秋はもう殆ど終わり、とさえ感じるこの頃ですが。 音楽はCarly Rae Jepsen 他

(追記:10/25)最近のココでの傾向を考えると、テーマ「洋楽」は一時中止にしたらどうかと思案中であります。そして変更テーマは、「ダルビッシュ」と「MLB」です。これは一時的なものなのですが、いつまで続くかは五里霧中です。ブログトップ画面で洋楽399となっていますが、このタイミングかなぁとも思うのです。


一月振りの更新で大変恐縮しています。選挙期間のさ中、世間はとてもうるさいのでありんす。正直言ってあまり投票に行く気が湧かないのです。あんな奴らに政治を任せて良いものなのか?。国会議員という名の質の低下に、甚だ疑問を禁じ得ないのです。

さて少し明るい話題でも。そうメジャーリーグでポスト・シーズンを頑張っているダルビッシュと田中です。
ダルはLAドジャースで9月後半から、とても安定した投球を見せています。ポスト・シーズンではDバックスに止めを射し、カブス戦では3勝目を上げ王手としました。またこの投球内容が見事なものでした。

方や田中もポスト・シーズンに入って、別人の様な素晴らしい投球で2勝目を上げています。昨日はあのアストロズ相手でも勝ちましたねぇ。(私は、ア・リーグはアストロズが断トツでWシリーズに出て来ると思っていたのですが・・・・)。ただ田中の場合は、思いっきりスプリット・ボールを多投してますが、後での肘の後遺症が少し心配でもありますネ。

その点ダルは、トミージョン手術後2年目で速球が前より速くなったにも拘わらず、肘に負担が掛からない投法で軽~く投げてみえます。それでも前出のDバックス戦では、防御率1.82そしてカブス戦では1.40と十分な投球。
防御率だけを見れば、田中の方がもっと上ですけど。

とにかく面白くなって来たのは、WシリーズがLAドジャース対NYヤンキースの可能性もあり得るとの話。コリャあ
たまらんです。日本で言えば阪神対巨人の戦いのようなもんでしょう。
(追記10月22日:アリーグはアストロズがヤンキースを破ってリーグ優勝しました。WシリーズはLAドジャース対アストロズとなりました。)

ここでヒートアップして来た次いでに、イヤらしい話をもう一発「ジェニ」について。他人の懐事情も気になるのが世の常というもの。シーズンOFF後にダルがFA宣告したら、どんな血みどろの契約交渉になるかって事ですなぁ。

まず第一に、ドジャースはダルを引き留めるか否か?非常に難しい所ですが、様々な情報を考えて答えは否。
ダルと代理人が望む「長期契約」について、ドジャースは考えていない。これがまあ一般的な見方ではないでしょうか。この前提にあるのが、「年俸」の高さでしょう。

ポスト・シーズンも残りを順調に乗り切れば、巷では「年俸」3.000万ドル超えも飛び交う話が出ているのです。仮にですが、3.000万ドルの年俸で5年契約とすると総額1億5.000万ドル(円換算を今の1$112円ですると
168億円)もの大金になるのですねぇ。凄いっ!。

これだけの金額出せるのって、金満球団だけかと言うとそうでもないのがMLBの不思議な点。エース投手が欲しくて欲しくてって球団はあるもんです。そんな球団にも大金を用意出来るもんなのです。長いTOUGH NEGOTIATIONになるでしょう。


はて、ココは洋楽ブログ、本線に戻りましょう。ん~泥臭い話が続いたので、軽いタッチの曲で行きましょう。カーリー・レイ・ジェプセンの2015年リリース「I REALLY LIKE YOU」。ダンスの後半の部分で出て来ます。私的には、トム・ハンクスの顔が久し振りに見えて好き。94年の映画フォレスト・ガンプは良かったですねぇ。まぁ、この映画のせいで女性から振られた苦い経験もありますが。あまり突っ込まないで下さい。







CARLY RAE JEPSEN-I REALLY LIKE YOU





次は古い曲でピーター・ガブリエル78年ソロ作品「SOLSBURY HILL」。ライブの年代はよく分からないのです。
彼は、プログレッシブ・バンド(ジェネシス)のヴォーカルをしていた事でも有名で、75年に脱退しましたっけ。






PETER GABRIEL-SOLSBURY HILL  


"秋はもう殆ど終わり、とさえ感じるこの頃ですが。 音楽はCarly Rae Jepsen 他" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: