テーマ:ハ行

今日は12月14日でっす! 音楽はFoo Fighters「Walk」「The Pretender」

今日は12月14日、忘年会も休止日であります。皆の衆何の日か分かりますか?。えっ?サッカークラブ杯準決勝だろうって?、何、私の誕生日だって?、そんな事知らぬわっ!冗談は顔だけにして貰いたい(古いセリフだな)。 今日は「忠臣蔵」と昔から決まっているのでありんす。元禄15年12月14日(正確には翌15日未明だそう)大石内蔵助(そちはこ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ドイツのディスコ ボニーM「Sunny」アラベスク「Friday night」「In for・・・・

何故なのか、土日曜になるとディスコが出てくる。○○○にも行かせてくれなくて、ずうっと奥方と顔付き合わすからかなぁ。そうだろうなぁ。 ならば、若くて奇麗なお姉さま、そう私みたいなオヤジでも知っている70年代後半のディスコに出てくるお姉さま。 今回はチョイとひねって、ドイツ出身のディスコ。 ボニーMとアラベスク、ゲルマン民族も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意外?パーシー・フェイス 「夏の日の恋」「ムーン・リバー」「ムーラン・ルージュの歌」 

イージー・リスニング(今でもこう言うのかしら?)は、今回が初めてですね。クラシックは公開した事あるのに。軽々しく思っていた訳でもないんですけど。時々聴くととても癒してくれますね。 今回は、パーシー・フェイス・オーケストラについて、60年代前半の曲ですね。ですからリアルタイムで聴いていた分けでなく、かなり年をとってから聴いたんですね…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行けるとこまで行ってみましょう Bruce Springsteen「Born to run」他

こう言う結論しか、今は見出す事ができませんでした。ここで止める事は中途半端で投げ出すようにしか思われなかったのでした。続行しましょう。どこまでか分かりませんけど。 M・ジャガーが私の師匠ならば、ブルース・スプリングスティーンは私の兄貴みたいな存在。あのマッチョな体と優しい心で私を見守ってくれる。元気を与えてくれるのです。 彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高校野球とVan Mccoy?「The Hustle」「African Symphony」

Van Mccoyと言えば、もちろん「ザ・ハッスル」が余りにも有名ですね。で、「アフリカン・シンフォニー」となるとさていかが?ブラス・バンドをしていた人ならご存知でしょう。 この曲と高校野球と言うのは、ブラス・バンドによる応援歌になっていたのですね。Wikipediaによりますと、最初に使用したのは、87年あの強豪、智弁和歌山高校…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Bee Gees 「マサチューセッツ」「メロディ・フェアー若葉のころ」「愛はきらめきの中で」

ビージーズは不思議ながら今回が初登場です。彼らは良いヒット曲そして長い活動歴を持っていたのですが、正直扱いに困っていたのです。 と言うのも、Bee Geesはバリー、ロビン、モーリスの3兄弟によるユニット。しかし末っ子のアンディ・ギブのソロとしての存在も忘れてはいけない。つまりこのギブ家4兄弟をどう扱うかで躊躇していたのです。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雑記/ Bon Jovi「Livin on a prayer」「Runaway」「Have a・・・

今日は珍しく時間のゆとりがあるので、雑談を少々。今一番懸念している事とは?M・ジャクソンの急死とその後について、これは皆様方でブログ埋め尽くしているので、皆さま方にお願い。 次に、自民党政権の行方(ずい分話変わるなぁ)について、先だって小泉元総理の地元、横須賀市長選で33才のお兄ちゃんに自民は負けた。小泉氏が2回も応援演説に行って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

過去の人? Irena Caraアイリーン・キャラ/Flashdance&Fame

アイリーン・キャラと言う名前、もう忘れてしまった人かなり、いるのではないでしょうか。然し彼女の残した2本の映画とその主題歌。とりわけ主題歌は、記憶から離れません。 それは80年映画フェームの主題歌「Fame」。そして決定的だったのが83年映画「フラッシュダンス」の主題歌「Flashdance」(邦題)。 彼女は、これにより、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渋いロックです The BAND 「Weight」「The night they drove・・・

前々回に登場したボブ・ディランと彼らThe BAND、密接な関係にあった事は皆さんご存知でしょう。65年ディランがフォー・ク・ロックへ移行とした時のバック・バンドを努めていたのです。 その後、ディランは幾度もLiveでザ・バンドをバック・バンドに従えていました。そもそもこのグループ68年に始めてアルバム発表するまで、ホークスと言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に60‘ プロコル・ハルム「青い影」 アニマルズ「朝日のあたる家」

前回ボブ・ディランを公開してからというものの、ディラン・ショックに合い翌日は非常に体がダルく、やっぱり俺なんかディランの記事書く資格ないなぁ。と落ち込みました。それ程までに影響力強いんです。 然し、立ち直らなければ!前に進まねば!やっとキーボード入力できるようになりました。そしてディランが数々の名曲を出した60‘そうオールディーズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Bob Dylan 「天国への扉」「ハリケーン」&「If not for you」

前回とはうって変わった音楽の方向性。Bob Dylan今まで何度も避けて、逃げ回ってきた人物。遂に腹をくくりました。然しながら1ページで彼の50年間に渡る音楽活動を現すのは、到底無理なことだと思うんです。 そこで、今回はピンポイントの部分(70年代前半)を紹介する事とし、またこの機会で、「ナ」行から「ハ」行に移行することにします。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

プロトタイプ 1 BackStreet Boys

今回公開するのは、あくまでプロトタイプ。まあGW用特別バージョンとでも申しましょうか。気楽にどうぞ。色々思考 模索中なのですが、結論はまだ出ておりません。良い案があっても、私のアビリティが問題である等。自分の非力さに嫌気がさします。 (当初の画像は、削除されました。新着ライブ画像を用いました。) 提供す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Van Halen - Jump

さて、今回はアルファベットV。とくればヴァンヘイレンにすんなり決まりでしょう。曲目も「ジャンプ」。異議なし。いや~今回は選択楽でした。前回と比べて。 まあ見てみましょう。84年作「Jump」 カナダ・トロント95年のLive 理屈抜きにノリノリのハードロック。  追記:最初の動画は削除されました。代替としてプロモのビデオを入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は暑かった!音楽はPhil Collins

ホント今日は暑かったです。さて、そんな事にもめげずPCの前で、本題アルファベットP。と言えばピンク・フロイド。この大物しかいないんじゃあ。プログレの巨頭。初期の頃の「独創性」ときたら、う~んと唸ったきり言葉がでない。 それ程強烈なイメージを与えてくれました。 然しながら、私は基本的にはロックンロール馬鹿。あっさりウッチャッテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィギュアは・・音楽は Hall & Oates - Maneater

真央ちゃんは残念ながら完敗でした。ミキティは良く頑張ったと思います。それにもまして キム・ヨナちゃんは、ほぼ完璧でした。ホントにアッパレと拍手を送りたいような 気持ちです。1年後のオリンピックが楽しみですね。 さて、音楽の方ですが、今回はアルファベットのH。これがなかなか良いのが、 思い浮かばなくて、知識不足で申し訳ありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBCの後と、音楽は Faces - Stay with me

さてと、今回はアルファベットのFですね。 Free,Faces,Fleetwood Mac,Foreigner, ここでは、ロン・ウッドが一番仕事してたFacesを取り上げてみましょうか。活動期間は 69~75年と短かったけど、良い曲残してますね。 Stonesのキースが誘ってなければ? 75年ロン・ウッドはStonesを脱退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日2度もボツ、音楽は「君の瞳に恋して」

昨日夜、実はブログを作成したのですが、いつもの如く動画音声を貼り付けました。 けれども、画像がガードされ表示されず、バージョンを変えてみてもダメでした。 それは、Backstreet Boys 97年作 「As long As You Love Me」でした。 You Tubeも気をつけないと! 色んなモノ入っていますん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more