秋晴れのすこやかな空の下、私は安堵の胸をなでおろした。ホッ それでは秋の4強ROCKを。 音楽は TINA TURNER 他

タイトルについては、私の極めて個人的な安堵。皆さん方には関係のない事なので、後記にでも書くことにしましょう。 前回がジジイだったので今回は○○○とは、筋が通った話(2曲だけ)。ティナ・ターナーもある意味「生きた化石」みたいなアーティスト。今年で81才ですから。彼女の生き様を書くと1ページ丸まんま使ってしまうので、割愛させて頂きます。 曲「The Best」は、本来88年にボニー・タイ…

続きを読む

出すタイミングがチトまずかったよう(台風が真近でっす!)・・・・ゴメリンコ。 音楽は SELENA GOMEZ 他

Selena Gomez-------FEEL ME セレーナ・ゴメスが16年の「リバイバル・ツアー」で初披露し、要望により今年20年2月に正式リリースになった次第。私には”美しく長いあんよ”に鼻の下が伸びっぱなしでありんす。(@^^)/~~~ (2曲目以降の動画は、オフィシャル・ビデオではありません。誰が作ったのかも分かりません。悪しからず。) …

続きを読む

私事ながら、9/29日に大腸ポリープを切除して来ました。何段も何段ものハードルを越えなければ。 音楽は DAVID GILMOUR 他

David Gilmour------Comfortabry Numb (Pompeii 2016) ピンフロイドではなく、デヴィッド・ギルモアのバンドからの1曲。「カンフォタブリ・ナム」(快適なしびれ)で歌詞と進行は御大将のロジャー・ウォーターズで79年の作品。彼らにはゴタゴタが良くありましたネ。ロジャーの87年脱退、Keyリチャード・ライトの08年死去…

続きを読む

ようやく涼しくなって来て、やっとROCKする出番が来ました。 音楽は JOAN JETT 他

昨夜から体調が芳しくなく、当然夜も眠れる分けがなく、PCの前に座っています。そんな訳で頭の働きも宜しくないです。ココは音楽さえあればいいのヨ。後は何も必要としない。世間様はそう思っているに違いないんだと、 1曲目、ジョーン・ジェットがブラックハーツというバンドにいた頃で88年の作品。全米8位まで行きました。 JOAN JETT------I HATE MYS…

続きを読む

タガが外れた、又は頭の中のネジとボルトが吹っ飛んでしまった。そんな感じ。 音楽は GEORGE McCRAE 他

8/15の日だけは、絶対更新しないと決めておりました。私のようなブログは出してはイケナイ、日が明けてこの様な軽薄なブログも可となったと思うのです。今年のお盆の時期は墓参りをしませんでした。8/19の術後1年目の大腸カメラを終えてから行く考えでいます。それ程大事な検査なのです。 さて音楽の方ですが、ノー天気な軽薄な曲。タイトルで示した様な頭の中がチト変な感じ。本流からエライ横道にそれています…

続きを読む

日曜の朝靄、今日も暑くなりそうだ!。北国なのに予報では31℃、こりゃたまらん.音楽はGuns N` Roses 他

日曜日だというのに午前3時に目が覚めた。相変わらずの中途覚醒でありんす。頭の中にあるのは大腸ガンの検査が、8、9月で4回も病院に行かなければならない。まぁ皆さん方には関係のないことなので、スルーして下さい。 さて音楽ですが、久し振りでRockを1発。ガンズ&ローゼズ初のNo1シングルで87年の作品。2曲目以後は個性あるPOPSでローラ・ブラニガン84年の最大ヒット・アルバムからのタイトル曲…

続きを読む

毎度お晩でやす。例によって金曜の夜は1人寂しくブログ作成。 音楽は 毎度さんの CHRISTOPHER CROSSでありんす。

ココの場所では、クリストファー・クロスは結構取り上げています。今夜は落ち込んでいるので、他のネタが思いつかなかったのです。でも全てお初の曲ばかりですヨ。80年代中期以降の曲ばかりです。 彼のプロフィールや全盛期のことは、過去記事で書いてあるので省略させて頂きます。メガヒットこそ無かったけど、クリス節は健在でしたねぇ。大学の採点では優に近い良かなぁ。まぁヨタ話はしまいにして音楽を聴いてみて下…

続きを読む

この1年間色々とありましたが、何とか「生き長らえて」おります。  音楽は  RICHARD MARX 他

私事のことで恐縮ですが、昨日は1年前のガン手術を終えた病院の退院日でありました。この1年間はとても感慨深いものがあります。それは私だけの胸に閉まって置きます。決して明るい話ではないので。 さあ音楽の方へ、今回は何と言えば良いか?、通常のニュートラル・サウンドでしょう。 1曲目リチャード・マークスの89年のヒット曲。彼はこの曲がピークだったかも知れない。動画は30周年の軌跡をコマ切れに…

続きを読む

全面解除かぁ。札幌市は国の基準をクリアーしてない。まぁ経済界の力に押されたんでしょう?。 音楽は PRETENDERS

今日5/25で「緊急事態宣言」を解除する事は、政府と感染症の専門家による諮問会議で決まったことなので、従わざるを得ないのですが。。。札幌の実情は好転してる様には思えない、この市民感覚は私1人だけじゃなく、かなりの人もそう思っているのでは?。市民の誰がしもが恐れているのが、解除後のリバウンド。次に来たら第3波なんです。コチラ北国の特殊性を真摯に考えてくれたのか?。不安が残ります。 さてココは…

続きを読む

外出自粛とは致し難いことでしょう。でも「心の自粛」とは受け入れない。 音楽は SUPERTRAMP  他

珍しく日曜日の朝の投稿(なに、夜中の3時に目が覚めてグタグタしてただけです)。私思うんですけど、夜中に記事を作るとタバコの本数が増えること増えること。こりゃあアカンです。 ヤバイっす!。完璧な朝になっちまった。急がねば。1、2曲目はスーパートランプと言うイギリスのグループ。最近ホントにスーパーが混んでいますよネ。あの行列って私嫌いなんですヨ。本州なら当たり前のことでしょうけど。でもって、彼…

続きを読む

木曜夜の中途覚醒はもう当たり前となって来たのか?。苦しいさ中の更新。 音楽は TEARS FOR FEARS 他

昨日4月16日は、この日本国にとって特別な日となるでしょう。パンデミックから「非常事態宣言」が全国に拡大した日として。さあこれからが本当の正念場であります。現時点でのコロナ感染者は9千人を超えました、何とかしてこれを鈍化・激少させましょう。一人一人が自覚を改めて生きなければ。 ココは洋楽ブログ、何の役にも立たないですが、お付き合いしてくれれば重い気持ちを少しでもと、思っています。 早…

続きを読む

今回は見逃していただきたい。シンセサイザーは、私の本意ではないのです。 音楽は HUMAN LEAGUE 他

何でこうなったのか?。夜中に作成していてオカシクなった、こう書かざるを得ないと思います。 前半2曲は、ヒューマン・リーグの作品。2曲目の方が早く出して(81年)ヒット曲となる。1曲目は86年の作品でこれもまたヒット曲になりましたとさ。 後半の2曲目は、ペット・ショップ・ボーイズ。3曲目が87年に出したヒット曲で一番有名な最後の曲は、93年の発表。 いずれの曲も、日本で言う「テク…

続きを読む

土曜のたおやかな午後、如何お過ごしでしょうか?。私は留守番ですけどネ。 音楽は STARSHIP 他

外出自粛は長引くとキツイですねぇ。今回の一連の流れで新しい言葉がポンポン出て来て、クラスターにロックアウトですか?。いやはや考えるもんだ。今日は天気の良い土曜日、何かスカッとするモノが欲しいですなぁ~。そんな訳で始めます。 さて、早々と1曲目スターシップと言うバンド。このバンド60年代から知っていますが、当時はジェファーソン・エアプレインで一旦解散して、ジェファーソン・スターシップに、その…

続きを読む

真夜中に目が覚めた時の、開き直った骨太の騒々しいサウンド。例えれば本一の四暗刻(スーアンコウ)でツモっ!  音楽は BURUCE SPRINGSTEEN

近頃は夜中に目が覚める(途中覚醒)。腹が立ってバカデカイ音量のサウンドが聞きたくなる時があります。それが今回のブログ。目新しい所は、新しいライブが入っていること位。メジャーでメロディーな曲は以前公開したモノに変わりありません。 ライブの場所は、1,3曲目がスペインのバルセロナ、4曲目は分かりません。年代も分かりません。彼はワールド・ツアーを何回もやっていて、ビデオのまとまりが付かないのです…

続きを読む

四変化・・・・とは言えど、いつもコロコロ音楽は変わっていますけどネ。 音楽は PINK FLOYD 他

新型コロナウィルスに無敵な人間などいない。私はニュースを見るのを極力減らしています。見ると気分が落ち込むからだ。コロナの人数と関連のことバッカシですから。 能書きはもういいでしょう。ココは洋楽ブログ、気分を落ち込む所ではないのです。最近どうも骨のある音楽が出てない、ならばと言う訳で1曲目ピンク・フロイド。デヴィッド・ギルモアのギターが吠えに吠えまくっています。プログレシブ・ロックの先駆者で…

続きを読む

何とも息苦しい様な日々の続き。今の私には、やはり華が必要なのです。 音楽は ARABESQUE 他

週末に外出を控えろって、コチラ北国も経験しましたが結構シンドイですよ。でもNYやLondonでは今実行しているんですネ。東京やその隣接する県でも忍耐です。 さて音楽ですが、前回は当たり前過ぎた。今回は華を求めて軽薄過ぎたかも?。曲の紹介は致しません、何だかムカついて来そうで。ただ音楽を聞き流すだけ。それでイイじゃないですか。良心的解釈からすれば、曲の説明は必要でしょう。だけど正直言って私は…

続きを読む

東京オリンピック・パラが1年程度延期、色々と問題はあるにせよ妥当だと思います。 音楽は EAGLES 他

夜中に目が覚めて気が重いです。コロナウィルスのパンデミックが全世界を狂わせてしまったとは。個人の生活や家庭、社会全体・経済情勢そして東京オリンピック・パラの延期。年初めの2月早々からおかしくなるとは、更に先が見えないときた。如何せん私には無力。 ボーっとした頭で音楽へ、チコちゃんに叱られるネ。こんな状態なのでとりとめのないオムニバスになるでしょう。時間がないので、前段の部分で曲の単純な紹介…

続きを読む

ソロ活動は大変な事だと思います。Part Ⅰ  音楽は after the ABBA アグネッタ REMAKE版

2~3週間前でしたか、N〇KのBS1でABBAの特集を見ました。皆さん特に女性陣は色々と大変な事に合ったとの事でした。思えば5年位前にアグネッタの特集を組んだっけ。でも私のブログでは認知度が余りにも低すぎると感じてました。 本名:アグネッタ・フォルツコグ、今年で69才のオバちゃんになりました。然し、あの伸びやかで艶のある高音はまだ私の耳に残っています。とても甘くて。アバのファンは当時熱狂的…

続きを読む

洋楽:タイトルを付けない・・・・・・のも1つのネタか?  音楽は JANIS IAN  他

今回の主題は、「日本語の訳詞」であります。曲もさることながら、訳詞の比率が70%以上。そんな訳で曲の最低限の説明・解説は省略させて頂きます。(どうせ大した読んでくれて無いと思うんで)。 さて、訳詞と言うと「Kei」さんを思い出します。もうかなり前、何年も前から訳詞されています。幅広い年代・ジャンルの曲について書かれています。相対的にセンスが良く柔らかい感じの訳詞に、なるほど~と思った事しば…

続きを読む

今度は木曜の夜が眠れなくなっちまった!(いい加減にせぇよ)。 音楽は VAN HALEN 他

眠れない時は、どう頑張っても眠れないモノでありんす。ベッドから起き上がると何故か気分がHigh。今夜は賑やかにヤッタろうか?。 まぁ、隣近所に迷惑ならない程度にしましょう。何せ真夜中なもんで。 藪からスティックに音楽へ突入。最初はヴァン・ヘイレン、と言えばやはり「JUMP」で95年のライブから。この音源が一番良いのでは?と思いますネ。HRだけどシンセロックとも言えます。シンセの音がキレキ…

続きを読む

金曜日の夜は、いつも眠れない。よってブログ作りの訳でして・・・・。音楽は Melissa Manchester 他

新型コロナウィルスは、我が国において猛威とまで言わなくても、脅威の感が段々と表面化しているかの様に思えます。今起きているのは2次感染・3次感染の類です。ウィルス保菌者は目に見えません、そして重症率は低いのです。私たちは先ず「アルコール消毒」「手洗い」「うがい」をコマ目に行いましょう。最終的に自分の体を守るのは自分でしかないのだから。 さていつもの様に音楽へ、また古くマイナーな曲かも知れませ…

続きを読む

外はとても寒いです。そんな時には熱いハード・ロックでも宜しいかと。 音楽は Doobie Brothers

さて何から書こうか?。ドゥービーは私の中学生の頃に初めて聞いたと思います。当時ウェスト・コースト・サウンドなるモノが流行りし時期でした。ネーミングからして何だか爽やかな感じがしました。Eaglesも西海岸の拠点としたバンドでしたが、彼らのサウンドは重かったように感じていました。それに比べドゥービーは軽やかで華やかさに分があったと、好んで聴いていました。 今回動画は4曲共無事成功しました。後…

続きを読む

ブログ更新スピードアップ 人工的なサウンドも有りだと思います。 音楽は 10CC 他

ブログの更新が早くなっています。何故か?、限りある命にとても急いているのです。「急いては事を仕損じる」と言う言葉は、私には当てはまらない。私には、病院の突拍子もない指示に従うしかないのだから。今週中には結論が出るでしょう。 さて、詰まらない話はさて置いて、70年代はギターの時代でした。80年代はシンセの時代と言えるかも知れない。キーボードの中では、私はフェンダー・ローズが一番好きでした…

続きを読む

私としては異常、世間様では当然のこと。ある意味感謝デーとでも申しましょうか。 音楽は QUEEN

ココのウェブリブログ、分からない事が沢山あって、色々とイジっているのですが、何だか随分と右に寄っています。分からん?。(変更します。アレっ又変になっちゃった?) 。 今回は珍しいBANDの登場で、ココでは初登場なんですが80年代のグループ。ハッキシ言っちゃうと50代のオバハン達の為のファン感謝デー、てな感じでしょうか?。 記事よりも、ブログ編集でやたらと時間がかかって、もう疲れたの…

続きを読む