私事ながら、9/29日に大腸ポリープを切除して来ました。何段も何段ものハードルを越えなければ。 音楽は DAVID GILMOUR 他

David Gilmour------Comfortabry Numb (Pompeii 2016) ピンフロイドではなく、デヴィッド・ギルモアのバンドからの1曲。「カンフォタブリ・ナム」(快適なしびれ)で歌詞と進行は御大将のロジャー・ウォーターズで79年の作品。彼らにはゴタゴタが良くありましたネ。ロジャーの87年脱退、Keyリチャード・ライトの08年死去…

続きを読む

・・・・・・・・。タイトルが全然浮かばない、まぁそんな事もあるでしょう。 音楽は ROLLING STONES

私事の事ながら、8/19に大腸カメラ検査を行って来ました。結果はここで書くまい。私個人の事であるからして。 ココに訪れる人は音楽を求めるだけです。久し振りのストーンズしか考えられ無かったのでした。それも珍しくメジャーな曲ばかり。お嫌いな方はどうぞスルーして下さい。後悔すると思うけどネ。ココはブログタイトルが示すように、ストーンズは当たり前のことなのです。もう能書きは必要ないと思います Le…

続きを読む

日曜の朝靄、今日も暑くなりそうだ!。北国なのに予報では31℃、こりゃたまらん.音楽はGuns N` Roses 他

日曜日だというのに午前3時に目が覚めた。相変わらずの中途覚醒でありんす。頭の中にあるのは大腸ガンの検査が、8、9月で4回も病院に行かなければならない。まぁ皆さん方には関係のないことなので、スルーして下さい。 さて音楽ですが、久し振りでRockを1発。ガンズ&ローゼズ初のNo1シングルで87年の作品。2曲目以後は個性あるPOPSでローラ・ブラニガン84年の最大ヒット・アルバムからのタイトル曲…

続きを読む

あくまでも拘ってインストルメンタルなサウンドをば。(^^♪  音楽は  LEE OSKAR 他

ある意味で前回の対抗戦と言えましょう。不得意分野に挑むのもある意味、一興でもありんす。 要は音楽の中身、何も無しで進みましょう。趣きはbassとdrumsです。 Lee Oskar----Befor The Rain 1曲目はリー・オスカーの78年のソロアルバムから。この頃はファンクロックのバンド「WAR」に在籍もしてました。彼のハーモニカはどのサウンドにもマ…

続きを読む

線状降水帯とコロナ、この先の日本はどうなるでしょう?。音楽ではレイラは今回で最後にしたいと思います。 Derek&the Dominos 他

諸般の事情により又ブランクを開けてしまいました。申し訳ありません。 この数ヶ月テレビの情報に振り回されている感じがします。私の場合は。大腸ガンでの大事な大腸カメラ検査がコロナ渦により出来なかったこと。この先も読めない状態です。 さて音楽に入りましょう。レイラと言えばクラプトンの代名詞の曲。揺るぎない名曲と言っても過言ではないでしょう。彼は、2014年にツアーからの引退表明を発表しましたが、…

続きを読む

完ペキに夜向けです。久し振りにフュージョン系の世界へと、進路は進む。 音楽は WAVE 他

例によって深夜の投稿であります。今日は夜中の1時半に目が覚めた。朝までの深い眠りがホント欲しいのでありんす。まぁ皆さんには関係のない事だから、ここでグチッてもしょうがない。(/ω\)。 さて音楽の方へ、1曲目は誰でもが聴いたことあるでしょう。ブラジルの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンが67年に書いたボサノバの名曲。録音の比較的良い物を入れました。日本人も含めてカバー曲が多いですネ。 (…

続きを読む

7Fの病室からEVで1Fの手術室に移動する時、本当に緊張しました。(回顧録) 音楽は ELTON JOHN 他

1年前の今日、5/28は大腸ガンの手術日でした。腹の中にメスを入れる事は人生で初めてのことだったのです。国民の2人に1人はガンになると、健常者は軽口を言う。然しガンの手術をした者は思っている、もう2度とすべきではないと。だから再発・転移を恐れているのです。 いくら気丈に振る舞っても、それは単に対外的なもの。1人になれば内心はビクビクしてるんです。5年生存率と言われて、私の場合あと4年。何と…

続きを読む

全面解除かぁ。札幌市は国の基準をクリアーしてない。まぁ経済界の力に押されたんでしょう?。 音楽は PRETENDERS

今日5/25で「緊急事態宣言」を解除する事は、政府と感染症の専門家による諮問会議で決まったことなので、従わざるを得ないのですが。。。札幌の実情は好転してる様には思えない、この市民感覚は私1人だけじゃなく、かなりの人もそう思っているのでは?。市民の誰がしもが恐れているのが、解除後のリバウンド。次に来たら第3波なんです。コチラ北国の特殊性を真摯に考えてくれたのか?。不安が残ります。 さてココは…

続きを読む

外出自粛とは致し難いことでしょう。でも「心の自粛」とは受け入れない。 音楽は SUPERTRAMP  他

珍しく日曜日の朝の投稿(なに、夜中の3時に目が覚めてグタグタしてただけです)。私思うんですけど、夜中に記事を作るとタバコの本数が増えること増えること。こりゃあアカンです。 ヤバイっす!。完璧な朝になっちまった。急がねば。1、2曲目はスーパートランプと言うイギリスのグループ。最近ホントにスーパーが混んでいますよネ。あの行列って私嫌いなんですヨ。本州なら当たり前のことでしょうけど。でもって、彼…

続きを読む

日曜の午後の昼下がり、万人向けでなくて恐縮ですが。 かなりの渋みあるサウンド。 音楽は LITTELE FEAT

首都圏や大阪そして兵庫又愛知なども、今は大変な時期な様ですが、結構若い方々は外出してるようですネ。東京都や神奈川県はコロナの感染者数が毎日右肩上がりが続きピーク時が見えない状態です。こんな時に明るい曲はチト無理と言うもの。 今回はリトル・フィートでアメリカ南部の色濃いサウンドすが、ロスアンゼルスで活動してました。77年の2枚組ライブのLPは、私の愛聴盤でした。今回の音源はそれに従っています…

続きを読む

今回は正攻法で攻めてみたいと思います。それも超古典的なROCKでしばしのひと時をば。 音楽は DEEP PURPLE 他

相変わらず金曜の夜は眠れないです。然しベッドから起き上がっても脳の動きが緩慢です。前作と言い今作と言い、作って見ると両方とも駄作だと思います。このブログは早く終わらせて、次作を決行したいです(1日2作かっ!) 簡単な紹介だけしましょう。ディープ・パープルのスモーク・オン・ザ。ウォーターは72年のヒット曲。ハード・ロックの先駆者でもありました。とにかくメンバー間の出入りが激しく、余り好きにな…

続きを読む

真夜中に目が覚めた時の、開き直った骨太の騒々しいサウンド。例えれば本一の四暗刻(スーアンコウ)でツモっ!  音楽は BURUCE SPRINGSTEEN

近頃は夜中に目が覚める(途中覚醒)。腹が立ってバカデカイ音量のサウンドが聞きたくなる時があります。それが今回のブログ。目新しい所は、新しいライブが入っていること位。メジャーでメロディーな曲は以前公開したモノに変わりありません。 ライブの場所は、1,3曲目がスペインのバルセロナ、4曲目は分かりません。年代も分かりません。彼はワールド・ツアーを何回もやっていて、ビデオのまとまりが付かないのです…

続きを読む

四変化・・・・とは言えど、いつもコロコロ音楽は変わっていますけどネ。 音楽は PINK FLOYD 他

新型コロナウィルスに無敵な人間などいない。私はニュースを見るのを極力減らしています。見ると気分が落ち込むからだ。コロナの人数と関連のことバッカシですから。 能書きはもういいでしょう。ココは洋楽ブログ、気分を落ち込む所ではないのです。最近どうも骨のある音楽が出てない、ならばと言う訳で1曲目ピンク・フロイド。デヴィッド・ギルモアのギターが吠えに吠えまくっています。プログレシブ・ロックの先駆者で…

続きを読む

何とも息苦しい様な日々の続き。今の私には、やはり華が必要なのです。 音楽は ARABESQUE 他

週末に外出を控えろって、コチラ北国も経験しましたが結構シンドイですよ。でもNYやLondonでは今実行しているんですネ。東京やその隣接する県でも忍耐です。 さて音楽ですが、前回は当たり前過ぎた。今回は華を求めて軽薄過ぎたかも?。曲の紹介は致しません、何だかムカついて来そうで。ただ音楽を聞き流すだけ。それでイイじゃないですか。良心的解釈からすれば、曲の説明は必要でしょう。だけど正直言って私は…

続きを読む

東京オリンピック・パラが1年程度延期、色々と問題はあるにせよ妥当だと思います。 音楽は EAGLES 他

夜中に目が覚めて気が重いです。コロナウィルスのパンデミックが全世界を狂わせてしまったとは。個人の生活や家庭、社会全体・経済情勢そして東京オリンピック・パラの延期。年初めの2月早々からおかしくなるとは、更に先が見えないときた。如何せん私には無力。 ボーっとした頭で音楽へ、チコちゃんに叱られるネ。こんな状態なのでとりとめのないオムニバスになるでしょう。時間がないので、前段の部分で曲の単純な紹介…

続きを読む

アコースティック・サウンドの世界② (朝方ボツ、昼過ぎに再トライ) 音楽は KANSAS  他

朝方はボツにしました。又始まった「ようつべ」の動画が表示されないが為。今日は街の百貨店に行く予定だったのですが、三越の従業員1人がコロナに感染したため、全館閉鎖。あ~お前もかよ?。 気を取り直して再度挑戦しまっす!。細かい説明は勘弁して頂きたい。古い時代の60~70年代の、私の音楽人生の礎を築いた良品ではないかと。元来、今回の企画はブログ仲間の釣りキチYさんの指名によるモノです。それは一番…

続きを読む

今度は木曜の夜が眠れなくなっちまった!(いい加減にせぇよ)。 音楽は VAN HALEN 他

眠れない時は、どう頑張っても眠れないモノでありんす。ベッドから起き上がると何故か気分がHigh。今夜は賑やかにヤッタろうか?。 まぁ、隣近所に迷惑ならない程度にしましょう。何せ真夜中なもんで。 藪からスティックに音楽へ突入。最初はヴァン・ヘイレン、と言えばやはり「JUMP」で95年のライブから。この音源が一番良いのでは?と思いますネ。HRだけどシンセロックとも言えます。シンセの音がキレキ…

続きを読む

Black is beautiful PartⅠ 私の63才って鬼門かなぁ。。。音楽は Donna Summer

昨夜ある事にふと気付いて、どうもスッキリしないのです。ドナ・サマーは以前にも公開してあり、別段新しいモノではありません。彼女は丁度一回り上の姉御でした。気付いた事とは、彼女63才でガンで亡くなっていたと言う事。私と同い年で天国の向こうに逝っちゃった。 一番最後のライブは、2009年ノーベル平和賞コンサートのモノです。元気一杯にも拘わらず3年後の2012年に逝去された。 この63才って・・…

続きを読む

外はとても寒いです。そんな時には熱いハード・ロックでも宜しいかと。 音楽は Doobie Brothers

さて何から書こうか?。ドゥービーは私の中学生の頃に初めて聞いたと思います。当時ウェスト・コースト・サウンドなるモノが流行りし時期でした。ネーミングからして何だか爽やかな感じがしました。Eaglesも西海岸の拠点としたバンドでしたが、彼らのサウンドは重かったように感じていました。それに比べドゥービーは軽やかで華やかさに分があったと、好んで聴いていました。 今回動画は4曲共無事成功しました。後…

続きを読む

一昨日の「ようつべ」の不具合に対し、再度アタック。 音楽はGooDなカントリー・・・・ココでは受けないのですが。

1~3曲目は、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドで70年代に活躍していました。そして今でも活動中です。 一昨日のブログは、甚だ不完全なモノで、どうにもこうにも「ようつべ」が上手く作動しませんでした。急きょブログ更新に取り組んでいますが、はて上手く行くでしょうか?。ボツになる可能性も無きしもあらず。 音楽は、ココでは最も人気のないカントリー・ミュージックです。然し…

続きを読む