突然ですが、今回を以って「シリーズ第5弾」を締めさせて頂きます。Carpenters②

諸般の事情により、「シリーズ第5弾」(NON TITOLE)を最終回とさせて頂きます。今年7月から始まったこのシリーズ、4カ月以上が過ぎました。ココの公開ペースにも相当するかと思います。例によって後記に結びを述べたいと思います。 さて、今回はCarpentersにしてみました。彼らは1年以上前に特集①を公開して以来になります。この時期になると秋風が切なく感じる人もいるかと思います。今回はあまりシンミリとならない様選曲してみました。 動画は、皆さんが見慣れたモノばかりで、つまらないかも知れません。でもこれが削除される恐れが少ないゆえなのです。1曲目「Please MR.Postman」74年作品で有名なカバー曲。ビートルズのカバーと比較されますが、どちらも良いと思います。彼らはRockではないのです。そもそもサウンドが違うと思うからです。 2曲目は75年作で、「Only Yesterday」。ヒット・チャートでは米4位、英7位とそれ程ではなかったのですが、エレキギターとサックスのコンビネーションがとても似合う曲です。 これは兄リチャードのアレンジによる所が大きいのではないでしょうか。それにカレンの声が上手くマッチしています。 彼らの初期70年の名曲「We‘ve Only Just Begun」。この曲はカバーが多いのでも有名ですね。 邦題:愛のプレリュード。私にはどうも当時、ホ○ダの同名の車が気になっていたような?あっ年代が違うか!…

続きを読む

姪っ子に脅かされてCarpenters① 「Yesterday once more」

Carpenters「Yesterday once more」でした。 昨夜不意に突然、姪っ子から電話がありました。どういう分けか私のブログを嗅ぎ付けたのでした。それから私のブログに対する批判・論評をさんざん聞かされたのでした。 結局の処、奴は自分の好きなカーペンターズを記事にすれ!と言う事だったのです。それも曲目指定で。それで急遽、ブログを造り始めて、初めて自主制作ではない内政干渉製作となりました。 叔父の立場も分かって頂ければ、と切に思うのであります。私の記事なんか奴にはどうでもいいんです。カレンの歌声と動画さえあれば。 次は「Close to you」邦題:遥かなる影 決してこのブログ、カーペンターズを軽視しているつもりはなかったと思うのですが、奴から言わせるとABBAをヒイキしてる。との事でした。そうですかねー? あまり、私の主観を書くと又電話くるので、早々と次の曲「I need to be in love」邦題:青春の輝き tar この曲、作曲はレオン・ラッセル。彼も不思議な男。サザン・ロックの他にこんなバラードも作れるなんて!皆さん顔知っています? カレンは、この曲見事に歌いきっています。文句のつけようがないです「Superstar」71年作 ここまで来て思うにすごいビッグ・ヒットの顔ぶれですなぁ。 > 最後に、唯一私の主張が通った1曲「Theres a kind of hush」7…

続きを読む

WBC勝利!音楽は「Top of the world」

朝起きて、「紀香離婚成立」のニュースを見て大ショック。その後冷静に考えてみると、 これで、逆に紀香の株価が上がったのかと。 しかしそんな事今日はどうでもいい。 WBCに釘付け。(今日は仕事ヤーメ) シャンパンに変わるスパークリングワインは 5回に手を付け、9回裏に胃薬を飲み、落ち着くまもなく10回終了。Game over 終了後のイチローの笑顔、よかったなあ~。今回はしんどかったもの。 そうですよ、「Top of the world」 カーペンターズ。これでアルファベットの決まり事 Cも決定。 77年のVTRで訳し付きが珍しいですね。 追記:当初の画像は後に削除されてしまいました。代替の画像は、安全性を考えて再生回数の一番多い、無難なものを入れました。 (09/09/06)

続きを読む