ソメイヨシノ何て遥かに遠い北国、最高気温4℃から。 音楽はNeil Young

どうもこの寒さは、今日がピークだそうで、明日から2桁の気温上昇だそうでよかよかなこってす。処で私事ですが、前回のブログ更新(3月17日の記事)で満6周年もオーバー。今年はマジメに更新できそうです。

(ダルビッシュが肘の手術で、今季は登板不可能となった為でありんす。MLB何て面白くないのです。)

さて、桜咲く爽やかな時期に、何で今回むさ苦しいオヤジいやさジジイのニール・ヤングなのか?巷の流れとはどうも逆に行く傾向があるようで、結果痛い目にあうことも多々あります。グダグダ言わんと興味のある方は聴いて見てくんなまし。

ニール・ヤングもで69才でして、11月には70才!。昨年にはアルバムも発表していますし、「カナダ」から何か勲章もらっても良いと思うのですが。1年の内殆どアメリカに居るからダメでしょうか?
今回の曲は、比較的後半のモノからで、1曲目は何とも染みる「ハーベスト・ムーン」1992年の作品。やはり年季が入らないと、この様な曲はできないでしょう。

2曲目は、一転してロックン・ロールですが、大人しめ。1990年の曲で、若い頃からのとはかなり控えめ。PVに出てくる若い男女どうにかならんものか!途中イライラして来ます。





HARVEST MOON







OVER AND OVER
>






次の3曲目、今思い出したのですが以前、ニコレット・ラーソンがこの歌をカバーし、ココのブログにも取り上げました。カバー曲も多いですね。1978年の作品で、邦題「溢れる愛」。4曲目は、「安心理論」によりスローなバラッドでフェイド・アウト。74年のアルバム「渚にて」からです。





LOTTA LOVE






See the sky about to rain



"ソメイヨシノ何て遥かに遠い北国、最高気温4℃から。 音楽はNeil Young"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: