あくまでも拘ってインストルメンタルなサウンドをば。(^^♪  音楽は  LEE OSKAR 他

ある意味で前回の対抗戦と言えましょう。不得意分野に挑むのもある意味、一興でもありんす。

要は音楽の中身、何も無しで進みましょう。趣きはbassとdrumsです。





Lee Oskar----Befor The Rain
1曲目はリー・オスカーの78年のソロアルバムから。この頃はファンクロックのバンド「WAR」に在籍もしてました。彼のハーモニカはどのサウンドにもマッチングして、独特の世界を作る不思議な人でありました。






Bebu Silvetti----(英題)Spring Rain
通称名ベブ・シルヴェッティはアルゼンチン生まれ、その後転々とします。70年代初めはメキシコ、その後スペインへ。今回の曲はスペイン時代の77年の曲です。その後最終的にはアメリカに落ち着きました。






Biddu Ochestra-----No Podrimaos ser Amigos
ビドゥーと言うインド出身の彼は、若くしてイギリスに渡って(典型的なパターン)音楽的に開花しました。時は70年代、彼はディスコの先駆者の1人であったのです。タイトル曲が何故スペイン語なのかが分かりません?。最近翻訳ツールがサッパリ役に立たないのです。






NICE AND SLOW
元の音源は、76年のジェシー・グリーンのディスコだと思うんですけど、このインターナショナル・バンドというのがサッパリ分からないのです。一応YouTubeには07年の提供になっております。