この1年間色々とありましたが、何とか「生き長らえて」おります。  音楽は  RICHARD MARX 他

私事のことで恐縮ですが、昨日は1年前のガン手術を終えた病院の退院日でありました。この1年間はとても感慨深いものがあります。それは私だけの胸に閉まって置きます。決して明るい話ではないので。

さあ音楽の方へ、今回は何と言えば良いか?、通常のニュートラル・サウンドでしょう。

1曲目リチャード・マークスの89年のヒット曲。彼はこの曲がピークだったかも知れない。動画は30周年の軌跡をコマ切れに出したもので、どうも落ち着きませんネ。でも現在の姿も見える分けでして・・・・・・。





RIcyard Marx----Right Here Waiting




彼らはイギリスのバンド、曲は86年のファースト・アルバムからのヒットで、全米1位も取ったものでした。残る2枚のアルバムがパッとせず、解散。でも2005年から活動を開始してます。





Cutting Crew ----Died In youre Arms




3曲目は説明するまでないでしょう。98年の映画「ハルマゲドン」内の代表曲ミス・ア・スイング。映画に忠実に再現を目指した動画にして見ました。テレビで何度も放送してるのでわかりますネ。(私はスティーブン・タイラーの顔が見たく無かっただけ)。





Aerosmith----- Don`t wanta to Miss A Thing




最後の曲、初めて聞くと黒人シンガーの様に思えますが、アメリカ白人です。この曲はパーシー・スレッジのカバー曲ですがグラミー賞を受賞しました。このように多彩なカバー曲でヒットを連発しました。現役でも行っています。




Michael Bolton------When A Loves A Woman