テーマ:70年~74年

オーソドックスな秋の始まりでしょうか?  音楽は Eric Clapton 461

今日はコチラ北国の最高気温は21.7℃で東京の最高気温が21.2℃でした。私はまだ夏の火照りがあるせいか、寒くありませんが、東京の方は堪えるかも知れませんね。今回はエリック・クラプトンで久々でありんす。 ココでも多少は若いモンが訪れてますが、まだまだ昔若かった男女ばかり。クラプトンは来日公演を20回程度も行なっていますが、ドラッグ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ー10度の氷点下の世界に熱いRockを  音楽は Doobie Brothers 

-10度もの最低気温が、正月から10日以上も続いているココ札幌であります。全く何てことだ、いい加減にしてもらいたいものです。と言う訳で今回は、熱いRockをMAX画面で公開して見ようと思います。オンザロックとは違いますので、勘違いしないように。こちとら熱燗呑んでいますよ。 ドゥービー・ブラザーズは、ココではあまり取り上げていません…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

年の瀬に向けて・・・。音楽はNeil Young 「After The Gold Rush」

師走に入っての第一報の訃報は、中村勘三郎さんのあまりに早い死でした。昨日の本葬には、まともにテレビを見ていられなかった。私よりチョット年上だけなのに。あの元気の塊りのような人が逝くとは。 文頭から湿っぽい話になってしまいました。今回はニール・ヤングの取り上げです。テンションが下がっている為ではありません。恐らくこの更新が2012年…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

Rolling Stones with Mick Taylor 「Shine a light」 他

公私に渡る諸般の事情により、2週間もブランクを空けてしまいました。すみませんでした。(4年もやっていると、チョクチョクあります。)で、今回は原点のストーンズです。その中でもマイナーでマニアックなテーマです。ストーンズを望まない方は、スルーした方が宜しいかと。 ミック・テイラーは、ちょうどリアルタイムで聞いていた年代です。中学~高校…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

レクイエム : Pink Floyd 【Echoes】part1 Live at Pompeii

ホイットニーの葬儀は、今月19日(日本時間)だそうです。昨年はエイミー・ワインハウスが。 私より若く、そして美しい女性が亡くなっていく事は、寂しすぎる。死因はどうあれ。 今、遠くを眺めて思い出すのが、このEchoes(エコーズ)と言うピンク・フロイドの曲。何故か今まで公開してなかった。40年以上前の画像が、こんなに保存状態良く残って…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

新春1発目は妥当な所で、やっぱStonesでしょっ!。「Wild Horses」 他

A HAPPY NEW YEAR!! 今年は辰年ですよ、登り竜になりましょう。 さて今回の画面、遂にやったかと言う感じ。んっ?禁じ手か。又は納豆に砂糖を入れる?(これは東京、神奈川ではあらぬ事だそう)。私のノートPCは、15.6インチであります。これより小さな画面では、画像が全部映り切らない。では20インチの方はどうだろう。チト怖…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

今日はStonesのブルースな気分「Love in vain」「Ventilator blues」他

当地では、日中の最高気温が15度Cにも満たなくなって来ました。こんな時Stonesのどっぷりした黒っぽいブルースに浸みるのも良いのでは、と感じられるのでした。パワーを得る人。又は嫌悪感を抱く人、それはそれで結構毛だらけ猫灰だらけ。 ミック・ジャガーのヴォーカルは、年々凄みを増していった。そんな時期の曲を持ってきました。第二次新生ス…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

今日はレイラな気分 Eric Clapton 「Layla」 「Badge」

本当に久し振りの「洋楽ブログ」更新となります。何と言う体たらくでありましょう。全くもってお詫び申し上げるしかないです。いかに気まぐれで無責任なブロガーなことか! さて、今日の気分はレイラなのです。昨年1度取り上げたのですが、あれは変調レイラ。今回は正調レイラです。80年代半ば、日本がバブルと向かっていた頃のライブを。 レイラ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

カナダから出て来た猛者 Neil Young。然し北の地での斉藤佑ちゃんは「持っている」

ニール・ヤングは、1970年より今まで40年活動続けている猛者。政治的発言も容赦なく言う、そんなヤツ。そして斉藤佑ちゃんは北国の星となるでしょう。彼は確かに「Something Special 持っている」。性格的に対照的な二人、然しどちらも愛さずにいられない。 ココは「洋楽ブログ」、なのでニール・ヤングを紹介しましょう。彼はブロ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

秋だってRockだ! Allman Brothers Band,John Lennon,U2,他

さて秋だ、紅葉だ、Rockだ。全然脈略がないけどRockなのです。私にとっては1年中Rockみたいなもの。年中ビールを飲んで、テレビでは真矢みきさんのお顔を見て、それが全てと言ってもいいでしょう。 で、本題ですが、1曲目はAllman Brothers。彼らをサザン・ロックと捉えている人が多いでしょう。然しあれは当時の商業的意図に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パーカッションって単にリズムの味付けだとは思わないのですが Madonna 他

87年Madonnaのヒット曲、「La Isla Bonita」。これはオリジナルの音源が一番聞きやすく、パーカッションも心地よいのですが、「ようつべ」でガードされていました。またラテンか!と思う人が出てくるかも知れませんね。 この画像ではノードラムスですね。パーカッションがメインのリズムを役割してるのです。そもそもラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猛暑は続く、4強Rockも続く GFR,The Who,CSN&Y 他

私のGFRの聞き始めは、それはとてもヘビーでした。「Heartbreaker」なんかでしたね。ギターのマーク・ファーナーなんかマッチョな体でギンギンに弾いていました。 選んだのは、73年のヒット曲「We‘re an American band」でって、ドラムの奴もマッチョじゃん!フィジカルのパワーがRockを引っ張っていく、そんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

残るは2回となりました John Denver「Country Roads」「Follow Me」他

2月のバンクーバー・オリンピックの最中から始まった、シリーズ第4弾「バンクーバー124」も早、残すところ2回となりました。ちょうど3カ月となる分けですね。私的には、あまり満足の行く出来ではなかった、と言うのが率直な考えです。 まあ総評は、最終回にして、通常通り進めましょう。今回はJohn Denverです。このブログでは、過去に1…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Carol King.... You've Gotta Friend (変更)

今回はアルファべットUですね。ユーライアヒープ、U2が考えられます。もうご存知かと思うんですが、私はチョットひねくれ者。Uをですねチョット横にするとCに見えませんか。 私の父が生前言ってました。物事は正面からだけではなく、側面からも捉えなくてはダメダ。ってね。そこでUを横にしたんですね。インチキだって?まああまりツッコマないで下さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日曜の朝っぱらから T.Rexなどいかが

注:前回のスティービー・ワンダーYou Tubeの音声について、途切れ途切れになった具合があろうかと思います。その場合でも、2~3回連続して再生してみて下さい。スムーズに再生できるようになります。大変申し訳ございませんでした。    71年 T-Rexの作品でした。 そう、今回はアルファベットのTです。残りわずか。も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more