2か月のご無沙汰で、大変恐縮しております。 音楽は John Lennon

2か月ものブランクを空けたのには、それなりの諸般の事情があった訳で、ただ申し訳なかったと平謝りするしかありません。 久し振りで、どうも鈍っています。今回のジョン・レノンは、ブログ友のlennonさんと前々から約束していたものなのです。やはり男の義理を果たさねば、そういう次第です。他意はありません。 1つ気掛かりは、レノンのファンはインテリが多いこと。そして討論に強いこと。上から目線の人も多いなぁ。 そんな事を一切無視して、何せ私は元来体育会系リズム学科出身であるからにして。 2か月も空けると、文章も思い浮かばない。早速ですが音楽へと。今回はビートルズ時代の曲を前半に、ソロの頃の曲を後半にしました。 1曲目は、「ベイビー・ユアー・リッチマン」。67年のシングル「愛こそは全て」のB面に入っていた曲。この67年から段々と曲風が変わっていくのでした。この曲は埋もれている曲の1つ。 BEATLES-BABY,YOU‘RE RICH MAN  2曲目は数多くないビートルズ後期のRock‘n Rollで69年の発表とされる。えっそんなに遅かったか? この曲はジョンとポールの2人で録音されたので有名。ジョンがギターとボーカル、ポールがベースにドラムにピアノ、ハーモニーと大忙し。ジョンもノリの良いRockにご満悦かな? BEATLES-THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 3曲目は7…

続きを読む

GWが9連休の方も?!音楽は 大御所揃い踏みで John Lennon 他

案の定、眠れない夜はサッサとブログでも作りましょうか。あと三日でGW突入ですが、9連休とは羨ましい話ですネ。一週間の海外旅行でも出来ます、家族4人なら百万円を優に突破するでしょう。あ~恐ロシア。 さて、今回は大御所だけでのオムニバス形式で、こんな豪華な組み合わせは初めてではあるまいか?。ターゲットはジジババで、その辺は相変わらずでもありんす。若いのを入れると、やはり全体のバランスが崩れると思い止めました。 まぁ、こちとら夜中に適当に作っているので、その辺の所宜しくネ。 それでは1曲目、ココん所ジョージ、ポールと来たからには、やはりジョン・レノンをないがしろにしては遺憾の意を表します。でもたったの1曲ですが。今回の4曲は、初めての登場だと思います(多分)。 ジョンの曲は、最後のアルバムとなった「ダブル・ファンタジー」80年作からのセカンド・シングル。ビデオから察するに、お子さんのショーン君が可愛くてしょうがない様です。シッカリと主夫してます。 そのジョンが80年12月8日銃弾で死すとは・・・・。無念。 > JOHN LENNON-Watching The Wheels  2曲目、71年の歴史的なアルバム「つづれ織り」に入っていた曲。他の曲が良すぎたのか、シングル化されませんでした。軽くも重くもなく、クリーアなサウンド。キャロルのピアノは力強く美しく、ヴォーカルも又これ良し。 確か、友人の家でこのLPを初めて聴いた記憶があり…

続きを読む

春一番がやって来る。優しくて暖かい音楽は John Lennon(マイナーの曲ですけど)

Bring on the Lucie 懐かしいBEATLES関連の、今回はジョン・レノンでメジャーな曲はありません。これでもココではBEATLESで30幾つか公開しているのです。WEBRYのRSSリーダーは50までしかないのですから、奥深い所まで分からないのですネ。さてジョンに対する評価については、おこがましくて書けません。曲だけ聴いて下さい。 何せタイトルの通り私はストーンズ派で、丸8年もブログが続いている状態です。ジョンには一目置かねばならない。40才で亡くなるとは、何とむごい事だったか。 1,2曲目は73年アルバム「MIND GAMES」から、3曲目は80年のアルバム「ダブル・ファンタジー」からで、最後の曲は74年のアルバム「心の愛 愛の橋」からです。ヨタ話・解説抜きで、一挙に公開させて頂きます、悪しからず。 You are here Beautiful Boy #9 Dream 今日のコチラ札幌の最高気温は7℃の予想。何と昨日より5℃も高く3月上旬の気温。これぞ春一番と言えましょう。然るに長崎では河津桜なるものが、もう開花してるとの事。日本列島は南北に長いなぁ~。冬は九州で夏は北海道で過ごす、マジでこんな生活を考えています。ネットの普及で、どこに住んでも大丈夫ですから。

続きを読む

久々なBeatle、音楽はJohn Lennon 「Starting over」 「God」 他

ずい分とBeatles関連の記事は、ご無沙汰していました。今回はJohn Lennonについて、12月8日が彼の命日であります。然しその日は、「パール・ハーバー」の日とカブっているので、当日アップはしたくない。 今回は、1970年彼のファースト・アルバム「ジョンの魂」から中心に、もう40年以上前のアルバムですね。 それだけに、ジョンのピュアーな音楽性が聴き取れます。先ずは穏やかで、柔らかい曲から。 「Hold on」しっかりすれよジョン 2曲目は、80年10月のリリースで、彼の死後に急速にチャート上昇しました。今でもカラオケなどで人気がある曲ですね。 「Starting Over」 3曲目、4曲目は一緒に述べましょう。「God」の歌詞については、異論のあるところ。然し彼の言わんとする所は、Dream is overと最後に言っている事。これが当時彼が判断したモノと思われるのです。 そこで、一般人となった彼は、「Power To The People」を唱える分けです。 さあ夢は終った、民衆にもっと力を! 「God」 「Power To The People」

続きを読む

亡き人、私の場合はJohn Lennonでしょう。「Woman」 「Imajine」 他

個人的には、10年前立て続けに亡くなった父・母でしょう。音楽関係では、私の場合John Lennonなのですなぁ。M・ジャクソンの死よりも重かったのです。今から29年も前の事ですけどね。 どうしてこんな始まりか、と言うと昨日亡くなった円楽師匠のせい。1度古典落語を聞いたことあるのですが、それは素晴らしい落語いや「舞台」でした。76才は父と同じ歳でした。 John Lennonと言えば40才の若さ。銃弾というのがアメリカらしいですね。ビートルズファンの中でも彼のファンは、チョッと特殊かも、狂信的とでも言いましょうか。恐い面があります。 まあ私のブログなんて、チョロいもんですから、あまり気ばらないで下さいね。最初の曲は「Woman」81年作ってなんで最初の曲が、亡くなった翌年の曲なのか。順番あまり気にしないの。 音全体に包まれるような感じ。ファ~っと浮くような感じ。「#9 Dream」邦題:夢の夢、74年作。これはフィル・スペクターのウォール・サウンドの雰囲気ですね。 これは、前年73年に発表されたアルバム(マインド・ゲーム)の続編的なサウンドでした。 「Imajine」あまりにも有名な名曲。平和と愛と言うメッセージの集大成でもありますjね。9・11テロの後、放送禁止とされた事もありました。政治的利用にされるなんて、絶対おかしな話ではないでしょうか? この72年のライブ、以前より知ってましたが、ずうーっと変に思っていたのが、ミリ…

続きを読む