洒落たキーボードはDave Grusin 「Mountain Dance」「Catavento」 他

1曲目で退いて行った方々はそれで良いとして、続きに進まれる方々はフュージョンを好まれると判断して、話を進めましょう。前回1曲目の末尾は、「D」。それで今回持ってきたのが、Dave Grusin。 今までフュージョンは、アール・クルーだけでした。そしてそのアルバムを編曲、プロデュースしたのがDave Grusinだったのですね。画期的な手法による見事な出来でした。 そもそも彼は、ピアニスト、作曲、編曲、映画音楽制作と幅広い音楽活動家です。70年代中盤のフュージョンの波にいち早く乗ってきた人。その時彼は既に40代でした。 さて、1曲目:映画「恋に落ちて」のテーマソング「Mountain Dance」79年作に続いて、2曲目「Catavento」77年作。 彼はこのような、カリプソ風というかラテン系のミュージックも得意でしたね。パーカッションとドラムを巧みに取り入れてます。 それに加えて、フルートを入れ、思うに彼のサウンド・バランスはとても洗練され、洒落て出来上がったものになっているのです。 3曲目は、NY,LA,Dreamband ,count down リー・リトナーがメインとなる曲ですね。サポートしてるのがNYとLAの豪華ミュージシャン。 この中でアップで写るのが、ドラムスのスティーブ・ガッド。はっきり言ってこの男のため、私はフュージョンの世界にハマッたのでした。あらゆるジャンルで独自のサウンドをだすドラマー…

続きを読む

姪っ子に脅かされてCarpenters① 「Yesterday once more」

Carpenters「Yesterday once more」でした。 昨夜不意に突然、姪っ子から電話がありました。どういう分けか私のブログを嗅ぎ付けたのでした。それから私のブログに対する批判・論評をさんざん聞かされたのでした。 結局の処、奴は自分の好きなカーペンターズを記事にすれ!と言う事だったのです。それも曲目指定で。それで急遽、ブログを造り始めて、初めて自主制作ではない内政干渉製作となりました。 叔父の立場も分かって頂ければ、と切に思うのであります。私の記事なんか奴にはどうでもいいんです。カレンの歌声と動画さえあれば。 次は「Close to you」邦題:遥かなる影 決してこのブログ、カーペンターズを軽視しているつもりはなかったと思うのですが、奴から言わせるとABBAをヒイキしてる。との事でした。そうですかねー? あまり、私の主観を書くと又電話くるので、早々と次の曲「I need to be in love」邦題:青春の輝き tar この曲、作曲はレオン・ラッセル。彼も不思議な男。サザン・ロックの他にこんなバラードも作れるなんて!皆さん顔知っています? カレンは、この曲見事に歌いきっています。文句のつけようがないです「Superstar」71年作 ここまで来て思うにすごいビッグ・ヒットの顔ぶれですなぁ。 > 最後に、唯一私の主張が通った1曲「Theres a kind of hush」7…

続きを読む

やっぱり気になるCMの曲 Stylistics「Can‘t give you anything」他

そう、あのキムタクのCMの曲なんですね。古き良き70年代がやっぱり思い出させるのです。 ファルセット(裏声に似たもの)を十二分に発揮した、ラッセル・トンプキンスJrのリード・ボーカル。プロデュースはあの「ハッスル」のヴァン・マッコイ。役者は十分ですね。 残念ながら、Liveの画像が余り良いモノがなく、静止画でオリジナル音源です。75年作。 73年作:邦題「誓い」。甘いですね~。彼らの最大のヒット曲となったのですね。もっと良いLive画像あったのですが、画像が途中で止まってしまうので止しました。 72年作、この曲はカバーしたダイアナ・ロスとマービン・ゲイの方が大ヒットしました。ラッセルの「ファルセット」がとても向いてるんですが。 彼らは、メンバー・チェンジを繰り返しながら、現在でも活動続けています。それと言うのもソウルよりもポップの感覚がより強く感じられるからでは。

続きを読む

Lの付くもの Minnie Riperton「Loving You」Linda Ronstadt・・

このくそ暑い中、今回はチョっと爽やかな曲をすこしばかり。と言うのも、大原麗子さんの孤独死やのりピーの泥沼の逮捕劇も、気分をさらにブルーにしている為であります。 早速曲に入ります。Minnie Ripertonミニー・リパートンで「Loving You」誰もが1度は耳にしたはず。CMにも使われ、カバーも沢山ありますね。日本人でも多く見受けられます。 私の記憶では、彼女は一発屋のイメージ。このLoving Youしか覚えてないのです。この曲は74年のヒットですが、その後癌に侵されて79年、31才の若さで亡くなっていたのでした。 次は、「Rose Garden」Lynn Andersonこの曲ローズ・ガーデンも、1度は聴いたはずでしょう。然し他の曲となると、私はまた浮かんでこない。 彼女は、一貫してカントリー・ミュージックに留まっていたのも一因かも。でも彼女アメリカでは、まだ現役です。 3曲目は、ガツーンと一発ロックン・ロールで締めくくり。予め音量がバカデカイので、絞った方が良いでしょう。 リンダ・ロンシュタットと言う女性も不思議な人。自分のオリジナルは全くなく、全部カバー曲で今まで乗り切って来た人。現在はJazzの世界にいるようです。 Linda Ronstadtで77年作品、これはバディー・ホリーのカバー曲「It‘s so easy」 ブロガーの皆さんたちって、お盆休みないのでしょうか?ない。やっぱりね。…

続きを読む

素適な女性は メリサ・マンチェスター「Don,t cry out loud」「Midnight・・・

いましたね。知名度はあまりなかったかも知れませんけど。心の引き出しのどこか奥にあったんですね。実際のところ私、彼女のアルバム持っていません。 持っているのは、友人から千円で譲り受けた82年作のLDしかないんです。その中に、その中に、心に残る名曲があったんですね。彼女に対する知識は、殆ど持ち合わせていません。 カーペンターズともキャロル・キングとも違う、地に足をつけて朗々と歌う彼女。歌にうねりが聴こえます。それが私にとって魅力となっていたのです。 1曲目彼女の代表曲ですね。「Don,t cry out loud」邦題:あなたしか見えないは、かなり後になって知りました。78年の作品だったと思うのですが。 2曲目「Midnight Blue」75年の作品。確かに夜向きの曲ですね。じわ~っと込み上げてくる、そんな感じです。

続きを読む

二人だね Boz Scaggs - We're All Alone

前回の「Always on my mind」が中年男性のためだとしたら、この「we,re all alone」は中年女性のためでしょうか?(ワッ女性陣に怒られるかも) 若い方々にも今でも十分通用しますね。ハイッ! この曲は、76年のアルバム「シルク・ディグリーズ」に収められていて、ボズの代表曲でもあります。当時AORと言う表現のハシリだった記憶があります。 早速音楽を聴いてみましょう。その後で。 オリジナルの音源を使うことにしました。近年のLiveもあったのですが、聴いてて可哀そうな気がしました。高音が出ないのです。それに、いわゆるダミ声に近くなってます。恐らく酒とタバコでしょうか。 私のあの曲に対する記憶は、充分な大人であり、かつ魅力的な伸びのある高音でした。それが、あのように変化するとは。現在も活動してるそうですが、聴きに行く気にはなりません。 彼は他にも良い曲多くあります。もっと高音を必要とする曲は、何とかアレンジでしのいでいるようです。然し、彼ももう65才です。責めるばかりできません。あれから30年以上経過しているのですから。

続きを読む

プロトタイプ 3 カリフォルニア シャワー

       プロトタイプ3です。 前回アフィリメントを止めてみた処、両サイドがすかすかで心もとなく、元に戻しました。 音楽は、ナベサダ=渡辺 貞夫さんです。78年作のこのアルバムは空前の大ヒットになりましたっけ。 これは、フュージョンと言うジャンルの始まりでしたね。今聞いても明るく爽やかなサウンドです。 今はとにかく、試行中です。余計な事は言いません。この画面の修正を考えています。

続きを読む

今日の気分は「ジョリーン」 Olivia Newton- John

今日はアルファベットQです。 が・が・が・気分的にイマイチ。 春の陽気とでも言いましょうか、街行く女性の姿に目をとられます。 前回、前々回と女性アーティストが登場しました。 また、横道にズレます。せっかくテンプレートもピンク色にしたんですよ。 で、今日の気分と言うのは「ジョリーン」オリビア再登場。 (全くの気分やだな!) Olivia Newtonn- John 「Jolene」 76年作 日本だけのシングル発売         

続きを読む

前回はボツ、音楽は10cc-I'm not in love

先ほどは、You Tubeの画像ガードでボツ。 ホントはアルファベットのiなんですけど、数字の1にこじつけて10CCです。 75年リリース。私にとっては不思議な曲。とても人工的なサウンドです。 音楽はさておいて、明日から新年度ですね。新しいスタートをされる 方々、どうか頑張ってください。 別に何の力になるわけでもないですけど、 私も応援してますよー。

続きを読む

WBC続 音楽は「アール・クルー」

今日は、音楽から始めましょうか。アルファベットDとEズルして2つやっちゃエ。 デイブ・グルーシン編曲・プロデュースでアコースティックギターがアール・クルー 77年アルバムFinger Paintingの中から「Catherine」何とも癒される1曲。バックはNYの一流ミュージシャンが勢ぞろいです。 昨日は、興奮し過ぎ、喜びすぎ、飲みすぎ、あ~まだ調子悪い。 あの9回裏ダルがもう1本打たれたら、急性胃炎で病院に担ぎ込まれたと、 今になって、悪寒がやってくるのでした。

続きを読む