朝起きたら女子Wカップはドイツ対フランスだった。アホな土曜の朝。音楽はFleetwood mac

間違えていた。日本女子のサッカーは日曜の朝だった。せっかく昨夜9時に寝て早く起きたのに、私がアホなだけでした。オホン、気を取り直して本題に、今回はフリートウッド・マック。なんとも懐かしい響きでありんす。 然し、今やドイツはEUのリーダーシップ、フランスは金魚の糞みたいなもの。私的にはフランスに頑張ってもらいたい。あのゲルマン民族ってどうも好かんのです(まぁ英国人もそうなんですけど)。 それでは本題の方に、彼らは4年前に1度公開して、その内又出るでしょうと言いつつ4年も経てしまいました。彼らの黄金期70年代半ばから80年代初めは、それは凄い人気でした。そして現在はワールドツアーを昨年から今年にかけて敢行中、今日はロンドンですね。日本には来る予定ないですね。結構ドライな奴らでありんす。 今回の選曲は、やはり70年代後半を主に。どうも動画の選定に手間取ってしまい、朝こっ早くから頭を悩ませました。私らの世代は皆知っているでしょうけど、そうでない方に簡単なバンド説明を。リーダーはミック・フリートウッド(drum)、リンジー・バッキンガム(vo,gui)、スティーヴィ・ニックス(vo)、ジョン・マクヴィ(bas)、クリスティン・マクヴィ(vo,key,ジョンは元旦那)。 彼らは60年代後半からブルースを主体として英国で生まれ、その後アメリカに渡りポップ・ロックで大ヒットを飛ばす事になります。80~90年代はメンバーのソロ活動でバンド自体の活動は中止になります。然し今はツアー中です。もう皆70才前後の年になりました。さて、1曲目は76年の曲「リアノン」で、ビデオはその当時のモノ。スティーヴィは20代半ばでしょうか? RHIANNON
2曲目も同年の「チェイン」、この2曲目と3曲目は1997年のライブで、上のより20年後のモノとなります。3曲目はクリスティンの曲で1987年作のモノ。処で、スティーヴィのことを当時、妖精と形容した者もいました。ルックスとは真逆なあの「ダミ声」によくぞ言えたもんだと、それに何やら新興宗教の舞踏にも変に思いましたのでした。 THE CHAIN
EVERYWHERE 最後はやはりこの曲「GO YOUR OWN WAY」。これは今カナダで頑張っている「なでしこジャパン」と、「癌」の治療に対峙している友人に対するエールであります。リンジーの独特なピッキングのギターが吠えています。これは1982年のミラージュ・ツアーからのビデオです。 GO YOUR OWN WAY
posted by 恐妻家のミック&Keith at 07:09Comment(0)

今更ではありますが、 Fleetwood Mac 「Dream」「Go your own way」他

ブログを始めて、このフリートウッド・マックは何度か試みた事があるのですが、失敗し今回初の登場となるのです。今更ではありますが。今回はやはり、彼らの最大ヒット・アルバム「噂」1977年作を、中心に一発やろうと思います。 このアルバムは凄かった。売り上げ枚数1,700万枚、全米アルバム・チャート1位と言う、名実ともに彼らのピークでした。然し余談ではありますが、1977年と言えば私の青春のど真ん中。その頃はもっとハードに!もっと女の子を!と生きてたのです。 従って、正直言うと彼らのPOP Rockは聴いてなかった。後追いなんです。失礼しました。それでは1曲目です、「Dream」 voはスティーヴィ・ニックスで彼女のファンはかなりいると聞きます。あの美しさとダミ声。私には分からん。
2曲目、これも全米1位となったギターのリンジー・バッキンガムの曲「Go your own way」。彼のギター・ピッキングは独特ですね。時にステージで狂いだす事もあるようで、B型かなイヤAB型の可能性が大かもね。
さて3曲目、ライブが続いたのでPVを1曲。この曲だけは1987年のアルバム(Tango in the night)からです「Little lies」。サウンドが80年代特有のポップでキャッチーに仕上がっていますね。key&voはクリスティン・マクヴィーで一時期あのベースをやっているジョン・マクヴィーの奥さんでもありました。確かすぐ別れましたね。
<追記>You make loving funを追加で入れる事にしました
さて最後ですが、彼らのステージでのラストと言えば定番「Song Bird」でしょう。クリスティンの声もそんなに奇麗とは言い難いと思ってみたりするのですが、曲は他に良い曲残しています。地下鉄の車内で横に座っても、全然大丈夫ですネ私は。  
彼らは、現在でも活動している息の長いグループ。他にまだ多くのアルバムそして良い曲があります。この1つのブログでは、到底収めることは無理と云う物。初めて公開できただけで勘弁して下さい。折りを見てまた出そうと考えていますので。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 18:00Comment(6)