もう世間様には秋の風。ブログラムも今月末で終了かぁ。 音楽は Paul MacCartney 他

Paul McCartney-Hope Of Deliverance 軽快なリズムと例によって、ポールの素敵なメロディー。イイんですこれで。何せコチラ今朝の最低気温が9℃。寒っ!。まぁいつもの事ですけど、この時期は。チト待った、ニャンズ達にエサと水を与えるもんで。(*^-^*) この曲は93年の発売で、英米ではシングルヒットしなかった。(歌詞が説教じみていたそうです)。邦題:明日への誓いって、私にも解らない。禁煙なんか何回も失敗してるし。
George Harrison-That‘s The Way It Goes 次はジョージ・ハリスンで82年の曲、泣きのスライドギターが冴えわたっていますねぇ。彼の作る曲のメロディーもポールに劣っていないと思うのですが・・・・。ポールみたいな明るさがないからでしょうか?でも交友関係は一番広かった。それに曲からは「優しさ」が一番伝わって来た感じでした。
Stephen Bishop-On And On 3曲目はスティーヴン・ビショップ、皆さん方覚えていますか?。76年の彼の最大のヒット曲と言えましょう。76年の頃ではメチャ遊んでいたのですが、このほろ甘い曲シッカリと脳裏にありました。彼は現在でも活動中だそうです。大方の皆さんはジョン・レノンが来ると思っていたでしょう。10月9日が彼の誕生日だから。然しその手は使わないんだなぁ。もう長いことやっていると、冠婚葬祭だけで十分!。
Enya-Wild Child 暖かいみそ汁とコーヒーを飲んで、やっと体が暖まりました。そんな分けで最後はエンヤ。えんやこらさとは違いますよ。彼女はアイルランド出身の女性で、音楽にケルト音楽の影響がありますね。でも、性格は頑固だと思う。 144チャンネルのデジタル・マルチトラック・レコーダーによる多重コーラスだなんて普通の人には出来ないでしょう。実はこの曲初期の頃に公開してました、2000年発表の曲。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 08:56Comment(4)

FA選手のダルビッシュが、遂にシカゴ・カブスと合意。 音楽は George Harrison

一カ月ものブランクを空けてしまい、大変恐縮しています。この間に色々な事がありました。まず①にダルビッシュの行き先となる球団が思いのほか決まらなかった事。②に私的なことですが、右目に異常が生じ視力低下・歪曲・変視によりPC作業が困難になったこと。これは業務上でもとても困りました。 さて、2月11日今日の早朝、ダルビッシュのニュースがやっとカブスで決まりと発表されました。野球ファンの方ならば皆知っていることでしょう。昨年のFA開始から100日目でした。あ~~長かったですねぇ。でもまだ契約で はありません。これから身体検査の日を調整する予定です。 私の目については、まだ治療中でして何分にも文章入力がとても苦痛であります。色々と裏話などもあるのですが、割愛させて頂きたいと思います。またいつかの機会にでも。 それでは本題に、ダルビッシュとカブスの合意内容です。基本内容は6年で1億2,600万ドル(137億円)それに出来高を含めて最高1億5千万ドル(163億2千万円)。ダルビッシュは6年の長期契約を言ってましたので、これは守れた形。 然しながら、年俸は2千百万ドルと思ったほか低くなった感があります。ヤンキース田中は年俸2千3百万ドルですからネ。 (個人的には、ダルは3月まで引っ張る腹積もりだと思っていました。) こうして書きながら、まだFA市場には100人以上の未契約選手がいること、その中にイチローや上原、田沢もいることが残念でなりません。今季のFA市場は恐ろしく遅い、MLBでも史上2番目の遅さ。2月14日からキャンプ・インだって言うのに。未契約の選手は、選手会の用意した施設で練習が出来るようですが、この先どぉーなるのかっ!。 目がキツくなって来たので、後一言だけ、カブスの球場は「バッターズ・パーク」であること、ダルはまたホームランの出やすい球場で投げることになるんだなぁ。まあナ・リーグですから指名打者が無くなりますけど。その分ダルがバッター・ボックスに立たなければ。 それでは音楽へ、選曲したのはこの100日間のタヌキとキツネの化かしあいの後、少し爽やかな気分が欲しくてジョージ・ハリスンの曲。ドジャース・ヤンキース・アストロズ・ツインズ・レンジャーズ・ブルワーズ・フィリーズと色んなチームが現れて消えて行った。(お前ら、本当に欲しい気があったのかっ!) 1曲目は、そんなダルの気持ちの葛藤を表した曲。(余りにもそんなに待たせるなよ!)
Don‘t Let Me Wait Too Long
It Don‘t come easyリンゴ・スターではなく、ジョージのヴァージョンを持って来ました。音がこっちの方が良いんです。意味するのは、簡単じゃない、そう上手くはいかないなぁ。
Run Of The Millこれは1行目 Everyone Has Choice(誰でも選択する権利を持っている)、これだけで選曲しました。単純ですネ。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 12:48Comment(10)

年の瀬も押し迫りましたが、ココは静かに緩くフェードアウト 音楽は CHICAGO 他

もたもたしてられません。26日だというのにサンタがTOP画面とは!。然し、今年の雪の多さにはホント参った。これから冬本番なのに、どんだけ降るのか脅威にも思えます。本州の方には、どう書いても理解が難しい話なので止めて置きます。 さて今回もオールディーズにしましょう。年の瀬ですから。とんがった曲はナシ。 早速ですが曲の方に。長いことやって来ましたが、オールディーズの中でも穴が結構あるもんです。その穴の中から数曲ピックアップして見ました。 1曲目はシカゴ、60年代後半からブラス・ロックで有名になりました。でも年を経てバラードを主にするバンドになりました。その中で、76年初めての全米1位となった「If you leave me now」。ココではシカゴを余り取り上げなかったのです。ピーター・セテラのキレイな高音は、当時もうソロを考えていたのか?。(注)画像はただHQを取り上げただけで、暗い雰囲気にならないで下さい。
CHICAGO-IF YOU LEAVE ME NOW 2曲目はCSN&Y、当時私はニール・ヤングを友人から攻め立てられていました。BANDとしては、ニールはアルバム1枚だけ参加したのみだった、と言う記憶があります。間違っていたら失礼します。この曲はグラハム・ナッシュの作品で70年の発表、アルバム「デジャ・ヴ」からです。このアルバムまだ聴いていない方、是非ともお勧めします。
CSN&Y-TEACH YOUR CHILDREN 次はテンポを変えてソフト・ロック、キャロル・キングのおばちゃま。彼女の場合は、「つづれ織り」のメガヒットで他のアルバムがかすんでしまう結果となりました。でも71年に1月「つづれ織り」の後」、12月に出した「MUSIC」も優秀だったのです。この中からテンポの良い「Brighter」。いつも思うのですが、バックのコーラス好きだなぁ。
CAROLE KING-BRIGHTER 4曲目は、理由をどうしても説明つかないジョージ・ハリスンで、それも「MY SWEET LORD」。46年経ても尚私には気になる曲。以前バングラデシュコンサートで1度UPしました。また「曲の盗用」で訴訟まで発展し、多額の損害賠償を払うことにもなりました。 そんな事より、私にはジョージの曲を愛する。それ以外何もないのです。
GEORGE HARRISON-MY SWEET LORD
posted by 恐妻家のミック&Keith at 20:19Comment(2)

想定外の更新? いえいえ平常運行でありんす。 音楽は Travering Wilburys

前回より9日間だけ置いての更新は、想定外だったでしょうか?やはりココは気まぐれな所だった。 然し中身が伴なわなければ意味がないです。今回は60~80年代の良き時代を凝縮したサウンド。トラヴェリング・ウィルベリーズ。何てたって面子が凄い。ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、ジェフ・リン、トム・ペテイ・、ロイ・オービソンの5人が集まったというバンド。各々のレコード会社の所属がバラバラだったため、ウィルベリーズ性の兄弟として名乗った覆面バンド。 活動は1988年~1990年までで2枚のアルバムを残しただけ。1枚は、ボブが納得しなかったため未発表と言われてもいます。まぁボブは、ジョージに引き込まれた感じですけど。ジョージやボブについては皆さんご承知の通り、残る3人について少しだけ述べましょう。 ジェフ・リン 元ELOのリーダーで、70~80年代で多くのヒット曲を生み出しました。もじゃもじゃ頭で黒のサングラス、そしてベスト姿が多いです。 トム・ペテイ 彼はトム・ペテイ&ザ・ハートブレイカーズで70年代から活躍しTOP10に入るアルバムを多く出しています。山高帽を被っている姿の人物がそうですね。 ロイ・オービソン 最初のPVで2番目にヴォーカルをとる人。彼の代表曲は、映画「プリティウーマン」の主題歌「オー・プリティ・ウーマン」が余りに有名でしょう。他にもヒット曲あります、然し残念ながら88年12月に心筋梗塞で亡くなりました。まだ52才の若さでした。 今回の曲を聞こうとするならば、カッキーンと冷やしたビールを用意することおススメします。私はもう飲んでいますが。 HANDLE WITH CARE
END OF THE LINE
HEADING FOR THE LIGHT
さて4曲目ですが、ボブ・ディラン殿の曲にしました。もう足掛け6年もこのブログを作っているのですが、ボブの特集は1回しか発表してないのです。どうも気が重苦しくなり、創作意欲が消沈するのです。 丁度いい機会だと思い、ボブ・ディラン30周年のコンサートからの1曲。1993年ですからジョージもまだ元気でした。曲は1964年の作品です。 メンバーも豪華で、エリック・クラプトン、ニール・ヤング等。最初のヴォーカルは元バーズのロジャー・マッギン憎い演出です。クラプトン節のギターは抑え気味、ニールのギターは相変わらず心を揺さぶりますね。そしてヴォーカルのトリはジョージ、感動ものでありんす。 BOB DYLAN-「MY BACK PAGES」 ブログ作成中に、ジャック・ブルース死去のニュースが入りました、72才でした。年とると誰かさんが死んだと、そんな話ばかり。こればかりはしょうがないのですね。 合掌
posted by 恐妻家のミック&Keith at 00:43Comment(4)

久し振りでっす。 オールド・アコースティック Mary Hopkin「悲しき天使」 他 

1曲だけ聴いてすぐ帰らないで頂きたい。この後に良いのがまだありますから。Mary Hopkin「Those were the days」(悲しき天使)。1968年の大ヒット曲でポール・マッカートニーのプロデュース(作曲・作詞はポールではありません)によりアップル・レコードから発売。 ちなみにこの時、彼女18才私は小学生。彼女はその後21才で結婚して引退したというもったいない話。
やはり夏だけに、Albert Hammond「It never rains in Southen California」(カリフォルニアの青い空)。これは、3年近く前に1度公開したのですが、別ヴァージョン。 ウィキペディアでは、3年前と比べて内容が縮小されているようです。この曲は1972年のヒット曲なのですが、私ら同年代には、73年南 沙織が出したシングルの方が影響されたかも。
やはり夏だけに、1977年発表のCecilo&Kapono「The Night Music」。彼らはハワイ出身のデュオ、私あまり良く知らないんです。ですから、そっちで気にして下さい。まぁ~ハワイの夜景でも味わって頂ければ、と思うのです。 しかし、ドラムの奴、シンバルやけに手数が多いですね。
最後はまったりと渋く、George Harrison「All thing must pass」。70年のアルバムに入っていた曲。とてもゆったりとした気分になります。このRemaster版は、とてもサウンドがクリアーでキツくないですね。 この原盤は、あのフィル・スペクターのウォール・サウンドでしたが、あの良さと反対に目の前が霧にかすんでしまう欠点もありました。今回のサウンドは、見事に払拭したと言えるでしょう。 ブログ終了後、私は休めない。浦太さんの音源にVOのパートを作って歌わなくてはならない。遊びのつもりが、段々ハードルを上げてきた。ちくしょうめ!あ~私にはメイン・ボーカルなんて無理なんだろーか?
posted by 恐妻家のミック&Keith at 06:45Comment(16)

長く感じられた1ヵ月でした。 音楽は:George Harrison 「You」 他

大変長く感じられた1ヵ月でした。私の場合では、「心配疲れ」「共感疲れ」で体調にかなりのストレスがたまり絶不調であります。(注:夜の巷に行けば解消できると私は思うのですが・・・・「夜の札幌経済」も心配なのです。) 今日の昼、東電は損害賠償の一時的の仮払金を支払う表明を出しました。当然でしょう。然しそこで気になるのが、私らが頑張って投じた義援金について。赤十字を中心に1,300億円以上も集まったこの義援金の配付があまりに遅すぎる。これが私の一番腹の立つことなのです。 それと、私の身近では、同じマンションの上階で自衛隊のH氏、そして留萌に居る友人の息子さんで同じく自衛隊の方。東北に行ったきり帰って来ない。連絡も1ヵ月経って1回電話があっただけで、こちらからは通じないそうです。 これらご家族の方々の心労も大変だと思います。私には何もできる術がない。ただ身の安全を祈るしか。 さて、今回はGeorge Harrison。今まで何回も登場して来ましたが、彼の嫌味のない心地よいサウンドが聴きたくなったのです。前回のChaka Khanとは真逆でもあります。 1曲目は、君=あなた=「You」で1975年のヒット曲:音が小さ目であまりクリアーではありません。
2曲目は、「Thia is Love」1987年発表の曲。80年代半ば半引退状態から抜け出たジョージの久々アルバムからです。動画は2009年Remasterされたもので、音がバカでかいので注意して下さい。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 17:33Comment(4)

「前書き」&音楽:今日はジョージ・ハリスンの命日です。 Love comes to everyone

先ずは、前回書き示すことができなかった<シリーズ第6弾>について、改めて書いてみましょう。そして今日11月29日はG・ハリスンの9回目の命日に当たります。肺癌と脳腫瘍により58才の若さでした。若すぎる出来事でした。 <シリーズ第6弾の公開に当たって> ①シリーズ・タイトルは、「The Last Time?I Don‘t Know(最期か?イヤ分からん)」これは、ストーンズの初 期のナンバーからによるものです。この方向性は、以下に段々と述べて行きます。 ②ブログ・スタイルでは、今までの1ブログ4曲を減少すなわち3曲ないし2曲になると思います。これは読者サイド  の立場から、そうした方が荷が軽いと思えました。 ③さて、総合的な面についてですが、ブログ開始1年半以上、公開曲数600以上、にもなった現在。今ブログの引  越しをも考えています。勿論そうなった場合、読者の皆様には決してご迷惑をかけない様処置する所存でありま  す。 以上が要点ですが、何か後ろ向きで前向きさは?と思う人もいるでしょう。然し私なんか、3~5年もブログをしてる方々にすればひよっ子みたいなもの。まだまだ先があると言う事を認識しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー             George is on my mind  ジョージは、個人アーティストとしては一番登場が多いと思います。いずれも単発ではありましたが。やはりそれだけ思いいれが強かったのでしょうか。彼の息子さんダーニも32才になり、ミュージシャンですね。 ジョージの晩年は、ひどく痩せていました。病気のせいだったと思います。ですが、若い時は渋く格好良かったですねー。今回は命日と言うことでもあり、渋い線で迫って見たいと思うのであります。 先ず、70年Rockの金字塔とまで言われたアルバムAll things must passから、1曲目「Run of the mill」そして2曲目「Behind that locked door」
3曲目は79年の作品「Love comes to everyone」。マニアの内でも評価が高く、ブロガー仲間の女王ともちゃん一押しの作品でもあります。イントロのリード・ギターがクラプトンだからか。

一時の安堵に「和み」の曲を Luis Armstrong, George Harrison,他

誰もが1度は聞いたことがあるメロディ。そう、サッチモこと「Luis Armstrong」ルイ・アームストロング。1967年、イギリスのあの2つのグループが、世界を席巻するかの如く活躍していた時期の、彼のメガヒットでありました。 「What a wonderful world」この素晴らしき世界。彼はジャズトランペット、歌手、映画出演と幅広い活動をしました。ジャズ会では稀な存在でした。この曲の暖かみ、私は死ぬまで忘れないと思います。 ちょうど私が、ストーンズを夢中になって聞いていた頃、1971年彼は69才で亡くなりました。真に巨星落つ、そんな感じを受けました。
私が、このグループを知ったのは、子供の頃テレビでモンキーズ・ショウを見た時からでした。陽気な4人のアメリカの若者たち。そんな感じでした。ただ音楽付きっていう面が新鮮な感じをうけました。 そもそも、彼らはオーディションで選ばれ、テレビ番組とレコーディングを同時進行させる、という事は当時斬新だった訳です。かなりのヒット曲があったかの様に思えます。然し日本ではやはりコレでしょう。1967年作 「The Monkees」でDaydream Believer。彼らの場合、とても商業主義的に造られたグループであった、という面で何か物足りなさを感じたのですが、この曲は優れていると思います。特にサビの部分がですね。
さて、今まで何回も登場してきたGeorge Harrison。この曲はボブ・ディランの70年作曲です。え~とですね、ディランの記事の中で、1回オリビア・ニュートンジョンのカバーで出しました。 ジョージは、はっきり言って天才ではないと思います。ポールやジョンに誘発されてコツコツ作り出した、そのような作品が多かった様に思えます。この曲も派手さを抑えて、いかにもジョージらしいサウンドに仕上がっています。 私はピアノの朴訥な音色が、好きでなりません。あ~あジョージ行くの早過ぎだよ。
このジョージの代表曲とも言える曲。今まで公開しないで、ずぅーっと囲っていました。今回「和み」のRockとして公開することにしました。例によって71年バングラデシ・コンサートのビデオから。 このミディアム・スローのリズムそしてクラプトンの若き日のギター、ジョージの白いスーツ姿、全ての要素が揃っているライブ。あの白いアルバムとは別物のようなサウンド。それ故「和み」のRockと称したのです。 こんなRock、ジョージしかできないと思うんですねぇ~「While my guitar gently weeps」
posted by 恐妻家のミック&Keith at 06:43Comment(9)

何故か「マ」行でビートル3人が一緒に集まってしまった。「My Sweet Lord」他

Geoge Harrison「My Sweet Lord」、John Lennon「Mind Games」、Paule Mccartney「My Love」と旨い具合に、マ行で3人が揃い踏みとなってしまいました。 誰が大関で、誰が横綱なんて野暮な話はナシですね。皆同じビートルですもの。敢て「元」とは付けません。みんなの心の中にまだ在るのですのですから。 3人の話になると、何日かかるか分かりません。又ビートル・ファン全てを満足させる事なんて、私の力量からして無理なこと。非常に深いーんですね。最小限のコメントだけ、音楽楽しんで頂ければと。 「My Sweet Lord」70年作 例によって71年バングラデシュ・チャリティー・コンサートから。理由はただ単に、私がDVDを頻繁に今だに見てるから。
「Mind Games」73年作 サウンドの創りは、フィル・スペクターの「ウォール・サウンド」をどうしても思い出させますね。渾然一体となったサウンド。まろやかで、バラードも多かったですね。
「My Love」73年作 これは、リンダの事を歌ったので有名ですね。後にポールの代表曲にもなりました。08年 のLive。普通このような新しい画像、「ようつべ」でガードされるんですが、コピーOK。不思議ですね。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 12:26Comment(4)

やっぱり気になる George Harrison - Awaiting On You All

朝一発目にEric Claptonを公開して、その後外出してても何か頭の奥底に引っ掛かるものが。何だろうって?。用事も終わりかけた時、あっ!ジョージだ。エリックとジョージは切り離すことできないんだ。 あわてて帰路へ。すぐさまG・ハリスンの曲調べ、「ア行」で好みの曲を見つけたのがAwaiting on you allでした。前回のシリーズ同様71年バングラデシュ・コンサートからです。 当然、エリック・クラプトンも奥に控え目ながらギターを弾いています。
  ジョージとエリックの親交は、特に強かったようですね。エリックの子息が事故死して、非常に落ち込んでいた時、ジョージはとても親身になってエリックを慰めたそうです。 ジョージの死後、印象的だった事と言えば、イギリス女王即位50周年式典のライブでジョージ・ハリスン死去の追悼として、エリックはポール・マッカートニーと共に「ホワイル・マイギター・ジェントリー・ウィープス」を当時の録音同様リードギター担当、また特別にリードボーカルも担当しました。 ジョージ、あなたはホントにナイスガイだったよ。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 17:14Comment(2)

何の気なしに、George Harrison - Wah Wah

ホントに何の気なしに始まった、アルファベット頭文字のアーティスト・シリーズも6回目。 今回はGです。Gと言えばジョージ(Geoge)が真っ先に浮かんでしまいます。 そうなると、次に来るのは? やっぱりハリソン。そうジョージ・ハリソンでしょうか。 01年11月58才の若さで逝去した後、彼の残した名曲やBeatles時代の活躍が次第 に風化され忘れ去れる事が、とても寂しく感じられる訳であります。 色々選んだのですが、70年バングラデシュ・チャリティーコンサートが適当かと。 エリック・クラプトン、レオン・ラッセル、リンゴ・スター、そしてボブ・ディランも参加。 彼の人脈の広さがわかりますね。Stonesのミック・ジャガーも交流してました。 それで、曲なんですが、Beatles時代はあえて避けて「Wah Wah」です。 ファンの皆さんは、DVDをもちろん持っているでしょう。フルスイング・バンドです。 途中、音が途切れる部分がありますす。ご了承下さい。
posted by 恐妻家のミック&Keith at 20:47Comment(2)