9・11 対テロ戦争 財政赤字  私は私 コラボレーション M・Jagger、E・clapton 他

タイトル冒頭について、私は政治的なことをココで書くつもりは毛頭ない。私は私、ミュージシャンのコラボを若干紹介するだけです。今まで色々なコラボがありましたが、その内3曲を。最後の曲が私のメッセージとなるのでしょう。

さて1曲目、この曲は2年程前に一度公開しました。(ネタがないわけではない。)オープニングに相応しいのでは、と思ったのです。画面左から、エルトン・ジョン/ディオンヌ・ワーウィック/グラディス・ナイト/スティービー・ワンダー「That‘s what friend are for」(友達ってそういうものよ)

85年発表の曲ですが、原曲は82年あのバート・バカラックによるものです。彼はホントにナイス・ガイ。










M・ジャガーのデカイ顔に引かないで頂きたい。このビデオは古くから知っていたのですが、何時か迷っていましたがこの機会に。88年の「ロックの殿堂入り」でのセッション。「オレが」「オレが」って目立ちたがる奴ら。

豪華なメンバーでね。ビリー・ジョエル/M・ジャガー/ジョージ・ハリスン/ブルース・スプリングスティーン/ジェフ・ベック/後方にボブ・ディラン。で、アメリカのBOSSもロック界の「ドン」ことM・ジャガーに押されっぱなし。あまり和気あいあいとは言えませんなぁ~。内緒ですがM・ジャガーとG・ハリスン結構付き合いあったそうです。

曲はBeatlesの曲で、「I saw her standing there」










3曲目これは結構有名でしょう。2002年Concert for Georgeのコラボ。何が目玉ってジョージの息子さんダーニ君がステージ上でプレイしているではありませんか!くっくっっしかもお父さんにそっくり!!涙が出て来たヨ。

今回は、E・クラプトンのギター吠えている。ポールは遠くに見える、更に奥にはビリー・プレストンの姿が。
曲は申すまでもない。「While my guitar gentry weeps」










最後の曲、結局はJohnの気持ち=私の気持ちでもあるのです。それ以上言葉が出ない。見つからない。
(この画像は、遠からず削除されると思います。)





"9・11 対テロ戦争 財政赤字  私は私 コラボレーション M・Jagger、E・clapton 他" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: