何故か今・・・(続)Heart。バブル崩壊 「All i wanna do is make ~」 他

Heartは以前2年程前に公開して、2度目になります。アン・ウィルソン(vo)とナンシー・ウィルソン(g,vo)のゴージャス姉妹を前面に出したグループで、今も活動しています。ちなみに姉のアンは61才です。 このグループの黄金期は、プロデューサーにロン・ネヴィソンが入って、ポップでキャッチーな徹底的な売れ線の曲を放った時期。それは1985年~1995年に異論はないでしょう。それが日本におけるバブル景気~崩壊とちょうど被ると、私は思ったのです。バブル崩壊とはいつの事か? 色々言われてますが、ズバリ1990年が崩壊の始まりと捉えています。それでは90年Heartのヒット曲を2曲続けてどうぞ。 「All I Wanna Do Is Make Love To You」 
「I Did‘nt Want To Need You」
1曲目は全米第2位の大ヒット。甘いひとときは長く続かないのでしょう。ただ日本の場合不動産のバブル崩壊は、一番ひどいダメージを受けました。身に覚えのある方もいるでしょう。 それでは次、93年の曲で、この頃からバンドの人気も下降に入ります。妹のナンシーが歌って力強い曲。 「Will You Be There」
最後は91年の曲。PVは東京の風景を流しています。当時バブルの崩壊と言っても「時差」「地域差」があって、92年になって始めて波及する所もあったようです。然し日本列島全域を覆ったのは間違いないのでした。 PVに写っている若者、それはあなただったかも知れない。幾多の試練を待ち構える前の・・・・。 「Secret」
あのバブル崩壊は、日本の戦後史上最大の汚点と言えましょう。こんなイヤらしく書くのは、そのためです。その後日本は、失われた10年(それよりもっと)を歩む事になります。こんなバカげた事をもう2度と起こしてはなりません。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 17:18Comment(52)

バブルの最中にはこのような・・・・Heart 「Alone」 「These Dreams」 他

Heartと言うバンドは、その母体はかなり古くからあるのですが、ウィルソン姉妹中心により80年代後半にヒット曲を連発したグループ、と聞けばもうお分かりでしょう。当時我が国はバブルの真っ只中で、金の使い方がハンパでありませんでした。 あの頃、役所も民間も個人も「土地神話」の基に、金使い放題の信じ難い時期でした。どこにこんな金があるんだ! その時期、85年から黄金期を迎えるHeart。ゴージャスで派手なサウンドのRockでありました。然し今尚色褪せないそのサウンドに、バブル期のパワーが残っているように思えます。 1曲目は85年のヒット曲「Never」。(vo)が姉アン・ウィルソンで巨体ですな。(g)が妹ナンシー・ウィルソン。
2曲目87年作品「Alone」美しいイントロとメロディ、誰もが1度は聞いた事あるでしょう。そういえば、あの頃女性の肌の露出度が低かったですね。東西問わず。 3曲目「What about love」。85年ヒット作第一号。彼女らのサウンドは、この85年のアルバムから一転しました。プロデューサーにロン・ネビソンを迎えて、外部のソングライターを起用しました。そして、音造りを徹底的に「売れ線」にしました。
4曲目は85年作で前米第1位になった「These Dreams」。今回は94年のライブ。さて、アレが今回の4曲に入っていません、後記に示したいと思います。
彼女らの90年大ヒット曲「All I Wanna Do Is Make Love To You」は、調べた処1年前に単発で公開してあります。聞きたい方は↓をクリックして下さい。 ☆http://1341-mj.at.webry.info/200909/article_1.html
posted by 恐妻家のミック&Keith at 06:38Comment(8)