真夏のとある不快指数が高い土曜日。にゃんこは駆ける。 音楽は David Foster

にゃんこが煩いのでブログを制作しています。洋楽を聴いていると、殆どの方がDavid Foster(デヴィッド・フォスター)に突き当たると思います。シカゴの「Hard to say i‘m sorry」(素直になれなくて)等は鉄板ですね。
この曲何て、今でも結婚式の披露宴でBGMに使われます。30年以上も前なのに。(コレって札幌だけ?)

ご存知の通り、彼はカナダ人で作詞・作曲家、プロデューサーやアレンジャーもこなす才人。各々15個のグラミー賞を取った優秀な人。何と言ってもサウンドが洒落ていて嫌みが無いのが特徴的でしょうか。
それでは曲の方に、今は土曜の昼下がりで湿度70%。てな分けでシャレた軽いタッチがイイなぁ。今回の指向では「鉄板」を余り出さないつもり。悪しからず。   

1曲目は「Winter Dream」、1988年のカナダ・カルガリー五輪の公式ソングとなりました。動画は1994年武道館で日フィルをバックにしたライブ。



David Foster「Winter Dream」







2曲目、デヴィッド&フレンド・コンサートから。彼は本当に顔が広い、そして多くのアーティストに曲を提供しています。取り敢えずボズ・スキャッグスで「JOJO」。1980年発表。(時間の都合もあるのです)。そう言えばボズ先月に札幌来て行ったの、知らなかったです。まぁどうせライブには行きませんから。




BOZ SCAGGS「JOJO」







3曲目、アル・ジャロウは初登場でしたね。曲は1983年のノリの良いAORでした。今では殆ど聴く人いないかも。4曲目も続いて、何回か前に出たAIR SUPPLY(エアー・サプライ)の1983年の曲「Good bye」で締め。
あ~水風呂に入ろうっと!。






AL JARREAU「MORNIN」








AIR SUPPLY「GOOD BYE」




"真夏のとある不快指数が高い土曜日。にゃんこは駆ける。 音楽は David Foster"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: