テーマ:ジョージ・ハリスン

もう世間様には秋の風。ブログラムも今月末で終了かぁ。 音楽は Paul MacCartney 他

Paul McCartney-Hope Of Deliverance 軽快なリズムと例によって、ポールの素敵なメロディー。イイんですこれで。何せコチラ今朝の最低気温が9℃。寒っ!。まぁいつもの事ですけど、この時期は。チト待った、ニャンズ達にエサと水を与えるもんで。(*^-^*) この曲は93年の発売で、英米ではシングルヒットしな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FA選手のダルビッシュが、遂にシカゴ・カブスと合意。 音楽は George Harrison

一カ月ものブランクを空けてしまい、大変恐縮しています。この間に色々な事がありました。まず①にダルビッシュの行き先となる球団が思いのほか決まらなかった事。②に私的なことですが、右目に異常が生じ視力低下・歪曲・変視によりPC作業が困難になったこと。これは業務上でもとても困りました。 さて、2月11日今日の早朝、ダルビッシュのニュースが…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

年の瀬も押し迫りましたが、ココは静かに緩くフェードアウト 音楽は CHICAGO 他

もたもたしてられません。26日だというのにサンタがTOP画面とは!。然し、今年の雪の多さにはホント参った。これから冬本番なのに、どんだけ降るのか脅威にも思えます。本州の方には、どう書いても理解が難しい話なので止めて置きます。 さて今回もオールディーズにしましょう。年の瀬ですから。とんがった曲はナシ。 早速ですが曲の方に。長いこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想定外の更新? いえいえ平常運行でありんす。 音楽は Travering Wilburys

前回より9日間だけ置いての更新は、想定外だったでしょうか?やはりココは気まぐれな所だった。 然し中身が伴なわなければ意味がないです。今回は60~80年代の良き時代を凝縮したサウンド。トラヴェリング・ウィルベリーズ。何てたって面子が凄い。ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、ジェフ・リン、トム・ペテイ・、ロイ・オービソンの5人が集まっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久し振りでっす。 オールド・アコースティック Mary Hopkin「悲しき天使」 他 

1曲だけ聴いてすぐ帰らないで頂きたい。この後に良いのがまだありますから。Mary Hopkin「Those were the days」(悲しき天使)。1968年の大ヒット曲でポール・マッカートニーのプロデュース(作曲・作詞はポールではありません)によりアップル・レコードから発売。 ちなみにこの時、彼女18才私は小…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

長く感じられた1ヵ月でした。 音楽は:George Harrison 「You」 他

大変長く感じられた1ヵ月でした。私の場合では、「心配疲れ」「共感疲れ」で体調にかなりのストレスがたまり絶不調であります。(注:夜の巷に行けば解消できると私は思うのですが・・・・「夜の札幌経済」も心配なのです。) 今日の昼、東電は損害賠償の一時的の仮払金を支払う表明を出しました。当然でしょう。然しそこで気になるのが、私らが頑張って投…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「前書き」&音楽:今日はジョージ・ハリスンの命日です。 Love comes to everyone

先ずは、前回書き示すことができなかった<シリーズ第6弾>について、改めて書いてみましょう。そして今日11月29日はG・ハリスンの9回目の命日に当たります。肺癌と脳腫瘍により58才の若さでした。若すぎる出来事でした。 <シリーズ第6弾の公開に当たって> ①シリーズ・タイトルは、「The Last Time?I Don‘t Kn…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

一時の安堵に「和み」の曲を Luis Armstrong, George Harrison,他

誰もが1度は聞いたことがあるメロディ。そう、サッチモこと「Luis Armstrong」ルイ・アームストロング。1967年、イギリスのあの2つのグループが、世界を席巻するかの如く活躍していた時期の、彼のメガヒットでありました。 「What a wonderful world」この素晴らしき世界。彼はジャズトランペット、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

何故か「マ」行でビートル3人が一緒に集まってしまった。「My Sweet Lord」他

Geoge Harrison「My Sweet Lord」、John Lennon「Mind Games」、Paule Mccartney「My Love」と旨い具合に、マ行で3人が揃い踏みとなってしまいました。 誰が大関で、誰が横綱なんて野暮な話はナシですね。皆同じビートルですもの。敢て「元」とは付けません。みんなの心の中にまだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっぱり気になる George Harrison - Awaiting On You All

朝一発目にEric Claptonを公開して、その後外出してても何か頭の奥底に引っ掛かるものが。何だろうって?。用事も終わりかけた時、あっ!ジョージだ。エリックとジョージは切り離すことできないんだ。 あわてて帰路へ。すぐさまG・ハリスンの曲調べ、「ア行」で好みの曲を見つけたのがAwaiting on you allでした。前回のシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何の気なしに、George Harrison - Wah Wah

ホントに何の気なしに始まった、アルファベット頭文字のアーティスト・シリーズも6回目。 今回はGです。Gと言えばジョージ(Geoge)が真っ先に浮かんでしまいます。 そうなると、次に来るのは? やっぱりハリソン。そうジョージ・ハリソンでしょうか。 01年11月58才の若さで逝去した後、彼の残した名曲やBeatles時代の活躍が次…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more