, Celine Dion 

Genesis83年のヒット曲でした。場所はイギリス・ロンドンのウェムブリー・スタジアム。追記:当初の画像は削除されました。1カ月もたたないのに。就いては動画2回入れ替えました。(30/09) フィル・コリンズのファンって、今だに「ジェネシス」時代の方が良いと思っている人いるんですね~。確かに在籍は、70~96年と長いです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラテン系の美女たち SPARX 「ラ・バンバ」「El de los ojos negros」

今回の主題曲は、ラ・バンバ(La Bamba)。従ってラテン・ミュージックの苦手な方は、スルーしてどうぞ。曲の説明は後にして、どうしてこのSPARXとやらなのか。 正直に言うと、うっかりクリックが始まりでした。ラ・バンバを「ようつべ」で調べている内に、奇麗なお姉様たちがフラリ現れて来てクリックしたのです。ですから、彼女たちの事何も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Mariah Carey「Without You」「We belong together」「恋人・・

 今回2回目の登場となるマライア・キャリー。私は眠たい、朝まで飲んで殆ど寝てない。石川 遼君はどうなったのだろう?今何時? このような酔っ払い状態で、ブログ作るのも如何なものか。然し、いったん寝たら夜まで寝ちゃいそう。是非ともこれだけは完成せねば。ブロガーにも意地があります。忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Whitney Houston 「I will always love you」他2曲では?

やはり再登場となったホイットニー・ヒューストン。前回「カ」行では、グレーテストラブ・オブ・オール1曲だけでしたが、今回は3曲の公開。 いつ頃だか分かんないですが、1ページ1曲の原則が崩れてしまい、今では1ページ3曲なんてザラ。なんでこうなったのか?私にも良く分からない。この先どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い セリーヌ・ディオン 「To love you more」&ボーナス・トラック

今日は朝から生憎の雨、それに気温も低い、困った。それにこのブログについても困った。セリーヌそしてマライヤと来て「タ」行の締めはどうしよう。う~ん。 えっ?ネタが尽きたんだろうって。そうとも言えなくないんですが、今頭ん中のPC狂っていて、正常な状態でないのですなあ。時間がもったいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マライヤがついに 「Touch My Body」「Dreamlover」

先週セリーヌ・ディオンを公開してから、マライヤ・キャリーのことが日増しに頭に伸し掛かってきたました。二人は9 0年代から今まで好対照のビッグ・アーティスト。 実は、先週土曜日、早朝にブログを仕上げ終えて、友人と○○○へ。然し、マライヤが頭に付いて全くプレーに集 中できず、もっぱら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エイプリルフール「番外編」

今日は、4月1日新年度の始まりを迎えた人も多かったと思うのですが、 エイプリルフールの日でもありました。でー今日は趣向を変えても良い かな?。と言うのは、今までのやり方だと欧米バッカシなんですよ。 で、このままだとマンネリ化の怖さに今から考えているんです。くどくど 説明は不用。今では世界的スターの彼女SHAKIRA(シャキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more