未だ極寒の中で。ド忘れしてたアーティスト  Boz Scaggs 「Silk Dgrees」

今年の冬は寒い。本当に寒いのでありんす。まぁ、先月の12月から予想してはいましたが。チビしぃ~~。

日曜日に実家へ行った時、押入れで見つけたのがボズのアルバム「シルク・ディグリーズ」。何とも懐かしい名作アルバムです。ココではボズは、「We are all alone」1曲だけしか出ていなかった。76年の傑作アルバムと言えましょう。シティ派のサウンドは、当時ディスコでも聞けましたっけ。この頃が私の最絶好調の時期でもありました。

さてボズの話ですが、前6作のR&B色のアルバムが不作だった為か、この7作目は売れ線狙い。BACKにはデヴィッド・ベイチやジェフ・ポーカロ等とその後「TOTO」のメンバーとなる腕達者がサポートしています。ボズこの時もう32才でした。

私には、この一作だけしか持っていないのです。80年代にブランクがあったけど、コンスタントにアルバムは出しています。最近はJAZZをやっているそうです。

それでは曲に、1曲目と3曲目は2003年の同じコンサートから。もう60才になるボズ、やはり渋いですなぁ~。
2曲目は、筑波EXPO85におけるボズ。画質・音質は当然良くありません。40才を超えて、裏声でかなり無理しています。

最後の曲、彼の場合には動画が少ないです。と言う事でオリジナル録音です。私にはとてもテンションが上がる曲。あんなハイ・トーン出ないですぅ~。




「JOJO」







「GEORGIA」






「LOW DOWN」







「IT‘S OVER」






<独り言>については、次回のブログで再度考え直して、ひょっとすると実行に移すかも知れません。
それは4:3に対する16:9の問題、とだけ申して置きましょう。

"未だ極寒の中で。ド忘れしてたアーティスト  Boz Scaggs 「Silk Dgrees」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント