やっぱり気になるCMの曲 Stylistics「Can‘t give you anything」他

そう、あのキムタクのCMの曲なんですね。古き良き70年代がやっぱり思い出させるのです。 ファルセット(裏声に似たもの)を十二分に発揮した、ラッセル・トンプキンスJrのリード・ボーカル。プロデュースはあの「ハッスル」のヴァン・マッコイ。役者は十分ですね。 残念ながら、Liveの画像が余り良いモノがなく、静止画でオリジナル音源です。75年作。 73年作:邦題「誓い」…

続きを読む

シリーズ第三弾公開 「NE184シリーズ」 私なりのS&G① 「I am a Rock」他 

さて、シリーズ第三弾の公開をしようと思います。タイトル名の意味については、ジラして後記に示そうと思いますが、賢明なる読者の皆様方ならもう既にお分かりでしょう。 果たして、第一シリーズから通して見てて下さる読者は、どの位いらっしゃるのでしょう。いないか。そうかもね。それでは、今回のアーティスト:Simon&Garfunkel、実は初めてなんですね。 ずう~っと避けてきたんですね。私の身…

続きを読む

英語版、日本語版 お好みで Celine Dion「A World To Believe In」 

このブログは、90年代以降の曲ってまずない。コアーズだけかな。ここ突かれると非常に弱い。何せライター自身ストック不足なんです。そこで今回は秘蔵の歌姫。 90年代を席巻した歌姫。そうセリーヌ・ディオン、2007年発表の「A World To Believe In」英語版と日本語版のダブルで公開しましょう。 彼女の経歴等は、皆さんの方がよくご存知でしょう。それでは。 …

続きを読む

以前、エンジンスタートは「Shout To The Top」ーStyle Council

昨日は寒かったなあー最高気温17度?。まあよくある事ですけど。今はツツジが奇麗に咲いていますね。処で、タイトル名どこかで聞いたことありますなあー。 そう、朝のエンジン・スタート=フジTV朝番「特ダネ」でオープニング曲 We Built This City(スターシップ)が 4月の記事でした。 今回は、その前々03年にオープニング曲としていた、「Shout To The Top」スタ…

続きを読む

ずっと遠い彼方 「So Far Away」&Special /Carole King 

今日は日曜スペシャル版。2曲用意してみました。その前に、今日は朝から雨で残念ながら運動会は中止。子供さん方は、さぞ気落ちしてるでしょう。 さて本題、前回のシリーズでも登場したキャロル・キング。そのアルバム「つづれおり」にはキラ星の如く、名曲が収まっている為、今回も登場となった訳です。 「So Far Away」は71年、英国BBC放…

続きを読む

燃える炎をくぐり抜けて 「Through The Fire」 /Chaka Khan

明日の日曜日は、当地では運動会だそうです。雨にならなければ良いのですが。親御さんの労力たるや、子供達以上に大変なものですから。 さて、今回登場するのはチャカ・カーン。曲名は「Through the fire」84年作 彼女風のバラードです。70~80年代、彼女はR&Bの女王と呼ばれていました。 然し、それに留まらずジャズ、ラップ等幅広い活動をしています。それが出来るのは、圧倒的歌唱力…

続きを読む

ラテン・ロックならば SANTANAー「Oye Como Va」 オエ・コモ・バ

このところ大御所ばかり続いてるのですが、しょうがないんです。皆よい曲で好きなんですもの。で、今回はSantana-「Oye Como Va」他には「ブラック・マジック・ウーマン」「ヨーロッパ」「スムース」等いい曲沢山あります。 でも、敢て選んだのはこの初期の曲。当時70年代前半「ラテン・ロック」と言われる先駆者で、今なを活動し続けて います。 この曲、今聞いても自然と体がスイングす…

続きを読む

CHICAGOの長い夜  「25or6to4」 また朝帰りかー。

今回はChicago。曲名は「25or6to4」この意味って当時不思議でしたね。今は考えない事にしてるんです。単なる時刻のこととしか思ってないんです。 Chicagoももう40年のキャリア。でもオリジナル・メンバーは1人もいません。私みたいな中年にとって「ブラス・ロック」なる響きは、彼らが始めてでした。 その後70年代半ばから80年代には、バラード系に移って行きました。大ヒットした「…

続きを読む

「サ」行の始まりは・・・・「Stairway to heaven」-Led Zeppelin

今回より「サ」行の始まりです。トップ・バッターは、Led Zeppelin 「Stairway to heaven」 もう何も言う事ないくらいの名曲の1つですね。 前回の「アルファベット・シリーズ」Lで、さんざん冒頭で振って置きながらウッチャッて他のグループに。いやはや失礼致しました。 もうそんなバカな事しません。で、「ようつべ」で調べたんですが、音質的及び画像的に満足できるのって少…

続きを読む

心の愛って大事ですよネ。音楽は Stevie Wonder

このシリーズも残りわずかとなりました。で、気づいたんですけど、まだ黒人ミュージシャンが登場してませんでした。私は人種差別反対論者なので、これはイカンと。 それで、今回はアルファベットS。スティービー・ワンダーさんの登場。あ~よかった間に合って。彼の歌にはソウルがあります。暖かい響きがあります。 私みたいな俗っぽい人間には、頭が下がります。 それでは私にも一言。この世界上ではまだ人種差…

続きを読む

お色気 第2段 「番外編」 The Three Degrees -

前日、色気が足りないとの「天の声」によりアルファベットOは、オリビアに決まり。 今日は今日でもって、「天使のささやき」が耳元にまとわりつき、番外編Part2です。 邦題「天使のささやき」はWhen Will I See You Again 74年作 スリー・ディグリーズ どうだい、このブログもずいぶん色っぽくなってきたでしょう。大人のムードよ。 画像…

続きを読む

エンジンスタートは We Built This City - Starship

さて、今日からは通常に戻り、今回はアルファベットのJ。しかし頭痛い ここのクラスは大御所ばかり、ジョン・レノン、ジェームズ・ブラウン、 ジェフ・ベック、その他大勢います。一件絞るとすると・・・・・・ で、極めて個人的な事なんですが、私の朝のエンジンスタート=フジ TV朝番「特ダネ」オープニング曲=「We built this city」ですが、 85年当時Starshipと言う名で…

続きを読む