月曜日ってどおして・・・。 Alan Persons Project, Bangles, 他

こんなに体がダルくて、憂鬱なのでしょう?。「ならば、ブログの更新なんか止めれば良いじゃないか。」と言う最もな意見もございましょう。然し、私は今週、今日を除いて夜のスケジュールが目いっぱいなのでありんす。日中に余分なエネルギーを使いたくない。

こんな状態なので、頭の引き出しからは、またも80年代しか出てこない。うんっ、人間誰しもこーゆう時がある。



Alan Persons Project(Don‘t answer me)





1曲目は、初めてのアニメ動画。アラン・パーソンズ・プロジェクトで84年のヒット曲。軟弱サウンドと言われるかも知れないが、言われても構わない。今はハード・ロックを聞くだけの体力が不十分。この3~4月は「春季うつ」かも知れない。どーも調子が優れない。

えっと、このプロジェクト、アラン・パーソンズとvoのエリック・ウールフソンの2人が中心となり、後はスタジオ・ミュージシャンの集まり。曲によって2人の他バラバラだったのですね。70年代半ばから活動を始め、90年にワールド・ツアーの初めてのLive。その後はソロ活動へと移ります。




Bangles(Manic Monday)





バングルズは、1度出ましたね。動画は別ヴァージョンです。何故2度目かって、Manic Monday(躁状態の月曜日)なんて私には有り得ないから。そんな月曜日、子供の頃からも記憶ないです。軽快なサウンドですが。

このBANDはアメリカの女性だけの4人編成のバンド。80年代に数々のヒット曲を放ちました。そして、現在も活動しているんですね。



Paul Young(Every time you go away)





何やら歌謡曲っぽいベタな1曲でチョッとスロウに。ポール・ヤング85年のヒット曲で、他に彼の曲は記憶にないです。この曲は、ホール&オーツのカバー曲である事は有名。曲のアレンジが良かったこともあります。電気シタール等も使いました。

彼は今も現役で活動しているそうです。年は私とそんなに変わらないのに、頑張るなあ~。




The Cars(You might think)





ついこの間も出た「The Cars」で「You might think」84年のヒット曲。やっとロックン・ロールで最後にエンジンかかって来た。今では完全にストーカー行為にみなされる物。現在では作れないでしょう。

然し、このPVは何と、第一回MTVアウォードを受賞しているのです。この年マイケル・ジャクソンの「スリラー」やシンディ・ローパー、マドンナ等の強豪を相手に見事の受賞だったのです。

"月曜日ってどおして・・・。 Alan Persons Project, Bangles, 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: