テーマ:75~79年

洒落たキーボードはDave Grusin 「Mountain Dance」「Catavento」 他

1曲目で退いて行った方々はそれで良いとして、続きに進まれる方々はフュージョンを好まれると判断して、話を進めましょう。前回1曲目の末尾は、「D」。それで今回持ってきたのが、Dave Grusin。 今までフュージョンは、アール・クルーだけでした。そしてそのアルバムを編曲、プロデュースしたのがDave Grusinだっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

姪っ子に脅かされてCarpenters① 「Yesterday once more」

Carpenters「Yesterday once more」でした。 昨夜不意に突然、姪っ子から電話がありました。どういう分けか私のブログを嗅ぎ付けたのでした。それから私のブログに対する批判・論評をさんざん聞かされたのでした。 結局の処、奴は自分の好きなカーペンターズを記事にすれ!と言う事だったのです。それも曲目指…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっぱり気になるCMの曲 Stylistics「Can‘t give you anything」他

そう、あのキムタクのCMの曲なんですね。古き良き70年代がやっぱり思い出させるのです。 ファルセット(裏声に似たもの)を十二分に発揮した、ラッセル・トンプキンスJrのリード・ボーカル。プロデュースはあの「ハッスル」のヴァン・マッコイ。役者は十分ですね。 残念ながら、Liveの画像が余り良いモノがなく、静止画でオリジナル音源で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Lの付くもの Minnie Riperton「Loving You」Linda Ronstadt・・

このくそ暑い中、今回はチョっと爽やかな曲をすこしばかり。と言うのも、大原麗子さんの孤独死やのりピーの泥沼の逮捕劇も、気分をさらにブルーにしている為であります。 早速曲に入ります。Minnie Ripertonミニー・リパートンで「Loving You」誰もが1度は耳にしたはず。CMにも使われ、カバーも沢山ありますね。日本人でも多く…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

素適な女性は メリサ・マンチェスター「Don,t cry out loud」「Midnight・・・

いましたね。知名度はあまりなかったかも知れませんけど。心の引き出しのどこか奥にあったんですね。実際のところ私、彼女のアルバム持っていません。 持っているのは、友人から千円で譲り受けた82年作のLDしかないんです。その中に、その中に、心に残る名曲があったんですね。彼女に対する知識は、殆ど持ち合わせていません。 カーペンターズと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

二人だね Boz Scaggs - We're All Alone

前回の「Always on my mind」が中年男性のためだとしたら、この「we,re all alone」は中年女性のためでしょうか?(ワッ女性陣に怒られるかも) 若い方々にも今でも十分通用しますね。ハイッ! この曲は、76年のアルバム「シルク・ディグリーズ」に収められていて、ボズの代表曲でもあります。当時AORと言う表現のハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プロトタイプ 3 カリフォルニア シャワー

       プロトタイプ3です。 前回アフィリメントを止めてみた処、両サイドがすかすかで心もとなく、元に戻しました。 音楽は、ナベサダ=渡辺 貞夫さんです。78年作のこのアルバムは空前の大ヒットになりましたっけ。 これは、フュージョンと言うジャンルの始まりでしたね。今聞いても明るく爽やかなサウンドです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の気分は「ジョリーン」 Olivia Newton- John

今日はアルファベットQです。 が・が・が・気分的にイマイチ。 春の陽気とでも言いましょうか、街行く女性の姿に目をとられます。 前回、前々回と女性アーティストが登場しました。 また、横道にズレます。せっかくテンプレートもピンク色にしたんですよ。 で、今日の気分と言うのは「ジョリーン」オリビア再登場。 (全くの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

前回はボツ、音楽は10cc-I'm not in love

先ほどは、You Tubeの画像ガードでボツ。 ホントはアルファベットのiなんですけど、数字の1にこじつけて10CCです。 75年リリース。私にとっては不思議な曲。とても人工的なサウンドです。 音楽はさておいて、明日から新年度ですね。新しいスタートをされる 方々、どうか頑張ってください。 別に何の力…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WBC続 音楽は「アール・クルー」

今日は、音楽から始めましょうか。アルファベットDとEズルして2つやっちゃエ。 デイブ・グルーシン編曲・プロデュースでアコースティックギターがアール・クルー 77年アルバムFinger Paintingの中から「Catherine」何とも癒される1曲。バックはNYの一流ミュージシャンが勢ぞろいです。 昨日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more