GWが9連休の方も?!音楽は 大御所揃い踏みで John Lennon 他

案の定、眠れない夜はサッサとブログでも作りましょうか。あと三日でGW突入ですが、9連休とは羨ましい話ですネ。一週間の海外旅行でも出来ます、家族4人なら百万円を優に突破するでしょう。あ~恐ロシア。

さて、今回は大御所だけでのオムニバス形式で、こんな豪華な組み合わせは初めてではあるまいか?。ターゲットはジジババで、その辺は相変わらずでもありんす。若いのを入れると、やはり全体のバランスが崩れると思い止めました。
まぁ、こちとら夜中に適当に作っているので、その辺の所宜しくネ。

それでは1曲目、ココん所ジョージ、ポールと来たからには、やはりジョン・レノンをないがしろにしては遺憾の意を表します。でもたったの1曲ですが。今回の4曲は、初めての登場だと思います(多分)。
ジョンの曲は、最後のアルバムとなった「ダブル・ファンタジー」80年作からのセカンド・シングル。ビデオから察するに、お子さんのショーン君が可愛くてしょうがない様です。シッカリと主夫してます。 そのジョンが80年12月8日銃弾で死すとは・・・・。無念。







>

JOHN LENNON-Watching The Wheels 





2曲目、71年の歴史的なアルバム「つづれ織り」に入っていた曲。他の曲が良すぎたのか、シングル化されませんでした。軽くも重くもなく、クリーアなサウンド。キャロルのピアノは力強く美しく、ヴォーカルも又これ良し。
確か、友人の家でこのLPを初めて聴いた記憶があります。もうぶっ飛んじゃって、KOされました。凄いSHOCKをもたらした傑作でしたネ。






CAROLE KING-Home Again






3曲目、ニール・ヤングのアコースティック・サウンドで76年の曲。これはスティーブン・スティルスとのコラボ・アルバムに入っていました。私は「カナダから来た猛者」と以前紹介しましたが、ナンノナンノ柔らかくメロディアスな曲も結構書いています。本当にシンプルなサウンドがたまらない魅力でもあります。







NEILE YOUNG-Long May You Run





↑の様なむさ苦しいヤツの後には美女、と相場が決まっています。最後の締めくくりはマドンナ、今回はラテンのリズムの曲。パーカッション・スパニッシュギター・マラカス等、最後の曲はリズム系の曲。彼女の3枚目のアルバムThe Blueからのシングルで86年作。タイトルの「La Isla Bonita」とは英語で「The Beautiful Island」との事。然し、現実を見れば彼女ももう59才なんだなぁ。私とそう変わらないんだ。







MADONNA-La Isla Bonita(ラ・イスラ・ボニータ)



"GWが9連休の方も?!音楽は 大御所揃い踏みで John Lennon 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: